おすすめの回線

【2022年12月】ネット光回線のおすすめを項目別に比較して紹介|お得な申し込み方法も解説

リモートワークなどの普及により、自宅でネット回線を利用する方が増えてきました。ストレスフリーでネットが使える、優秀なネット回線が気になりますよね。

今回は項目別におすすめのネット回線を紹介していきます。お得になる申し込み方法もお伝えしますので、気になる方はぜひチェックして下さいね。

【この記事からわかること】

  • おすすめのネット回線
  • ネット回線の選び方
  • お得な申し込み方法
  1. おすすめのネット回線
  2. おすすめのネット回線10社を比較
  3. 項目別のおすすめネット回線
    1. 月額料金(戸建て)がお得なのはエキサイトMEC光
    2. 月額料金(マンション)がお得なのはauひかり
    3. 通信速度が速いのはNURO光
    4. 契約期間の縛りや違約金が少ないのはぷらら光
    5. キャッシュバックなどキャンペーンが手厚いのはドコモ光(GMOとくとくBB)
    6. サポートの評判がいいのはドコモ光
  4. ネット回線のおすすめの選び方3つ
    1. 提供エリアを確認する
    2. 実質料金を比較する
    3. 通信速度は平均値や口コミを確認する
  5. ネット回線のおすすめの申し込み方法
    1. Webサイトからの申し込み
    2. 家電量販店からの申し込み
    3. ドコモショップなどの窓口からの申し込み
  6. ネット回線は「Webサイト」から申し込むのがおすすめ
  7. ネット回線のおすすめの申し込み手順
    1. 申し込むネット回線の公式サイトにアクセスする
    2. 個人情報やプランを入力して申し込む
    3. 開通工事の日程を決める
    4. 工事に立ち会う
    5. 初期設定をして利用開始
  8. ネット回線おすすめに関するよくある質問
    1. ネット回線には工事が必要?
    2. 田舎でも使えるネット回線は?
    3. 一人暮らしにおすすめのネット回線は?
    4. ゲーム利用におすすめのネット回線は?
    5. 申し込んでからどれくらいで使える?
    6. ネット回線は解約する時も工事が必要?
    7. 工事不要で使えるネット回線もある?
  9. まとめ:ネット回線のおすすめは「ドコモ光」

おすすめのネット回線

おすすめのネット回線

ネット回線と言っても、様々な種類があるため、どれを選べば良いのか迷いますよね。ドコモ光やNURO光などの有名なネット回線もありますが、地方限定の回線も存在します。

自宅環境に合わせたネット回線選びが大切ですので、次の項目でおすすめのネット回線を10社紹介していきます。

おすすめのネット回線10社を比較

おすすめのネット回線10社を比較

おすすめのネット回線を10社紹介します。まずはこちらの5社をご覧下さい。

OCN光
ocn光ロゴ
ドコモ光
ドコモ光ロゴ
auひかり
auひかりロゴ
NURO光
nuro光ロゴ
ソフトバンク光
ソフトバンク光ロゴ
提供エリア47都道府県47都道府県沖縄以外の46都道府県北海道、関東1都6県、東海4県、関西2府3県、中国2県、九州2県47都道府県
月額料金(戸建て・マンション)戸建て:5,610円
集合住宅:3,960円
戸建て:5,720円
集合住宅:4,400円
戸建て:5,610円
集合住宅:4,180円
戸建て:5,700円
集合住宅:2,090~2,750円
戸建て:5,720円
集合住宅:4,180円
初期費用3,300円3,300円3,300円3,300円3,300円
工事費戸建て:19,800円
集合住宅:16,500円
戸建て:19,800円
集合住宅:16,500円
戸建て:41,250円
集合住宅:33,000円
44,000円26,400円
最大通信速度1Gbps1Gbps1Gbps2Gbps1Gbps
平均通信速度下り:275.09Mbps
上り:199.93Mbps
下り:270.1Mbps
上り:210.77Mbps
下り:412.86Mbps
上り:348.67Mbps
下り:492.37Mbps
上り:447.99Mbps
下り:314.69Mbps
上り:214.41Mbps
契約期間2年0年、2年0~3年2年、3年0年、2年、5年
キャッシュバックなしなしあり(代理店のみ)あり(公式)あり(公式)
解約金11,000円戸建て:14,300円
集合住宅:8,800円
戸建て:16,500円
集合住宅:7,700円
10,450円2年:10,450円
5年:16,500円

続いてはこちらの5社をご覧下さい。

fon光
fonロゴ
ビッグローブ光
ビッグローブロゴ
楽天ひかり
楽天ひかりロゴ
コミュファ光
コミュファロゴ
ぷらら光
ぷららロゴ
提供エリア北海道、関東1都6県、東海4県、関西2府3県、中国2県、九州2県47都道府県47都道府県愛知、岐阜、三重、静岡、長野47都道府県
月額料金(戸建て・マンション)4,378円戸建て:5,478円
集合住宅:4,378円
戸建て:5,280円
集合住宅:4,180円
10Gの場合:4,980円戸建て:5,280円
集合住宅:3,960円
初期費用3,300円3,300円880~1,980円770円0円
工事費44,000円8,360円戸建て:19,800円
集合住宅:16,500円
27,500円戸建て:19,800円
集合住宅:16,500円
最大通信速度2Gbps1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps
平均通信速度下り:498.26Mbps
上り:381.69Mbps
下り:282.04Mbps
上り:208.49Mbps
下り:412.86Mbps
上り:348.67Mbps
下り:560.78Mbps
上り:463.67Mbps
下り:272.54Mbps
上り:195.74Mbps
契約期間2年、3年2年、3年2年、3年2年、3年0年
キャッシュバックamazonギフト券最大20,000円あり(公式)なしあり(公式)あり(公式)
解約金21,780円11,900円10,450円11,000円0円

項目別のおすすめネット回線

項目別のおすすめネット回線

表で10社のおすすめネット回線を紹介したので、次は項目ごとにおすすめを紹介していきます。上記の表で紹介していない会社も紹介するので、改めて確認して下さい。

自分の使用用途に合っているネット回線を見つけましょう。項目は下記の6つにわけています。

月額料金(戸建て)がお得なのはエキサイトMEC光

エキサイトMEC光 商標

エキサイトMEC光は、ネット回線の中でも最安値です。戸建ての料金はどのネット回線もほとんどが5,000円台に対し、エキサイトMEC光は税込みで4,950円です。

この値段には、思わずマンションタイプと見間違えたかと思いますよね。

また、戸建ての方がネット回線を契約する際に懸念点となるのは、新規工事費です。工事費は会社によって様々で、10,000~50,000円近くの支払いが必要ですよね。

エキサイトMEC光の場合は、新規工事費が完全に無料ですので、安く契約できます。契約時と契約後のどちらも安くてお得なので、戸建てでネット回線を契約するなら、エキサイトMEC光がおすすめです。

月額料金(マンション)がお得なのはauひかり

auひかり 商標

マンションタイプでお得なのがauひかりです。2年契約のタイプVの月額料金は4,180円で、ほかのネット回線よりも安いほうに分類されます。

もともとの月額料金が安いのももちろん、auひかりはキャッシュバックとスマホ割引があるので、総合的に安くなりますよ。

スマホ割引に関しては毎月1,100円が割引きされるので、2年契約で考えると26,400円お得です。

キャッシュバックは代理店の『株式会社NEXT』が実施しており、最大で55,000円も貰えます。マンションタイプの月額料金約13ヶ月分の金額が貰えるので、13ヶ月分の月額料金が無料とも考えられますよね。

このように、元から安い月額料金とお得な特典を組み合わせれば、さらに得することが可能です。

通信速度が速いのはNURO光

nuro 商標

NURO光は最大通信速度2Gbpsなので、一般的なネット回線よりも速いのは有名です。そんなNURO光には、最大通信速度10Gbpsのプランも存在します。

2Gbpsよりも5倍の速さになりますので、速さを求める方にはピッタリですよ。それではNURO光10Gプランの実測値を見てみましょう。

最大通信速度は使用しているネット環境によって変わるので、必ず10Gbps出ることはほとんどありません。それを踏まえた上で考えても、実測値の960.04Mbpsという数値はとても速いです。

NURO光の平均実測値は下記の表の通りなので、平均を大きく上回る数値だと一目でわかりますよね。

NURO光
nuro光ロゴ
平均通信速度下り:492.37Mbps
上り:447.99Mbps

契約期間の縛りや違約金が少ないのはぷらら光

plala 商標

ぷらら光はネット回線の中でも珍しく、契約期間の縛りがない回線です。長期的な契約しかない会社が目立つので、いつでも解約できるぷらら光は唯一無二と言えますね。

契約期間の縛りがないため、違約金がかからないのも特徴です。短期利用でも十分使える性能ですので、縛りがないものを探している方にピッタリです。

また、マンションタイプに関しては月額料金が3,960円で、4,000円を切るのも魅力的ですよね。特に一人暮らしの方にピッタリです。

さらに、IPv6対応のwifiルーターも無料でレンタルできます。55,000円のキャッシュバックも実施しているので、気になる方はチェックしてみて下さいね。

 

キャッシュバックなどキャンペーンが手厚いのはドコモ光(GMOとくとくBB)

GMOとくとくBB 特典

ドコモ光はプロバイダーを自由に選べるので、自分で好きな会社を選択できます。その際におすすめなのが、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは特典が豊富に用意されているため、お得に契約したい方は満足できますよ。主な特典やキャンペーンは下記の通りです。

  • 新規工事費が無料
  • 20,000円キャッシュバック
  • 2,000dポイントプレゼント
  • IPv6対応のwifiルーター無料レンタル
  • 他社からの乗り換え違約金を20,000円負担
  • 訪問サポート1回無料
  • インターネットセキュリティ『McAfee』1年間無料

この通り、無料のサービスやお得な特典に恵まれています。他社からの乗り換えにかかる費用も負担してくれるので、乗り換えしやすいですよね。

新規と乗り換えどちらでも満足のいく内容ですので、ドコモ光のプロバイダーはGMOとくとくBBを選びましょう。

 

サポートの評判がいいのはドコモ光

ドコモ光 商標

サポートに関しては、大手の会社が安定して良い評価を貰っています。その中でも特に、ドコモ光のサポート対応は親切だという声が多かったです。

まずはこの口コミをご覧下さい。

このユーザーはIPv4からIPv6接続に変更しようと、不明点をサポートへ聞いています。その際の対応が親切だったと投稿しているので、親身になってアドバイスを行ったことがわかりますよね。

このようなサポート対応をしてくれるのなら、契約後も安心です。続いてはこちらです。

こちらはwifiルーターに不具合が起きたようで、ネットが繋がらなくなってしまったようです。ドコモ光のサポートへ相談したところ、モバイルルーターを送ってくれました。

モバイルルーターがあればwifiを繋げられるので、ユーザーにとって安心感がありますよね。相談した3日後というのもポイントで、迅速な対応をしてくれたことがわかります。

このように、ドコモ光のサポートは親切で対応が早いようです。

ネット回線のおすすめの選び方3つ

ネット回線のおすすめの選び方3つ

ネット回線を選ぶ際には、いくつかチェックしておくべき項目があります。契約する一歩手前で気が付くとネット回線選びが振り出しに戻ってしまうので、あらかじめ確認しておきましょう。

特に提供エリアは必ず確認して下さいね。

提供エリアを確認する

ネット回線を契約する前に必ず確認しなければならないのが、自分が住んでいる場所は提供エリア内かどうかです。目当てのネット回線があったとしても、提供エリア外であれば契約できません。

例えば、青森県在住の方が「NURO光を契約したい」と検討していたとします。しかし、NURO光は青森県どころか、東北地方が対応エリア外です。

このように、需要と供給がマッチしなければネット回線が利用できませんので、きちんと確認しておく必要があります。

ただ、一部のエリアに限られているネット回線は、全国的にエリア拡大を図っています。将来的にエリアが拡大される可能性は十分あるので、それまでほかのネット回線で代用しておきましょう。

実質料金を比較する

実質料金は、月額料金や初期費用、割引額などを契約期間で割ると出てきます。キャッシュバックも含めて計算するので、計算式で表すと下記の通りです。

(月額料金+オプション代-割引額)×契約期間+初期費用-キャッシュバック

このように、ネット回線は月額料金が安いからと言って、総合的に安いとは言えません。キャッシュバックやスマホ割引などがあると実質料金が下がるため、月額料金だけで判断するのはもったいないですよ。

ネット回線を選ぶ際に、スマホ割引やお得なキャンペーンを重視する方がいます。そのような方は、賢いネット回線選びをしていると言っても良いでしょうね。

それぞれ比較する際は、面倒と思わず実質料金を調べてみて下さいね。

通信速度は平均値や口コミを確認する

通信速度の落とし穴は、公式サイトに記載がある最大通信速度を鵜吞みにしてしまうことです。実際に使ってみるとわかりますが、最大通信速度が出ることはほとんどありません。

ユーザーのネット環境などのに左右されるため、実測された平均値を比較する必要がありますよ。

また、1番信頼できるのは、利用者の口コミです。Twitterを使えば簡単に口コミが見つかりますので、気になるネット回線がある場合はチェックしてみましょう。

例として、auひかりの口コミを探すと下記のような投稿があります。

実際に速度の速さが気になる方にとっては、こちらの投稿は参考になりますよね。きちんと画像付きで投稿されているので、信頼度もアップします。

様々なワードを入れると検索に引っ掛かるので、気になった方は試してみましょう。

ネット回線のおすすめの申し込み方法

ネット回線のおすすめの申し込み方法

ネット回線は様々な方法で申し込みが可能です。自分の都合に合わせた申し込みができるので、どれが良いのか確認してみて下さいね。

主にWeb上での手続きが多いものの、やはり店頭での申し込みも人気です。どれが1番良いのか、それぞれ見ていきましょう。

Webサイトからの申し込み

主流となりつつありますが、Webサイトからの申し込みが1番楽に申し込めます。自宅や職場のどこでも申し込みが可能なので、忙しい方や休みが取れない方でも安心です。

わざわざ店舗へ行く必要がないので、交通費も浮きますよね。

また、店舗に予約なしで行くと待ち時間が発生し、長くても1時間程度待たされる可能性もあります。店舗状況によっては予約しても待たされることがあるため、Web予約のほうが楽ですよね。

手軽に申し込めるので、Web申し込みがおすすめです。

家電量販店からの申し込み

家電量販店での申し込みで良いポイントを挙げるとするならば、店員に質問やアドバイスを貰いながら契約できるという点です。

どうしてもネット回線は専門用語が多く、詳しくない方にとっては解説が必要ですよね。家電量販店であれば詳しい店員が対応してくれるので、不安な所は全て解消してくれますよ。

ただ逆を言うと、店員から専門用語を駆使されて、不要なオプションに加入させられることもあります。「これを付けておけば大丈夫」などと詳しい店員から説明されると、必要だと思ってしまいますよね。

初心者の方にとって家電量販店が心強い反面、営業される可能性があるのも事実です。

ドコモショップなどの窓口からの申し込み

ショップがある会社であれば、窓口での申し込みも可能です。家電量販店と同じくショップ店員と相談しながら申し込めるので、安心感はありますよね。

しかし、対応してくれるまでの待ち時間が発生するので、時間がない人にはおすすめできません。申し込みだけでなく契約後のトラブル、機種変更など全ての業務を窓口で取り扱っています。

物理的に利用者が多いため、予約をしたとしても時間通りにいかない可能性が高いですよね。スケジュールが全く読めない状況になりますので、時間に余裕を持ってショップへ行きましょう。

ネット回線は「Webサイト」から申し込むのがおすすめ

ネット回線は「Webサイト」から申し込むのがおすすめ

家電量販店やショップよりも、Webサイトで申し込んだほうが良いです。理由は楽さに加えて、お得な特典があるからです。

例えば、家電量販店は人件費が発生しているため、キャッシュバックの金額が少なくなっています。その点Web申し込みは人件費がかからないので、貰える金額が高額です。

同じキャッシュバックでも、金額が多く貰えたほうが良いですよね。手続きが楽なのとお得な点を考えると、Webの申し込みがおすすめです。

ネット回線のおすすめの申し込み手順

ネット回線のおすすめの申し込み手順

Webサイトでの申し込み手順を説明しますので、気になる方は確認してみて下さいね。特に難しい手順はありませんので、安心して下さい。

申し込むネット回線の公式サイトにアクセスする

まずは申し込むネット回線を決めたら、公式サイトにアクセスしましょう。サイトの上部や目立つ所に「お申込み」などの文言があるので、それをクリックすれば申し込みページに飛びます。

個人情報やプランを入力して申し込む

申し込みページにアクセスしたら、個人での利用か法人での利用かを選択します。そのあとは名前や電話番号、住所などを入力しましょう。

また、ネット回線を設置する住所は、間違えずに入力しましょう。申し込みが上手くいかないと工事の日程も後ろにズレてしまうので、入力したら必ず見直して下さいね。

プランやオプションも同時に選択し、希望に沿うように進めましょう。

開通工事の日程を決める

個人情報やプランを選択したら、次は開通工事の日程を決めましょう。開通工事はネット回線業者とのスケジュール調整が必要なので、希望日を複数挙げることになります。

例として、fon光の希望日選択画面を見てみましょう。

fon光 希望日

画像引用:fon光

このように、希望日を複数提案します。注釈にもある通り、ネット回線業者はスケジュールが詰まっていて、希望日に添えないことがあります。

工事日が希望日に合わないと、ネット回線が使えない状態が何日か続きますよね。特に引っ越しのシーズンはこのようなトラブルが起きやすいので、早めに申し込むことが大切です。

工事に立ち会う

業者とスケジュールを調整したら、工事に立ち会いましょう。立ち合いは必ず契約者本人が対応しなければならないので、予定を空ける必要があります。だいたい時間は1時間程度です。

注意点として、土日休日に工事を依頼すると、工事費が追加されることがあります。依頼する方が多いので、時間も遅れたりする場合もありますよ。

工事日を決めて立ち合いするなら、平日がおすすめです。

初期設定をして利用開始

工事が完了したら、モデムとwifiルーターを接続しましょう。もし、有線でwifiを利用するならば、LANケーブルが必要です。

有線で繋げれば通信が安定しますので、動画やゲームをするなら有線で設定しましょう。

また、無線接続であれば、LANケーブルが不要なので部屋がスッキリします。部屋の電波が届く範囲であれば移動してもwifiが使えるので、部屋が広い方におすすめです。

設定としては、接続する端末のwifiをONにして、表示されたネットワークの中から自分が使うものを選びます。wifiルーターに記載されているSSIDとパスワードを入力すれば、接続完了です。

ネット回線おすすめに関するよくある質問

ネット回線おすすめに関するよくある質問

こちらでは、おすすめのネット回線に対する良くある質問を紹介します。ネット回線は種類が多いため、自分に合うものがあるのか不安ですよね。

そのような不安からか、具体的な利用用途別に、おすすめのネット回線を知りたい方が多い印象です。工事の必要性なども含めて、7つの質問をご覧下さい。

ネット回線には工事が必要?

ネット回線を利用するならば、工事は必要です。室内でネット回線を利用するために、光ファイバーケーブルを引き込む必要があります。

光ファイバーの引き込みをしないとネット回線を利用できませんので、どうしても工事をする必要があります。

建物によってはネット回線が通せない場合があるので、申し込みを入れる前に確認して下さいね。

それから、もし回線工事が必要になった場合、無断で工事を行うことは避けましょう。あらかじめ物件のオーナーや管理会社へ連絡し、工事をする報告と許可を貰って下さいね。

無断で工事を行うとトラブルに繋がりますので、ネット回線を申し込む前に確認しておきましょう。

田舎でも使えるネット回線は?

ネット回線によっては、提供エリアが狭いことがあります。例を挙げると、NURO光やコミュファ光などで、対応しているのは都心部や一部地域のみです。

田舎に対応していないネット回線がありますので、田舎でも使えるネット回線を申し込みましょう。

基本的にauひかりやドコモ光、ソフトバンク光などの大手キャリアが運営しているものは、全国的に使えるようになっています。田舎でも問題なくネットが利用できますので、おすすめですよ。

また、フレッツ光も全国エリアが対象ですので、検討してみて下さいね。田舎でも使えるのは下記の通りです。

  • auひかり
  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • ビッグローブ光
  • 楽天ひかり
  • ぷらら光
  • OCN光
  • フレッツ光

一人暮らしにおすすめのネット回線は?

一人暮らしでおすすめなのは、auひかりやエキサイトMEC光です。月額料金が安いので、一人暮らしの学生や社会人にピッタリだと考えられます。

一人暮らしであまりお金をかけられない方も多いので、安いに越したことはないですよね。キャンペーンも豊富であれば、検討する価値はあります。

また、auひかりはスマホの割引も適用できるので、スマホ料金も安くできます。ネットとスマホが安くできるチャンスですので、ネット回線を選ぶなら総合的に安くなるものがおすすめです。

ゲーム利用におすすめのネット回線は?

ゲームをする際におすすめなのが、NURO光です。ゲームをするには、通信速度と安定性が重要ですよね。NURO光は最大通信速度2Gbpsで、IPv6接続も使えます。

速度が速いだけでなく安定性も高いので、特にオンラインゲームをするときにおすすめですよ。平均の実測値も申し分のない速さですので、速度に関して不満を抱くことは少ないでしょうね。

平均通信速度下り:492.37Mbps
上り:447.99Mbps

ラグも少ないため、ゲーム中に落ちたりフリーズしたりするのも少ないですよ。

申し込んでからどれくらいで使える?

ネット回線は申し込んですぐに使えるわけではありません。申し込みしたあとは、工事日の設定が必要です。工事日はネット回線業者と調整する必要があるため、希望日に沿える可能性は低いです。

そのため、申し込んでから長くて1~2ヶ月かかることもあります。引っ越しのシーズンである12~3月は特に忙しいため、回線が使えるようになるまで長いと思っておきましょう。

すぐに使えるようにしたいのであれば、混み合わない時期を避けることが重要です。

ネット回線は解約する時も工事が必要?

これに関しては、回線業者と物件オーナーの意向に左右されます。回線業者で言えば、auひかりの『auひかり ホーム』を解約する場合、必ず工事が必要です。

撤去費用は28,800円と高額な値段がかかるため、契約する場合は念頭に置いておきましょう。

ただ、それ以外のネット回線は、撤去工事が不要になることがほとんどです。基本的に「お客様のご要望がある限り、撤去します」といったスタンスなので、撤去しなければ費用は発生しません。

また、物件のオーナーからすると、回線工事済みとして物件の募集が出せます。入居者にとっても嬉しい工事済みなのは嬉しいポイントですので、撤去しないパターンが多いですよ。

もし物件のオーナーや管理会社から撤去の指示があった場合は、素直に従いましょう。

工事不要で使えるネット回線もある?

ネット回線は新規で導入する場合、必ず工事を行います。もともと工事をしていた方がほかに乗り換える場合は必要ありませんが、新規なら必要です。

物件によっては既に回線工事が済んでいるパターンがありますので、その場合は工事不要ですよ。工事費は会社によって高額なので、できるだけ払いたくないですよね。

どうしても工事がしたくない、あるいは工事ができない物件の場合は、ホームルーターやポケット型wifiを使いましょう。

工事不要で申し込んでから2日程度で使えますので、検討してみて下さいね。

まとめ:ネット回線のおすすめは「ドコモ光」

まとめ:ネット回線のおすすめは「ドコモ光」

ネット回線を選ぶ際に重要なのは、速度や割引特典を含めた実質料金や、ユーザーの口コミです。それらを総合的に判断すると、ドコモ光が優秀だと考えられます。

なんと言ってもキャンペーンが豊富で、実質料金が下げられます。サポート対応への口コミも良いものが多く、契約後も安心して利用できますよね。

ただ、ネット回線は自分の利用用途に最も合っているものを選ぶべきです。

当サイトおすすめの「Fon光」は今なら工事費実質無料で、更にAmazonギフト券最大20,000円分がキャッシュバックされるので、Amazonユーザーであればかなりお得にスタートできます。

様々な会社を比較してきたので、表などを参考に、良いネット回線を選んで下さいね。