おすすめの回線光回線

光回線一目でわかる速度ランキングTop10|速度が遅い時に見てほしい

この記事では光回線の速度について解説しています。

「スマホの動画は止まり、サイトの表示も遅くてイライラする」
「オンラインゲームをしていると、遅延が発生して思い通りにプレイできない」
「光回線を乗り換えたくないけど、速度を上げて快適にしたい」

このような悩みを抱えていませんか?

昨今、新型コロナウイルス騒動で自宅で過ごす時間が増えた人が多いですよね。

そんななか、光回線の通信速度が遅くて動画が止まったり、アプリの起動が遅かったりしていませんか?

通信速度が遅いとストレスがたまるので、速くしたいと考えている人も多いかもしれません。

快適な通信速度を手に入れるためには、速度の速い光回線を選ぶのが一番効果的です。

しかし、事業者を乗り換えるのは手間と時間がかかるので今すぐできない人もいますよね。

実は、事業者を乗り換えなくても速度を速くする方法があるんです。

この記事では、速度の速いおすすめの光回線や事業者の選び方について解説しています。

本記事を読むことで、速度の速いおすすめの光回線や速度を速くする方法について理解できます。

自宅でのゲームや動画を見るときにストレスのない、快適な通信環境を手に入れましょう。

【本記事でわかること】
・光回線の実質速度ランキングTop10
・速い光回線の選び方
・光回線の速度を調べる方法
・光回線の速度が遅い時の対処法
・光回線の速度に関してよくある質問について
初期費用実質速度月額料金キャッシュバック
1位:fon光

3,300円下り:639Mbps

上り:779Mbps

戸建て:4,378円

マンション:4,378円

Amazonギフト券最大20,000円分プレゼント
2位:NURO光

3,300円下り:447Mbps

上り:505Mbps

戸建て:5,200円

マンション:4,278円

最大45,000円
3位:eo光

3,300円下り:376Mbps

上り:301Mbps

戸建て:5,274円

マンション:3,876円

なし
  1. 光回線の実質速度のランキングTop10|本当に速い光回線はどれ?
    1. 1位:Fon光:実質速度が最速
    2. 2位:NURO光:実質速度が最速クラスでキャッシュバックあり
    3. 3位:eo光:月額料金が最安クラスでキャンペーンが豊富
  2. 光回線の速度ランキングで確認したい注意点|速い光回線はどう選ぶ?
    1. 理論値ではなく「実質速度」で選ぶ
    2. Ping値の数値も意識して選ぶ
    3. IPv6接続に対応しているかどうかで選ぶ
    4. 提供されている機器の性能がどうなっているか確認する
  3. 光回線の速度ランキングはここで決まる|速度を調べる方法は?
    1. 光回線のスピードテストサイト
    2. 「みんなのネット回線速度」の投稿を参考にする
    3. TwitterなどのSNSでの口コミ投稿を見る
  4. 速度はランキング上位なのに遅い|光回線の速度が遅いときの対処法
    1. 機器の電源を切って再起動・再接続
    2. 同時接続している端末の接続を切る
    3. 周波数帯を変更する
    4. ケーブルなどの周辺機器が規格に合っているか確認する
  5. 光回線の速度ランキングに関するよくある質問は?
    1. nuro光マンションプランの速度はどのくらい?
    2. 光回線は思ったより速度が遅いって聞いたけど本当?
    3. 光回線の回線速度ってどのくらいが普通なの?
    4. ゲームでの利用を考えているんだけど回線速度の目安は?
  6. まとめ:光回線を選ぶときは速度ランキングを確認必須|比較したうえで最適なものを選ぼう

光回線の実質速度のランキングTop10|本当に速い光回線はどれ?

 

「とりあえず速い光回線を知りたい」
「月額料金やキャッシュバックなどの光回線の費用も知りたい」

こんな人へ向けて実質速度のランキングTop10を紹介します。

そして、ランキングのTop3は詳しく解説します。

初期費用実質速度月額料金キャッシュバック実質料金(2年間)
1位:fon光

3,300円下り:639Mbps

上り:779Mbps

戸建て:4,378円

マンション:4,378円

Amazonギフト券最大20,000円分プレゼント戸建て:105,072円

マンション:105,072円

2位:NURO光

3,300円下り:447Mbps

上り:505Mbps

戸建て:5,200円

マンション:4,278円

最大45,000円戸建て:79,800円

マンション:21,000円
(キャッシュバック適用)

3位:eo光

3,300円下り:376Mbps

上り:301Mbps

戸建て:5,274円

マンション:3,876円

なし戸建て:102,648円

マンション:85,872円
(キャンペーン適用)

4位:au光

3,300円下り:369Mbps

上り:235Mbps

戸建て:5,390円

マンション:4,180円

なし戸建て:129,000円

マンション:100,320円

5位:So-net光プラス

3,300円下り:298Mbps

上り:229Mbps

戸建て:4,943円

マンション:3,776円

最大60,000円戸建て:102,432円

マンション:78,672円
(キャッシュバック適用)

6位:YahooBB光

3,300円下り:281Mbps

上り:214Mbps

戸建て:6,545円

マンション:3,960円

最大40,000円戸建て:117,080円

マンション:95,040円
(キャッシュバック適用)

7位:OCN光

3,300円下り:267Mbps

上り:191Mbps

戸建て:5,610円

マンション:3,960円

最大30,000円戸建て:102,480円

マンション:65,040円

8位:Softbank光

3,300円下り:242Mbps

上り:170Mbps

戸建て:5,720円

マンション:4,180円

最大24,000円戸建て:102,480円

マンション:76,320円
(キャッシュバック適用)

9位:ぷらら光

3,300円下り:225Mbps

上り:184Mbps

戸建て:5,280円

マンション:3,960円

最大30,000円戸建て:96,720円

マンション:65,040円
(キャッシュバック適用)

10位:ドコモ光

3,300円下り:217Mbps

上り:182Mbps

戸建て:5,941円

マンション:4,620円

最大:20,000円戸建て:122,560円

マンション:90,880円
(キャッシュバック適用)

1位:Fon光:実質速度が最速

光回線の実質速度のランキング1位はFon光でした。

2位のNURO光とはかなり差があり、最速の光回線となっています。

さらに、月額料金が他社と比較すると1,000円ほど安いです。

とくに戸建ては、5,000円台の事業者がほとんどですがFon光では4,378円とお得です。

実質速度が最速で月額料金も安いのでおすすめです。

さらに今なら工事費実質無料で、更にAmazonギフト券最大20,000円分がキャッシュバックされるので、Amazonユーザーであればかなりお得にスタートできます。

2位:NURO光:実質速度が最速クラスでキャッシュバックあり

光回線の実質速度のランキング2位はNURO光でした。

NURO光は数少ない最大通信速度が2Gbpsの事業者です。

1位のFon光には及ばないものの、他の事業者と比べると約2倍の実質速度になっています。

月額料金は平均的な値段ですが、NURO光には最大45,000円のキャッシュバックがあります。

このキャッシュバックに魅力を感じる人も多いかもしれません。

受け取ったキャッシュバックを月額料金の支払いに当てることで、かなりお得に最速クラスの光回線を利用できます。

3位:eo光:月額料金が最安クラスでキャンペーンが豊富

光回線の実質速度のランキング3位はeo光でした。

3位以降の事業者は最大通信速度が1Gbpsとなっていて、実質速度でもそこまで大きな差はありません。

eo光の実質速度は平均よりもやや速くなっています。

eo光はキャンペーンの豊富さも魅力的です。

【eo光のキャンペーン】
・商品券10,000円分プレゼント
・工事費用無料
・乗り換え時の他社違約金を最大50,000円まで負担
・1年間月額料金2,200円割引

乗り換え前の事業者の違約金が高いなど状況によっては、eo光の方がお得になるケースもあります。

光回線の速度ランキングで確認したい注意点|速い光回線はどう選ぶ?

 

「速い光回線を選びたいけど何を見ればいいの?」
「最大速度は同じなのに実質速度が違うのは何で?」

このような疑問を持っていませんか?

速度が速い事業者はわかったけど、速い理由や選び方も知りたい人が多いかもしれません。

結論、速い光回線は「実質速度」で選びましょう。

事業者ごとに最大通信速度がありますが、実際に利用していると最大通信速度が出ることはほとんどありません。

最大速度は速くても実質速度との差があり、利用すると遅いケースがあるんです。

また、他にも見るべきポイントがあるので解説します。

理論値ではなく「実質速度」で選ぶ

光回線の速度は理論値ではなく「実質速度」で選びましょう。

「実質速度」が実際に利用する時の速度だからです。

事業者で紹介されている最大通信速度が理論値になります。

契約して実際に利用する時に理論値の速度が出ることはほとんどありません。

なので「実質速度」を見て選ぶのが重要です。

Ping値の数値も意識して選ぶ

速度が速い光回線は速度だけでなくPing値も意識して選びましょう。

速度だけで選んでも実は不十分なケースもあります。

【Ping値】
ネット回線の「応答速度」のこと。
通信にかかる時間を表した数値で、小さいほどすぐに表示される。
一般的にPing値が0〜40が早いと言われている。

IPv6接続に対応しているかどうかで選ぶ

光回線の事業者がIPv6に対応しているかどうかで選びましょう。

IPv6:通信方式のこと。
通信方式にはIPv4とIPv6の2つがある
IPv4は1990年代から使用されている混雑に弱く古い通信方式だが、IPv6は近代的で混雑しても安定性がある。
速度もIPv4よりもIPv6の方が速い。

提供されている機器の性能がどうなっているか確認する

速い光回線を選ぶには提供されている機器の性能も重要です。

コンセントからケーブルをルーターへ繋ぐと通信が可能になります。

このルーターが機器のことです。

たとえ、事業者の通信速度が速くても機器の性能が低いと速度は遅くなってしまうんです。

機器によって500Mbpsや1000Mbpsと対応している通信速度に幅があります。

また、上記で解説したIPv6に対応しているかどうかも機器によって変わります。

自分の望む速度に対応している機器を選びましょう。

光回線の速度ランキングはここで決まる|速度を調べる方法は?

 

「自分が利用している光回線の速度は速いのかな?」
「契約前に実質速度を調べる方法はないの?」

このような疑問を持っていませんか?

自分が利用する光回線の速度を知りたい人もいますよね。

契約する前に実質速度を知る方法もあります。

速度が気になる人は調べましょう。

速度を調べる方法は以下の3つです。

光回線のスピードテストサイト

光回線の速度はスピードテストサイトで調べられます。

速度を調べたい光回線に接続した状態で、スピードテストサイトにアクセスすると速度計測が可能です。

スピードテストサイトを3つ紹介します。

RBB SPEED TEST:都道府県別、回線事業者別の実測値を掲載

ガジェットやスマホに関するニュースサイトのRBBが運営するスピードテストサイトです。

郵便番号と事業者名を入力して測定するため、より正確な速度計測ができます。

アプリ版はダウンロード、Web版であれば検索して使用可能です。

RBB SPEED TESTはこちら

Fast.com:サイトにアクセスするだけで自動計測

NETFLIXが提供しているスピードテストサイトです。

Webサイトにアクセスすると自動的に速度が計測されます。

NETFLIXが提供しているので安全性も保証されています。

アプリ版は対応しておらず、Web版のみ使用可能です。

Fast.comはこちら

BNR:ワンクリックで簡単計測

2002年から運営している老舗のスピードテストサイトです。

ワンクリックで速度を測定できるので、簡単で計測スピードが速くなっています。

アプリ版は対応しておらず、Web版のみ使用可能です。

BNRはこちら

「みんなのネット回線速度」の投稿を参考にする

光回線の速度は「みんなのネット回線速度」の投稿で調べられます。

「みんなのネット回線速度」は一般ユーザーが実質速度を投稿するサービスです。

利用中の光回線と住んでいるエリアが投稿されています。

知りたい光回線を検索して、ユーザーからの実質速度を参考にしましょう。

「みんなのネット回線速度」はこちら

TwitterなどのSNSでの口コミ投稿を見る

光回線の速度はTwitterなどのSNSで調べられます。

「#事業者名」などで調べて実質速度を参考にしましょう。

SNSは気軽に投稿できるので、上記で紹介した「みんなのネット回線速度」よりも投稿が多いかもしれません。

速度はランキング上位なのに遅い|光回線の速度が遅いときの対処法

 

「同じ光回線なのにTwitterの口コミよりも速度が遅いのはなんでだろう」
「光回線を乗り換えたくないけど、速度を速くする方法はないのかな」

このように悩んだことはありませんか?

実は同じ光回線であっても速度に差が出ることがあるんです。

その理由は使っている機器や環境が異なるからです。

しかし、光回線を乗り換えなくても速度を速くする方法はあります。

「通信が遅い」と感じたら以下の方法を試すことで速度が改善するかもしれません。

機器の電源を切って再起動・再接続

機器の電源を切って再起動や再接続すると速度が改善するケースがあります。

スマホやパソコンなどの接続する機器とWi-Fiルーターの2種類があります。

スマホやパソコン

スマホやパソコンなど利用している機器を再起動・再接続しましょう。

サイトを大量に開いていたり、同時にソフトウェアをいくつも使っていたりすると負荷がかかり速度が遅くなります。

再起動すると解消されるケースもあるので試しましょう。

Wi-Fiルーターやモデム

Wi-Fiルーターやモデムの再起動・再接続で速度が改善するケースがあります。

【再起動・再接続の手順】
1.Wi-Fiルーターの電源を切る
2.モデムの電源を切る
3.電源を切ってから5分ほど放置する
4.モデムの電源を入れてランプが点灯するまで待機する
5.Wi-Fiルーターの電源を入れる

同時接続している端末の接続を切る

同時接続している端末の接続を切ると速度が改善することがあります。

光回線は同時に複数台の機器を同時に接続が可能です。

しかし、使っていない機器を接続した状態のままにしておくと、電波が干渉して全体の速度が遅くなります。

そのため、利用していない機器の接続を切り、最低限の接続台数にすることで速度が改善することがあります。

周波数帯を変更する

周波数帯を変更すると速度が改善することがあります。

光回線の場合、ひとつのWi-Fiルーターで2種類の周波数に分けられていることがほとんどです。

周波数:2.4GHzと5.0GHzの2種類がある

周波数にはそれぞれ特徴があり、メリット・デメリットがあります。

自分が利用している環境に適していない周波数だと速度が遅くなるので、速度が遅い場合には周波数を変更してみましょう。

周波数帯特徴
2.4GHz・電波の届く範囲が広い
・壁や床などの障害物に強い
・家電などの影響を受けやすいので安定しない
5.0GHz・電波の届く範囲が狭い
・壁や床などの障害物に弱い
・Wi-Fi専用の電波なので家電などの影響は受けない

ケーブルなどの周辺機器が規格に合っているか確認する

ケーブルなどの周辺機器によって速度が改善することがあります。

スマホやWi-Fiルーターなどの周辺機器が古いと、高速通信に対応していないのがほとんどです。

とくにWi-Fiルーターは、通信速度の上限や同時接続台数などの条件が本体によって異なります。

速度が遅いと感じたら周辺機器の規格を確認しましょう。

光回線の事業者の速度が速くても、周辺機器の規格が合っていないと遅くなるのでなるべく最新の周辺機器を使うのがおすすめです。

光回線の速度ランキングに関するよくある質問は?

 

「同じ事業者でも戸建てとマンションプランで速度は異なるの?」
「光回線なのに遅いケースもあるって本当?」
「どのくらいの速度があれば快適なのかよくわからない」

このような疑問を解決できます。

光回線の速度ランキングに関するよくある質問は以下のとおりです。

nuro光マンションプランの速度はどのくらい?

nuro光のマンションプランは最大通信速度が2Gbps、実質速度が447Mbpsです。

nuro光は上記で紹介した速度ランキングでも2位ですし、回線速度はトップクラスです。

速度が速いと評判で、快適に利用できているという口コミが多くありました。

光回線は思ったより速度が遅いって聞いたけど本当?

光回線であっても速度が遅くなるのは事実です。

事業者によって速度が異なりますし、利用している機器や環境によっては速度が遅くなります。

上記で紹介したランキングでも1位のFon光と10位のドコモ光の実質速度には倍以上の差があるんです。

しかし、周辺機器を最新にするなどの対策をすれば速度は速くなります。

光回線の回線速度ってどのくらいが普通なの?

光回線の速度の平均は実質速度で約300Mbpsと言われています。

上記で紹介したランキングでは、半分の事業者が300Mbpsを超えています。

しかし、200Mbps台であっても動画を見たりゲームをしたりするのは問題ありません。

ゲームでの利用を考えているんだけど回線速度の目安は?

一般的にゲームは20〜100Mbpsあれば快適にプレイできると言われています。

オンラインで多くの人とリアルタイムで対戦する「Apex(エイペックス)、Fortnite(フォートナイト)」では70Mbpsが目安です。

一方で「ウマ娘」などの育成ゲームでは10Mbpsが目安です。

また、ゲームを快適に遊ぶためには回線の速度だけではなく「Ping値」と「IPv6対応か」も確認しましょう。

Ping値:ネット回線の応答速度のこと。
簡単に言うと、通信にかかる時間を表した数値。
Ping値が小さいほど応答速度が速くなり、より快適にオンラインゲームを遊べる。
IPv6:通信方式のこと。
通信方式にはIPv4とIPv6の2つがある。
IPv4は1990年代から使用されている混雑に弱い古い通信方式だが、IPv6は近代的で混雑しても安定性がある。
速度もIPv4よりもIPv6の方が速い。

まとめ:光回線を選ぶときは速度ランキングを確認必須|比較したうえで最適なものを選ぼう

本記事では、光回線の速度に関して以下を解説しました。

・光回線の実質速度ランキングTop10
・速い光回線の選び方
・光回線の速度を調べる方法
・光回線の速度が遅い時の対処法
・光回線の速度に関してよくある質問について

光回線の速度は事業者によって異なります。

速度を速くしたいなら事業者を乗り換えるのが効果的です。

しかし、乗り換えずに速度を改善する方法もあるので試してみるといいかもしれません。

光回線は速度や月額料金、キャンペーン内容もさまざまなので、比較したうえで自分に合った事業者を選びましょう。