おすすめの回線光回線

【2022年最新】料金が安いおすすめ光回線|安くて速い光回線は?

インターネットにはホームルーターやポケットWi-Fiなどさまざまな種類がありますが、中でも速さと安定性を兼ね備えているのが光回線です。

導入を検討するにあたって、光回線最大のネックは他のインターネットに比べて費用が掛かってしまう点ではないでしょうか。月額料金や初期費用の点から、光回線の導入を見送る人は多いです。

しかし、光回線の中にはホームルーターやポケットWi-Fiと比較して料金が同等、もしくはそれ以上に安い回線事業者が存在します。選び方を知っていれば、必ず安くて速い光回線が見つかるでしょう。

この記事では安くて速い光回線の紹介とあわせて、実際にかかる料金や注意点について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

【この記事でわかること】
・光回線の料金相場
・光回線の料金に関する注意点
・料金が安く速度の速いおすすめの光回線
  1. 光回線の料金にはどのようなものがある?|光回線の基礎情報と合わせて解説
    1. 光回線とは光ファイバーを利用するインターネット回線
    2. 月々に発生する月額利用料金
    3. 工事の際に発生する工事費などの初期費用
  2. 光回線の料金の相場はどのくらい?|状況別で目安を解説
    1. 新規申し込みを行う場合:5,000円~6,000円前後
    2. 転用申し込みをして継続利用する場合:4,000円~5,000円前後
  3. 光回線の料金を調べるときの注意点|何に気をつけて選べばいい?
    1. 純粋な月額利用料金を見る
    2. プロバイダー利用料金を加味する
    3. 工事費などの初期費用総額を見る
    4. キャッシュバックでどれだけ相殺できるか
  4. 利用環境別のおすすめ回線:光回線の実質料金が安いのはどこ?
    1. 戸建て利用を考えているならauひかり
    2. マンション利用を考えているならNURO光
    3. スマホとのセット利用を考えているならドコモ光
    4. 料金が安くて速度が速い光回線を使いたいならfon光
  5. 光回線の料金が気になる場合|安く手軽にインターネット回線を導入する方法
    1. ホームルーターの導入を検討する
    2. モバイルルーターの導入を検討する
  6. 光回線の料金に関するよくある質問は?
    1. 2021年~2022年にかけて値下げ率が高い光回線はどこ?
    2. 最安値の光回線を契約すれば節約になる?
    3. 光回線の乗り換えはした方がいいの?
  7. まとめ:光回線の料金は実質料金が大事|実際に払う金額をしっかりと比較しよう

光回線の料金にはどのようなものがある?|光回線の基礎情報と合わせて解説

光回線にかかる費用は月額の料金だけではありません。手数料や工事費など、初期費用も必要になります。

 

ここでは光回線を利用するにあたって、具体的にどのような費用がかかるかを解説していきますので、内容を確認していきましょう。

光回線とは光ファイバーを利用するインターネット回線

光回線とは、光ファイバーを利用して接続するインターネット回線のことです。ガラスやプラスチックなどでできた細く透明な繊維の中を光が通り、インターネットへの接続を可能にしています。

光回線は電磁波の影響を受けないため、他の回線に比べて速く安定した通信ができるのが大きな特徴です。ネットのカクつきやつながりにくさといったトラブルがないため、ストレスなくインターネットを利用できます。

光回線以前は電話回線を利用したADSLやIDSNといった回線が一般的でしたが、「固定回線と言えば光回線」といっても過言ではないほど、光回線は普及しているといえるでしょう。

月々に発生する月額利用料金

光回線を利用するにあたって、月々発生する費用は以下のようなものがあげられます。

・光回線の月額料金
・オプション料金
・プロバイダ料金
・接続機器のレンタル料金

いずれの料金も、毎月光回線を利用していくうえでは必ず支払わなければならない費用です。月額料金は契約後に調整できないため、必ず事前に確認しておかなければなりません。

工事の際に発生する工事費などの初期費用

光回線契約時には、必ずと言っていいほど初期費用が発生します。初期費用に含まれるのは、主に以下の費用です。

・工事費用
・契約料/登録料
・事務手数料

工事費用は工事内容によって大きく変動します。また、契約料/登録料と呼ばれる費用も事業者によって変動することを覚えておきましょう。

事務手数料に関しては大体3,300円程度の費用となることが多く、そこまで差が生まれることはありません。

工事費は月々の分割もしくは一括を選択できる事業者が多いですが、支払いタイミングはそれぞれの事業者ごとに決められています。事前に確認しましょう。

光回線の料金の相場はどのくらい?|状況別で目安を解説

光回線の料金相場については、利用する状況によって大きく異なります。

 

ここからはそれぞれの料金相場について、詳しくみていきましょう。

新規申し込みを行う場合:5,000円~6,000円前後

光回線を利用していない場所に新規で申し込みする場合、大体5,000円~6,000円前後が光回線の相場となっていました。

月額料金が高くなる理由として、工事費用が月額料金に含まれることがあげられます。理由として、新規申し込みの場合には工事費用が高くなる傾向にあるためです。

一括で支払う場合には当然関係ありませんが、工事費自体はどの事業者であっても数万円かかってしまいます。そのため、分割で支払う選択肢を取るケースが多いのも事実です。

この分が上乗せされて、月々の支払いが高くなることを覚えておきましょう。

転用申し込みをして継続利用する場合:4,000円~5,000円前後

転用申し込みをして光回線を継続利用する場合は、4,000円~5,000円前後の料金が相場となっています。

転用の場合は新規契約と違い、工事費用がほとんどかかりません。かかったとしても数千円前後であることが多いです。

新規契約と比べると工事費用は一括で支払える金額であることが多いため、分割にして上乗せするケースはほとんどないでしょう。

もし既存でNTT系の光回線を利用しているのであれば、転用で契約してしまったほうがお得といえます。ただし、既存の回線、乗り換え先のいずれもNTT系の回線でなければ転用はできませんので、回線選びの際は注意しましょう。

光回線の料金を調べるときの注意点|何に気をつけて選べばいい?

光回線の料金を調べるときは、以下4つのポイントに注意して選ぶようにしましょう。

 

それぞれのポイントがなぜ重要なのかを理解して、正しい光回線選びに繋げてください。

純粋な月額利用料金を見る

光回線の料金を調べるときは、まず純粋な月額料金を確認しましょう。ベースの料金がわからない状態では、そもそも他社との比較ができません。

この時に比較する月額料金には、工事費や初期費用は含めないようにしましょう。実質の料金で見てしまうと、想定と違いすぎて光回線選びが進まない可能性があります。

あくまでもベースの料金で数社に絞っていきつつ、絞った後に実質料金で比較していくのがおすすめです。ただし、利用するオプションがある程度決まっているのであれば、オプション料金を加味しながら計算したほうが正確に比較できます。

プロバイダー利用料金を加味する

月額利用料金が比較できたら、プロバイダーの利用料金を比較しましょう。光回線によっては、月額料金にプロバイダー料金が含まれている場合があります。

プロバイダー料金を節約したいのであれば、希望のプロバイダーが提供しているコラボ光を利用することで、月額料金下がる可能性が高いです。ただし、すべてのプロバイダーがコラボ光を提供しているわけでもありません。

希望のプロバイダーが決まっていないのであれば、契約する光回線と提携しているプロバイダーの中から、利用料金の安いプロバイダーを契約することで月々の費用を節約できます。

工事費などの初期費用総額を見る

工事費や手数料などの初期費用総額を確認するのも、光回線選びにおいてはかなり重要です。

月額料金がいくら安かったとしても、初期費用が高ければ総合的な費用がかなり高くついてしまいます。初期費用のほとんどは工事費が占めているため、確認を怠ってはいけません。

工事費は事業者によって数万円の差額が生まれることもあります。まずは工事費が最大いくらかかるかを確認しましょう。また、工事内容ごとの料金を確認しておくのもおすすめです。

一般的に派遣工事がある場合は2万円前後、ない場合には数千円の工事費用で済むケースが多くなっています。

キャッシュバックでどれだけ相殺できるか

キャッシュバックがある場合は、キャッシュバックでどれだけかかる費用が相殺できるかを計算しましょう。仮に初期費用が多くかかったとしても、キャッシュバック金額が高ければ結果的にプラスになるケースは多々あります。

キャッシュバックは現金での還元以外にも、月額料金の割引や工事費用の相殺、他社解約金負担など様々です。しっかりとキャッシュバック内容を確認し、総合的に見てお得になるかを見極めましょう。

なお、公式サイトではなく代理店やプロバイダ経由で申し込むことで、より多くの還元が受けられる場合があります。還元額が数万円変わることもあるため、必ずチェックしてください。

利用環境別のおすすめ回線:光回線の実質料金が安いのはどこ?

ここからは利用環境ごとのおすすめ光回線を紹介していきます。まずは自身がどの環境で利用するのかを把握しましょう。

 

いずれも非常にお得な光回線ですので、ぜひ参考にしてみてください。

戸建て利用を考えているならauひかり

出典:auひかり公式サイト

auひかりは、戸建て契約をするのに最適の光回線です。auひかりは独自の回線でインターネットを引き込むため、周囲の利用状況における影響を受けにくいです。

フレッツ光やコラボ光の場合、事業者が違っていたとしてもNTTの回線混雑の影響を受けてしまいます。そのため速度が遅くなったり、不安定になったりなどの弊害が発生してしまうかもしれません。これらの影響を受けないのは、auひかりならではのメリットといえるでしょう。

また追加料金はかかるものの、対応エリア内であれば5ギガ・10ギガの速度での契約も可能です。

とにかく快適な速度を求めているのであれば、auひかりの利用がおすすめです。

 

マンション利用を考えているならNURO光

出典:NURO光公式サイト

NURO光は、マンションに設備が整っていればおすすめの光回線です。マンションタイプの料金は最安値で、2,090円~(税込)で利用できます。

下り速度も最大2Gbpsに対応しており、マンションタイプの中ではかなり速い速度といえるでしょう。

デメリットとしてあげられるのは設備を導入しているマンションがそこまで多くない点です。マンションに設備がない場合は以下2つの方法でNURO光を導入するしかありません。

・管理者からマンション設備の導入許可をもらう
・戸建てタイプでの導入許可を管理者からもらう

既存の設備がない場合は、他の光回線を導入したほうが手間がかからないことも覚えておきましょう。

 

スマホとのセット利用を考えているならドコモ光

出典:ドコモ光公式サイト

ドコモ光は戸建て、マンションともにスマホセット割がお得な光回線です。ドコモのスマートフォンが割引のセット対象となっており、1台当たり最大1,100円の割引が適用されます。

月額料金も戸建てが5,720円~(税込)、マンションが4,400円~(税込)となっており、他社と比較しても特別高いわけではありません、また、プロバイダー料金も込みになっています。

スマホセット割が複数台適用できるのであれば、結果的に光回線の料金が無料になる可能性も見込めるでしょう。ドコモでスマートフォンを4台以上契約しているのであれば、ドコモ光は非常にお得な光回線といえます。

 

料金が安くて速度が速い光回線を使いたいならfon光

出典:fon光公式サイト

安くて速い光回線を探しているのであれば、fon光一択です。fon光は最大2Gbpsに対応している光回線で、安定して速い速度のインターネットを利用できます。

料金は戸建て・マンションともに4,378円(税込)となっており、価格の安さ非常に魅力的です。

高速無線LANも標準装備で、追加費用は掛かりません。他社の場合は機器レンタル料がかかることも多いため、費用を節約したい方には嬉しいポイントといえます。

さらに今なら工事費実質無料で、更にAmazonギフト券最大20,000円分がキャッシュバックされるので、Amazonユーザーであればかなりお得にスタートできます。

速度と料金のバランスを重視しているのであれば、ぜひfon光の利用を検討してみてください。

光回線の料金が気になる場合|安く手軽にインターネット回線を導入する方法

光回線の月額料金や初期費用が気になるのであれば、以下2つの導入方法がおすすめです。

 

いずれも安くて手軽に導入できる方法となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ホームルーターの導入を検討する

ホームルーターは、コンセントに挿すだけでWi-Fiが利用できる機器の名称です。回線速度は比較的速く、よほど大容量の通信が発生しない限りは不便さを感じることはありません。

モバイルルーターと比較しても回線の安定性は高く、複数台の接続であっても問題なく対応できるでしょう。

デメリットとしてあげられるのは、固定回線に比べて速度が劣ることに加えて、速度制限のリスクが考えられる点です。WiMAXを使用したホームルーターの場合、3日間で10GB利用すると翌日の18時~2時の間に制限がかかります。

大容量通信を使う予定があるなら、固定回線を引いた方が安心です。

モバイルルーターの導入を検討する

モバイルルーター最大のメリットは、持ち運びをしながら利用できる点です。コンセントに繋いでいる必要はなく、充電さえあれば場所を問わず利用できるため、出張先や外出先でも問題なく利用できます。

当然工事不要で使えることに加えて、最短契約したその日から利用できるのも魅力的です。

ただし、モバイルルーターを利用する場合は速度制限に注意する必要があります。契約するモバイルルーターによって制限の内容は異なりますが、一般的には月間の利用上限が設けられているケースが多いです。

また、3日で10GBを利用した場合は翌日の18時~2時の間に制限がかかるため、一番利用したい時間に使えない可能性があります。

契約を検討するのであれば、料金とGB数の制限をしっかりと吟味しましょう。

光回線の料金に関するよくある質問は?

光回線の料金について調べていく中で、以下3つの質問が多く見られました。

 

ここからはそれぞれの疑問や質問について、詳しく解説していきます。

2021年~2022年にかけて値下げ率が高い光回線はどこ?

2021年~2022年にかけて、値下げ率が高い光回線は「NURO光」です。月額料金で見れば戸建てが5,200円〜(税込)、マンションが2,090円〜(税込)となっており、そもそもの料金も決して高くありません。

また、NURO光ではキャッシュバックや工事費無料のキャンペーンを提供しています。具体的なキャンペーン内容は以下の通りです。

・45,000円キャッシュバック
・工事費実質無料

これらのキャンペーンを活用できれば、実質的な料金で見るとかなりお得になるのは間違いないでしょう。ただし、工事費は36か月間にわたって割引されるため、途中解約をした場合は工事費残債の負担が発生します。

ほかよりもお得に契約できる光回線を探しているのであれば、ぜひNURO光での契約を検討してみてください。

最安値の光回線を契約すれば節約になる?

結論として、最安値の光回線を契約したからと言って、必ずしも節約になるとは限りません。具体的な理由としては、以下の2つがあげられます。

・スマホセット割が複数台適用されている
・契約時に発生する工事費が他よりも割高になっている

仮に固定回線費高かったとしても、スマホセット割が適用できる回線を使用していれば、総合的に見て維持費が安くなっているケースが珍しくありません。

また、月額料金が安い固定回線に乗り換えた際、新たに工事費がかかることで結果的に料金が変わらないケースもあるでしょう。

固定回線を安くしたいのであれば、まずはしっかりと現在の契約状況を確認してください。契約状況を踏まえたうえで固定回線を比較することで、今よりも月額料金が安くなる固定回線が見つかる可能性は高まります。

光回線の乗り換えはした方がいいの?

光回線の乗り換えに関しては、契約している状況や乗り換え先の回線がどこかによって異なります。

契約している光回線の契約期間や工事費が残っていればその分解約時の費用が掛かりますし、スマホセット割が適用されている場合は回線を変えることで割引対象外となる可能性もあるでしょう。

また、解約時の費用を補填するキャンペーンを乗り換え先の光回線が実施していなければ、仮に月額料金が安くなったとしても損をしてしまう可能性が考えられます。

目先の料金にとらわれず、現在の契約状況や解約時の費用、加えて乗り換え先のキャンペーンをしっかりと確認し、乗り換えをすべきかどうかを判断しましょう。

まとめ:光回線の料金は実質料金が大事|実際に払う金額をしっかりと比較しよう

今回は光回線のさまざまな料金について、どのような場面で必要になるのかを解説してきました。

結論として、光回線の料金を節約するには月額料金だけで見るのはおすすめしません。初期費用や提供されているキャンペーン、スマホセット割などをしっかりと比較しましょう。月額料金が高くても、他のところで料金がかかってしまっては意味がありません。

この記事で紹介してきた内容を参考に、ぜひ自身に合った光回線の選び方を実践していきましょう。