光回線

Fon光の評判・口コミまとめ|他社比較から見えたメリット・デメリットも解説

最大通信速度2Gbps、月額料金4,378円(税込)という低価格で利用できる「Fon光」。月額料金が変動しないため安心して利用できたり、スマホのセット割でスマホ料金がお得になったりします。しかし、Fon光を検討している方の中には、ユーザーの実際の評判や口コミが気になる方もいるのではないでしょうか。

実際、Fon光の評判は通信速度が速かったり、月額料金が他社と比較しても安かったりします。

そこで本記事では、Fon光の実際の評判や口コミ、利用することのメリット・デメリット、利用開始するまでの流れなどを解説します。

この記事から分かること
・Fon光の基本情報
・Fon光の実際の評判・口コミ
・Fon光を利用することのメリット・デメリット
・Fon光の申し込みから利用開始するまでの流れ

↓当サイトおすすめの光回線3選↓

光回線ドコモ光
ドコモ光ロゴ
auひかり

Fon光
fonロゴ
提供エリアNTTフレッツ光auひかり独自回線NURO光独自回線
月額料金(戸建て+マンション)戸建て(1Gタイプ)
5,720円~
マンション(1Gタイプ)
4,400円~
戸建て:5,610円~
マンション:4,180円~
戸建て、マンション
4,378円
キャッシュバックドコモ光新規申し込みでdポイント10,000円分auひかり新規申し込みで10,000円キャッシュバックAmazonギフト券最大20,000円分プレゼント
※料金は税込

Fon光は、上記の比較表を見て分かる通り、月額料金が非常に安いです。マンション、戸建ともに料金を抑えながら利用することができます。

詳細は下記のボタンからご覧ください!

fon光の基本情報

提供エリア・北海道
・関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
・東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
・関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
・九州(福岡、佐賀)
・中国(広島、岡山)
月額料金(戸建て・マンション)4,378円(税込)
初期費用契約事務手数料:3,300円(税込)
工事費44,000円(税込)
最大通信速度下り最大2Gbps、上り最大1Gbps
平均通信速度779Mbps
契約期間3年間
キャッシュバックなし
解約金21,780円(税込)

Fon光は別途プロバイダ契約が不要

Fon光は別途プロバイダ契約が不要という特徴があります。一般的にインターネットを利用できる環境を整えるには、光回線サービスとは他にプロバイダという回線とインターネットを繋げる役割を持っている事業者と契約する必要があります。そして、プロバイダ契約は光回線サービスとの契約とは別物であるため、別途料金を支払わなければなりません。

一方で、Fon光はプロバイダ契約をせずともインターネットを利用することができます。そのため、月額料金が一律4,378円(税込)。ずっと定額であるため、安心して利用することが可能です。

Fon光と他社光回線を比較

提供エリア月額料金(戸建て・マンション)初期費用工事費最大通信速度平均通信速度契約期間キャッシュバック解約金
Fon光
・北海道
・関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
・東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
・関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
・九州(福岡、佐賀)
・中国(広島、岡山)
4,378円(税込)契約事務手数料:3,300円(税込)44,000円(税込)下り最大2Gbps、上り最大1Gbps779Mbps3年間なし21,780円(税込)
フレッツ光
・北海道
・東北(青森、宮城、岩手、山形、秋田、福島)
・関東(東京、茨城、神奈川、栃木、千葉、群馬、埼玉)
・甲信越(新潟、長野、山梨)
・北陸(富山、石川、福井)
・東海(愛知、静岡、三重、岐阜)
・関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山)
・中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
・四国(徳島、香川、愛媛、高知)
・九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)
戸建て
・フレッツ光クロス:6,930円(税込)〜
・フレッツ光ネクスト:5,720円(税込)〜
・フレッツ光ライト:3,080円(税込)〜
集合住宅向け
・フレッツ光ネクスト:3,135円(税込)〜
・フレッツ光ライト:2,200円(税込)〜
戸建て
・契約料:880円(税込)
集合住宅
・契約料:880円(税込)
戸建て:19,800円(税込)
集合住宅:16,500円(税込)
フレッツ光クロス:10Gbps
フレッツ光ネクスト:1Gbps
・フレッツ光ライト:100Mbps
フレッツ光クロス:300Mbps
フレッツ光ネクスト:220Mbps
フレッツ光ライト:50Mbps
2年間最大79,000円戸建て:10,450円(税込)
集合住宅:1,650円(税込)
ドコモ光
ドコモ光ロゴ
・北海道
・東北(青森、宮城、岩手、山形、秋田、福島)
・関東(東京、茨城、神奈川、栃木、千葉、群馬、埼玉)
・甲信越(新潟、長野、山梨)
・北陸(富山、石川、福井)
・東海(愛知、静岡、三重、岐阜)
・関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山)
・中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
・四国(徳島、香川、愛媛、高知)
・九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)
戸建て
・1ギガタイプA:5,720円(税込)〜
・1ギガタイプB:5,940円(税込)〜
・1ギガ単独タイプ:5,500円(税込)〜
・ドコモ光ミニ:2,970円〜6,270円(税込)
マンション
・1ギガタイプA:4,400円(税込)〜
・1ギガタイプB:4,620円(税込)〜
・1ギガ単独タイプ:4,180円(税込)〜
契約事務手数料:3,300円(税込)戸建て:19,800円(税込)
マンション:16,500円(税込)
1Gbps266Mbps2年間20,000円戸建て:14,300円(税込)
マンション:8,800円(税込)
auひかり
auひかりロゴ
・北海道:
・東北(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)
関東(東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木)
・信越(新潟、長野)
・中部(山梨)
・北陸(石川、富山、福井)
・中国(鳥取、岡山、島根、広島、山口)
・四国(香川、徳島、愛媛、高知)
・九州(福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島)
auひかりホーム:6,160円(税込)〜
auひかりマンション:4,730円(税込)〜
登録料:3,300円(税込)auひかりホーム:41,250円(税込)
auひかりマンション:33,000円(税込)〜
1〜10Gbps300〜400Mbps3年間最大131,000円(税込)
※代理店による
16,500円(税込)
SoftBank光
ソフトバンク光ロゴ
・北海道
・東北(青森、宮城、岩手、山形、秋田、福島)
・関東(東京、茨城、神奈川、栃木、千葉、群馬、埼玉)
・甲信越(新潟、長野、山梨)
・北陸(富山、石川、福井)
・東海(愛知、静岡、三重、岐阜)
・関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山)
・中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
・四国(徳島、香川、愛媛、高知)
・九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)
ファミリー・ギガスピード、ファミリー・ハイスピード、ファミリー
・5年自動更新プラン:5,170円(税込)
・2年自動更新プラン:5,720円(税込)
ファミリー・10ギガ
・5年自動更新プラン:6,380円(税込)
・2年自動更新プラン:6,930円(税込)
ファミリー・ライト
・2年自動更新プラン:4,290円~6,160円
3,300円(税込)お立ち合い工事あり:26,400円(税込)
お立ち合い工事なし:2,200円(税込)
1Gbps242Mbps2年、5年10,000円2年:10,450円(税込)
5年:16,500円(税込)
NURO光
nuro光ロゴ
・北海道
・関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、群馬)
・東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
・関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
・中国(広島、岡山)
・九州(福岡、佐賀)
5,200円(税込)契約事務手数料:3,300円(税込)44,000円(税込)2Gbps501.9Mbps2年間45,000円10,450円(税込)

Fon光の評判・口コミを確認

Fon光の良い評判・口コミ

Fon光の月額料金に関して「通信速度が速く、かつ月額料金が安い」という良い口コミが寄せられています。Fon光の月額料金は4,378円(税込)。また、使用している光ファイバーの系統が同じであるNURO光の月額料金は5,200円(税込)。このように、他の光回線と比較しても安いことがわかります

さらに、他の光回線の多くは最大通信速度が1Gbps。一方でFon光の最大通信速度は2Gbpsで通信速度が2倍となっています。このように、Fon光は他の光回線より通信速度が速く、かつ月額料金が安いという特徴があります。

Fon光の悪い評判・口コミ

Fon光の工事に関して「工事に時間がかかる」という悪い口コミが寄せられています。Fon光の工事は宅内工事と屋外工事の2回実施します。また、戸建ての場合は1〜2ヶ月、集合住宅の場合が1〜3ヶ月の期間がかかることも。

このように、Fon光は開通工事に時間がかかるため、インターネットを開通したい時期から逆算して申し込む必要があります。一方で、開通工事をする時期や地域によっては1週間ほどで完了する場合もあります。工事の期間に関してはFon光に直接問い合わせることがおすすめです。

他社比較と評判・口コミから見えたFon光メリット5つ

月額料金が安い

Fon光は月額料金が安いというメリットがあります。Fon光の月額料金は4,378円(税込)。一方で、最大通信速度が2Gbpsである他の光回線サービスのプランは月額5,000円ほどかかるため、Fon光が安いことがわかります。

さらに、Fon光は利用期間が長くなるにつれて月額料金が上がることもなく、一律4,378円(税込)で利用できます。また、別途プロバイダ契約必要もないため、この価格から上がることがありません。そのため、安心して利用することができます。

NURO光回線なので通信速度が速い

Fon光はNURO光回線を利用しているため、通信速度が速くなっています。NURO光回線は下りの最大通信速度が2Gbps、上りの最大通信速度が1Gbps。他の光回線の多くは最大通信速度が1Gbpsであるため、Fon光が2倍ほど速く利用可能です

Fon光は通信速度が速いため、みんながスマホやパソコンでインターネットを利用する家族やオンラインゲーム、映画鑑賞もストレスなく実施することができます。

開通工事費が実質無料

Fon光の開通工事費は実質無料となっています。通常、Fon光の開通工事費は44,000円(税込)。しかし、2ヶ月目が1,230円、3〜35ヶ月目が1,222円、36ヶ月目が2,444円という36ヶ月の分割払いと同額の割引が適用されます。そのため、実質44,000円(税込)の工事費が無料となるのです。

しかし、契約期間内に解約した場合は工事費残債を支払う必要があるため注意しましょう。

無線LANルーターが無料でレンタルできる

Fon光は無線LANルーター機能が搭載されているONUを無料でレンタルすることができます。光回線を繋いでインターネットを利用できるようになるためには無線LANルーターが必要になります。しかし、無線LANルーターは10,000円ほどで、かつ高性能であればあるほど価格が高くなることも。

一方で、Fon光は無線LANルーター機能が搭載された高品質のONUを無料でレンタルすることが可能です。最大接続台数も10台であるため、家族みんなでインターネットを利用することができます

ソフトバンクスマホとのセット割が使える

Fon光に契約するとソフトバンクスマホとのセット割が使えるというメリットがあります。Fon光は「NURO光でんわ」というオプションを追加することでソフトバンクスマホとのセット割が適用されます。NURO光でんわとは、NURO光の運営会社であるソニーネットワークコミュニケーションズが提供するIP電話サービスです。

また、NURO光でんわの月額料金は以下の通りです。

・関東・北海道エリア:550円
・関西・東海・九州エリア:330円

Fon光を申し込む際に、上記のようなNURO光でんわを追加することでソフトバンクスマホを利用している方は、スマホ料金が月額1,100円安くなります。このように、ソフトバンクスマホを利用している方はスマホ料金を安くできる可能性があります。

キャンペーンが豊富!

Fon光はあまりキャンペーンに力を入れておらず、月額料金の安さで勝負していました。

しかし、現在はAmazonギフト券のプレゼント額を最大20,000円まで引き上げたり、Charge Spotがお得に利用できたりするキャンペーンを実施したりして、キャンペーンに力を入れつつあります。

さらに今なら工事費が実質0円のため、かなりお得にスタートできます。

他社比較と評判・口コミから見えたFon光のデメリット3つ

開通工事が2回必要で時間がかかる

Fon光には、開通工事が2回必要であるため時間がかかるというデメリットがあります。Fon光の開通工事は宅内工事と屋外工事の2種類があり、それぞれを別日に行います。また、戸建ての場合は1〜2ヶ月、集合住宅の場合が1〜3ヶ月の時間を要するため開通まで時間がかかる可能性も。

一方で、住む地域や環境、開通工事を実施する時期によっては1週間〜1ヶ月ほどでインターネットが利用できるようになる可能性もあります。開通工事に要する期間は、Fon光に問い合わせて確認しましょう。

初回契約時の契約期間の縛りが長い

Fon光は初回契約時の契約期間の縛りが長いというデメリットもあります。Fon光の初年度の契約期間は3年。他の光回線サービスでは2年もしくは縛りなしであることが多いため、Fon光の契約機なんが長いと言えるでしょう。

また、初年度の契約期間が終了すると、2年ごとに自動更新されるようになります。契約更新期間以外で解約すると解約金を支払わなければならなくなるため、解約する時期には注意が必要です。

解約金が比較的高め

Fon光の解約金は他の光回線サービスと比較して高めに設定されています。多くの光回線サービスは契約更新期間以外に解約すると解約金を支払わなければなりません。そして、ほとんどの解約金は10,000円〜15,000円ほど。一方で、Fon光の解約金は21,780円です。このようにFon光の解約金は比較的高くなっています。

一方で、毎月支払う月額料金は他の光回線と比べて安くなっています。そのため、3年以上光回線を利用する予定がある方にFon光がおすすめです。

Fon光の申し込みから利用開始までの流れ

公式のWebサイトから申し込みする

はじめに、Fon光の公式のWebサイトから申し込みをします。公式サイトの右上にある「お申込み」ボタンから申し込みページに進みましょう。Fon光を申し込む際に以下の情報を入力する必要があります。

・ご契約者情報
・Fon光 設置先住所
・オプション
・希望工事日
・クーポンコード(任意)
これらの情報を入力して申し込みが完了します。ここで注意しなければならないことは、工事日は希望通りにいかないことがあるということです。時期によっては工事が混雑して希望する日程でできない場合があるため、申し込み段階で日程は決定しません。あくまでも希望日程ですのであらかじめ把握しておきましょう。

開通工事の日程を調整する

公式サイトから申し込みが完了したら開通工事の日程を調整します。上記にもある通り、申込みで記入した希望工事日はあくまでも希望であるため、申込み段階では決定しません。開通工事が希望する日程と異なる場合は、工事担当者からの連絡で調整します

屋外と宅内の工事を待つ

開通工事の日程調整が完了したら屋外と宅内工事を待ちましょう。宅内工事では光キャビネットの取り付けや光ケーブルの引き込み、ONUの設置などを行います。また、屋外工事は電柱から光ケーブルの引き込みや光キャビネットの接続などを行います。

これらの工事は立ち会いが必要であるため、立ち会い可能な日程で実施するようにしましょう。

工事完了後に初期設定をして利用開始

工事完了後、無線LANルーターやスマホ・パソコンなどのデバイスの初期設定をして利用開始です。初期設置に関して不安や不明点がある場合はFon光に電話またはメールで問い合わせると解決策を案内してもらうことができます。

Fon光の電話番号は以下の通りです。

0120-966-486
初期設置が完了したらいよいよインターネットを利用することができます

Fon光についてよくある質問

楽天ひかり テレビ 7

Fon光の問い合わせ先は?

Fon光の問い合わせは電話またはメールで行うことができます。メールの場合はFon光の公式サイトから問い合わせフォームにアクセスすることが可能です。また、電話で問い合わせる際の電話番号は以下の通りです。

0120-966-486

Fon光はどんな人におすすめ?

Fon光は3年以上光回線を利用する予定がある方におすすめです。Fon光は最大通信速度が2Gbps、月額料金が4,378円(税込)という高品質かつ低価格という特徴があります。一方で、契約更新月以外に解約した場合21,780円の解約金を支払わなければなりません。この金額は他の光回線と比較しても高額となっています。そのため、Fon光の契約期間である3年以上光回線を利用する予定がある方におすすめです。

Fon光は5Gに対応してる?

Fon光は5Gに対応していません。そもそも5Gとは携帯電話に利用される通信システムのことを指します。そのため、光回線と5Gは別物と考えるのが適切でしょう。

そして、5Gの最大通信速度は10Gbps以上。Fon光の最大通信速度が2Gbpsであるため、5Gの方が高速で利用可能です。

Fon光が繋がりにくい時の対処法は?

Fon光が繋がりにくい時は、使用している無線LANルーターを再起動してみましょう。無線LANルーター内のデータが膨れ上がってしまい、Wi-Fiが繋がりにくくなる場合があります。無線LANルーターを再起動してもWi-Fiが繋がりにくいときは、スマホやパソコンなどのデバイスを再起動する、同時に接続している台数を減らすなどの方法もあります。

これらの方法でも解決しない場合はFon光に電話かメールで直接問い合わせましょう。メールの場合は公式サイトの問い合わせフォームから、電話の場合は以下の電話番号に問い合わせると解決する可能性があります。

0120-966-486

Fon光の解約方法は?

Fon光はカスタマーサポートに電話することで解約できます。電話で解約する旨を伝えましょう。

Fon光を解約する際、解約金には注意しましょう。契約更新月以外に解約した場合、21,780円の解約金を支払わなければなりません。さらに、初年度の3年以内に解約した場合は工事費残債も支払う必要があるため、解約にお金がかかってしまいます。このように、解約する際は、契約更新月を確認した上で手続きを進めましょう。

Fon光以外におすすめの光回線はある?

Fon光以外におすすめの光回線は「NURO光」です。NURO光はFon光と同様に最大通信速度が2Gbpsで高速です。また、月額料金が一律5,200円(税込)であるため、住む地域や環境によって価格が変動することなく、安心して利用することができます。

さらに、NURO光の公式サイトから申し込んだ場合、最大45,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。このように、NURO光は高品質で、かつ価格が上昇しないことから安心して利用できるためおすすめです。

まとめ:Fon光は安くて速い回線を求める人におすすめ

本記事では、Fon光に関して実際の評判・口コミ、利用することのメリット・デメリット、申し込みから利用開始までの流れなどを解説しました。Fon光は安くて速い回線を求める人におすすめの光回線です。このような光回線を探している方は、ぜひFon光を検討してみてはいかがでしょうか。