光回線

IPv6スピードテストがネットでできる?-通信速度がほぼ正確に測定できるサイト5選-

「自分が使っている光回線がIPv6に対応しているのかどうか知りたい」
「最近ネットを使っている時の通信速度が遅いけど、対処法が分からない」

普段からネットを使っている中で、IPv6に対応しているのか分からなかったり、通信速度が遅いと感じる中でこのような疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか?

結論からいうと、この記事を読んでからスピードテストを行うことで、その疑問が解決します。

この記事を読んで分かること
・「IPv6」と「IPv4」の違い
・IPv6のスピードテストができるサイト一覧
・通信速度が遅い時の対処法
・IPv6の高速通信ができる光回線
もし、現在使っている光回線の速度などで不満を感じている場合はこちらの記事を読んでぜひ実践することをオススメします。
↓当サイトおすすめの光回線↓
NURO光
NURO光
コミュファ光
Fon光
Fon光
月額料金戸建て:5,200円
マンション:2,090円~2,750円
※建物によって変動
戸建て:5,170円
マンション:4,070円
※スタート割適用
戸建て:4,378円
マンション:4,378円
通信速度(実測値)下り速度:513.65Mbps
上り速度:469.48Mbps
下り速度:583.35Mbps
上り速度:509.55Mbps
下り速度:671.13Mbps
上り速度:680.53Mbps
詳細NURO光を見るコミュファ光を見るFon光を見る

IPv6のスピードテストができるサイト5選

サイト5選「実際にIPv6を使った時の通信速度を調べてみたい」
「今使っているネットのスピードを調べられるサイトとかないの」

確かに使っているネットの速度が速いのかどうか調べられれば、本当に遅いのかどうかや通信方式がIPv6なのかを判断できます。

結論からいうと、下記の5つのサイト一覧でIPv6のスピードテストをすることが可能です。

もし使っている光回線の速度などが気になる場合は、こちらのサイト一覧を使って速度測定をすることをオススメします。

Ookla:世界中のインターネット速度の分析に使われているサイト

Ooklaが提供しているSpeedtest.netは、IPv6のスピードテストができるサイトの1つです。こちらのサイトでは、テスト結果に基づく統計情報も提供しており、世界中のインターネット速度の分析のためにも使われている信用度の高いサイトです。

もし、平均的な実測値なども含めて知りたいという方はこちらのサイトで統計情報などを見ることができるので比較をする際などにも使うことが可能です。

Speedcheck – Speed Test:簡単に実測値を測定できるサイト

Speedcheck – Speed Testは、サイトにアクセスしてから測定開始のボタンを押すことで上り・下りの実測値やIPv4やIPv6に対応しているのかどうかまで一瞬で分かるサイトです。

 

実測値実際に私が使っている光回線の速度を測定してみました。こちらのサイトでは、上り・下りの速度状況の他にIPv6に対応しているかどうかといった部分や今使っているプロバイダー会社やVPNが導入されているかどうかまで分かるようになっています。

そのため、ネットの速度状況だけでなくセキュリティ面も気になるといった方はこちらを使うことでセキュリティに関しても対策を入れることができるようになっています。もし、速度だけでなくセキュリティ面も気になるといった方はこちらのサイトを使って測定することをオススメします。

Fast.com:Netflixがローンチした速度測定サイト

Fast.comは動画配信サイトでおなじみのNetflixが2016年から無料提供している速度測定のサイトです。最大の特徴としては、このサイトに接続するとすぐに今接続している光回線などの速度状況を測定してくれます。

サイトに10秒ほどで、ダウンロード速度の計測結果を表示されます。

そのため、すぐに光回線の速度状況などを知りたいという方にオススメできるサイトです。また、結果画面には速度測定サービスのSPEEDTEST.NETへのリンクが表示されているため速度状況を比較できるようになっています。

ただ、注意点としては比較の際に測定結果と大きく差が出る可能性があります。そのため、複数のサイトで比較することでより正確な速度状況がわかるので複数のサイトで比較することをオススメします。

So-net 回線速度測定サイト:So-netが提供する回線速度測定サイト

こちらのサイトは、日本にある数多くのプロバイダーの代表格でもあるSo-netが提供している回線速度サイトです。こちらのサイトでは、今使っている光回線がIPv4とIPv6に対応しているのかどうか状況判断することも可能です。

老舗のプロバイダー会社が公式サイトに速度測定のサイトを設けているというのは、ユーザー視点からみても安心できる要素となるのではないかと思います。回線速度状況を測定する上で、比較をする際にはぜひ使うことをオススメします。

Google回線速度測定サイト:Webブラウザで簡単に測定できる

みなさんがネットを使う上でお世話になっているGoogleでも、回線速度の状況を測定することが可能です。方法としては、「スピードテスト」と検索すると、検索結果に「インターネット速度テスト」が表示されるので、「テスト実施の目的」を読んでから実施するボタンを押すと速度測定が始まります。

速度テストが完了すると、上りと下りの速度が表示されます。また、速度状況に対する評価や適している使用用途などが表示されるので今使っている回線が自分の使いたい用途と合っているのか確認することをオススメします。

そもそも「IPv6」とは?IPv4との違いは何?

違い「通信規格の種類でIPv6とIPv4ってよく聞くけど、実際どんなふうに違うのかわからない」
確かに、通信規格の種類のIPv6やIPv4という単語は初めて聞く人にとってはどういった違うがあるのか分かりづらいです。

結論からいうと、通信規格の種類のIPv6やIPv4の違いはインターネット通信の接続方式と通信速度において大く違いがあります。

IPv6とIPv4の違いはこちら
IPv6:IPv4と比べると、通信速度が安定していて、高速通信が可能。
IPv4:IPv6と比べると、プロバイダ側で回線の混雑が起きやすいため速度が安定しにくく、速度も遅い。
そのため、普段から高画質の動画などを視聴する人やオンラインゲームなどをする機会の多い人は、通信規格の種類でも最新のIPv6を用いたネット接続を行うことで安定した通信環境の中でネットを楽しむことが可能です。
もし、普段使っているネット接続で速度が遅い、通信が安定しないなどの不満がある方は通信規格の種類でも最新のIPv6を用いたネット接続を使うことで不満を解消できる可能性が高くなります。

IPv6の通信速度の目安はどれくらい?

通信速度 目安「速度測定をしているけど、実際にどれくらいの速度が出ていればいいのかわからない」
速度測定をして自分自身の速度が分かっていても、実際にその速度が使用用途などに合っているのかわからなければ不安になる方もいると思います。

結論からいうと、通信規格の種類の1つのIPv6では上りで320Mbps、下りでは306Mbpsほどの速度が出ていれば問題ないという目安になっています。ただし、あくまでも使っている環境などによって実測値は変動しますのでこの数値に近い数字が出ていれば問題ないといえるでしょう。

もし、実測値を測った際に目安がわからない場合は通信規格の種類の1つのIPv6の数値を参考にすることをオススメします。

IPv6のスピードテストをした結果遅かった場合の対処法5選

対処法「IPv6のスピードテストをしてみたら速度が遅かったけどどうしたらいいのか」
「実際に測定をしてみても使っていても速度が遅いけど対処法はないのか」
IPv6をせっかく使っていても、速度が遅いとせっかくの良さを活かすことができません。

結論から言えば、下記の5つの対処法一覧を試してみることをオススメします。

もし、速度が遅いと感じた場合はこの対処法一覧を実践してみましょう。

プロバイダーが「IPoE」に対応しているか確認する

現在利用しているプロバイダーが、「IPoE」の通信方式に対応しているかどうかを確認してみましょう。

もし、利用しているプロバイダーがIPoE方式での接続をサポートしていないなら、プロバイダーの変更が必要です。また、IPoE方式で接続できるはずなのにPPPoE方式で接続されている場合、プロバイダーへのオプションサービスの申し込みなどが必要かもしれませんので、サポートデスクなどに問い合わせてみましょう。

ルーターやLANケーブルの最大通信速度を確認する

現在使っているルーターやLANケーブルの最大速度を確認してみましょう。

長い間ルーターやLANケーブルを使っていると、種類によってはIPv4には対応しているけどIPv6には対応していないという場合も考えられます。そのため、プロバイダーがIPv6に対応しているけどそれでも速度が遅い場合はルーターなどが対応している種類なのかどうかを確認することがオススメです。

もし対応していない場合は、Amazonやお近くの家電量販店などで販売しているのでそちらでプロバイダーがIPv6に対応している種類のルーターやLANケーブルを購入することがオススメです。

ルーターやデバイスを再起動してみる

プロバイダーやLANケーブルやルーターなどがIPv6に対応している種類の機器を使用している場合は、ルーターやデバイスなどを再起動して様子を見ることもオススメの対処法の1つです。

ルーターの不具合があると思われる場合は、ルーターの電源を切り、しばらく時間を置いてから電源を入れ直してみましょう。また、マニュアルに書いてある方法で再起動してみましょう。ルーターが原因の不具合の場合はは、再起動で直ることが多いのでぜひ試してみましょう。

また、デバイス側に問題があるときは、デバイスの再起動も有効です。再起動をすることで、メモリの不安定などが解消されるなどして、Wi-Fiとの接続が安定するようになることがあります。

使用するデバイスの近くにWiFiルーターを設置する

もし、WiFiルーターとデバイスの間に距離がある場合は使用しているデバイスの近くにWiFiルーターを設置することをオススメします。なぜなら、ルーターとデバイスの間に距離がある場合は建物の構造などによっては無線の電波が飛びづらい可能性が考えられます。

その場合は、LANケーブルなどを用いてデバイスの近くまでルーターを設置することで接続の際の距離が短くなるので接続が安定することもあります。

WiFiルーターが古い場合は買い替える

プロバイダーの設定やLANケーブルに問題がない、WiFiルーターとデバイスの距離を短くしても接続が安定しない場合はWiFiルーターが古い可能性が考えられます。その場合は、今使っているルーターがIPv6に対応していない古いルーターの可能性が考えられます。

そのため、一度ルーターの型番などを調べた上でメーカーの公式サイトなどを見ることでIPv6に対応しているのかどうかを判断することが可能です。もし、調べた結果対応していない場合はAmazonなどで購入することが可能なので買い換えることをオススメします。

ipv6スピードテストのスコアが高い光回線はこの5つ-おすすめの回線はどれ?-

ipv6スピードテストのスコアが高い光回線はこの5つ-おすすめの回線は下記一覧です。

実際の通信速度の数値の記載しているため、実際の数値を参考に自分に合った光回線の契約を検討しましょう。

NURO光:今後さらに期待できる光回線

NURO光

実測値が平均ダウンロード速度:496.94Mbps/平均アップロード速度:464.15MbpsのNURO光は、今後さらに期待できる光回線です。

なぜなら、現在は提供エリアが狭いですが、これからも順次提供エリア拡大を目指しているからです。

NURO光の提供エリアは、北海道、関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)、東海(愛知、静岡、岐阜、三重)、関西(京都、大阪、兵庫、奈良)、九州(福岡、佐賀)の一部エリアです。

そのため、NURO光を利用できる人に限定されてしまうといえるでしょう。

したがって、現在の提供エリアが限定されているため、NURO光を契約できる人は限られてしまいます。

しかし、今後も順次エリア拡大を目指しているため、これからが期待できるでしょう。

コミュファ光:東海エリア限定の光回線

実測値が平均ダウンロード速度:585.18Mbps/平均アップロード速度:516.24Mbpsのコミュファ光は、東海エリア限定の光回線です。

そのため、他社に比べて利用者数も少ないため、混雑しやすい時間帯でも通信速度の制限がかかりづらく安定した通信が利用できます。

他には、『セット割』や『高額キャッシュバックキャンペーン』・『Wi-Fiルーター無料レンタル』など、嬉しいキャンペーンやサービスが受けられるのも特徴です。

したがって、東海地方に住んでいて光回線の契約を検討されている人は、コミュファ光を契約しましょう。

auひかり:auユーザーの人におすすめ

実測値が平均ダウンロード速度:493.19Mbps/平均アップロード速度:455.57Mbpsのauひかりは、auユーザーの人におすすめです。

なぜなら、『auスマートバリュー』と呼ばれるセット割が適用できるからです。

セット割の内容は、auのスマホとauひかり回線を一緒に契約していると毎月550円〜1,100円の割引が適用されるからです。

他にも「高額キャッシュバックキャンペーン」や「工事費無料キャンペーン」などお得な特典を用意しています。

そのため、auひかり回線とauのスマホを一緒に契約している人は、毎月の出費が抑えられるでしょう。

したがって、auのスマホを利用している方で光回線の契約を検討されている人は、auひかりに契約を検討してみてください。

fon光:通信速度は業界最速

実測値が平均ダウンロード速度: 605.84Mbps/平均アップロード速度: 553.37Mbpsのfonは、通信速度が業界内最速です。

他社の実質通信速度は、500Mbps台ですが、fon光は600Mbps台と他社と比較をすると、通信速度が速いことがわかっていただけると思います。

そして、通信速度が速いだけではなく、月額料金も4,378円とコスパがとてもいいです。

したがって、通信速度が速く月額料金も安くしたいと思って光回線の契約を検討されている人は、fon光に契約をしましょう。

eo光:関西エリアに住んでいて通信速度重視の人におすすめ

実測値が平均ダウンロード速度: 577.35Mbps/平均アップロード速度: 478.63Mbpsのeo光は、関西エリアに住んでいて通信速度重視の人におすすめです。

なぜなら、関西電力が運営しているからです。

そのため、速い通信回線を提供することができます。

また、eo光は提供エリアが関西限定なため、ユーザー数も少なく混雑しやすい時間帯でも回線が混み合うことも少ないため、スムーズにサービスを受けることができます。

したがって、関西エリアに住んでいて通信速度重視で光回線の契約を検討されている人は、eo光に契約しましょう。

IPv6の高速通信を利用したいなら「Fon光」

fon光「IPv6がオススメなのは分かったけど、使える光回線はどこなのか」
「どうせ光回線をつかうなら、IPV6に対応していて高速通信ができる光回線を使いたい」
確かに光回線を使うなら、IPv6に対応していて高速通信ができる光回線がいいという方も多いと思います。

結論からいえば、Fon光がオススメです。

Fon光は下り最大2Gbps、上り最大1Gbpsといった高速通信が可能です。そのため、サイト閲覧はもちろん、オンラインゲーム、ストリーミングでのドラマ視聴など、複数端末で同時に使用しても高速通信が可能です。また、IPv6にも対応している光回線で毎月4,378円(税込)で使うこともできるのでコストを気にされる方でもオススメです。

さらに今なら工事費実質無料で、更にAmazonギフト券最大20,000円分がキャッシュバックされるので、Amazonユーザーであればかなりお得にスタートできます。

もし、高速通信をしたいという方や安い値段で光回線を使いたいという方はFon光の導入を検討してみることをオススメします。

まとめ:まずはIPv6のスピードテストを試してみよう

まとめ

今回はIPv6のスピードテストができるサイトと対処法について紹介しました。この記事で取り上げたサイト一覧を用いてスピードテストをすることで、今使っている光回線の速度が速いのかどうかを判断することもできます。

また、IPv6のスピードテストの結果が悪く、通信速度でお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そのような方は、当サイトおすすめの高速光回線「Fon光」をぜひ、ご検討ください。Fon光は、国内最速のNURO光の回線を使用した光回線で、下り最速2Gbpsの高速通信を実現。

オンラインゲームからテレワークまで、Fon光なら快適に作業が可能です。回線速度にお困りの方は、ぜひFon光をご検討ください。