おすすめの回線光回線

法人向けのおすすめ光回線5選-個人契約との違いや事業者の選び方を解説-

法人契約向けの光回線は、選ぶポイントが個人契約とは異なります。この記事では、法人向けの光回線の選び方や個人契約との違いをまとめました。おすすめの光回線を5つ厳選しましたので、参考にしてみてください。

↓当サイトおすすめの光回線3選↓

OCN光

ocn 表用

ドコモ光

BIGLOBE光

biglobe 表用

月額料金(戸建て・マンション)戸建て:5,610円~
集合住宅:3,960円~
戸建て:5,720円~
集合住宅:4,400円~
戸建て:5,698円~
集合住宅:4,080円~
固定IP利用可能利用可能利用可能
法人向けの請求書可能可能なし
IPv6対応の有無対応対応対応
提供エリア全国全国全国
  1. 光回線の個人契約と法人契約の違いは?
    1. 固定IPアドレスが取得できるか
    2. セキュリティサービス
    3. サポート体制
    4. 通信速度の安定感
    5. 領収書発行の有無
  2. 法人向けの光回線の選び方-事前に知っておきたい比較ポイント-
    1. 月額料金の安さ
    2. 工事費用
    3. 提供エリアの広さ
    4. スマホとのセット割
    5. 最大同時接続台数
  3. 【厳選】法人向けの光回線5選-月額料金や同時接続台数などを徹底比較-
    1. OCN光:集合住宅用の契約ならお得!
    2. 法人向けOCN光の特徴:固定IPアドレスが最大16個まで取得可能!
    3. ドコモ光:ドコモスマホとセットでお得!
    4. 法人向けドコモ光の特徴:通信速度に定評がある光回線!
    5. BIGLOBE光:auスマホとのセット割がお得!
    6. 法人向けBIGLOBE光の特徴:IPv6対応無線ルータがもらえる!
    7. NURO Biz:インターネット以外にもサービスを受けられる!
    8. @nifty光:公式特典で初期工事費が実質無料!
    9. 法人向け@nifty光の特徴:サポート充実で安心!
  4. 法人向けの光回線を契約する際の注意点
    1. 法人契約できないプロバイダがある
    2. 登記簿謄本が必要な場合がある
    3. 月額料金が高額になりやすい
  5. 法人向けの光回線に関するよくある質問は?
    1. 法人向けの光回線にキャッシュバックはある?
    2. フレッツ光は法人契約できる?
    3. auひかりは法人契約できる?
  6. まとめ:法人向け光回線の種類はさまざま-利用目的に合う事業者を選ぼう-

光回線の個人契約と法人契約の違いは?

光回線の個人契約と法人契約の違いは?

光回線の個人契約と法人契約には、以下の5つの違いがあります。

個人契約と法人契約で大きく違う点は、セキュリティやサポート面です。個人契約との違いを理解して、正しく光回線を申し込みましょう。5つの違いについて、順番に解説します。

固定IPアドレスが取得できるか

法人での光回線の契約では、固定IPアドレスの有無が異なります。固定IPアドレスとは、機器ごとに割り当てられるIPアドレスが固定されるサービスです。法人契約では、固定IPアドレスを発行して、以下のような環境を構築できます。

  • VPNネットワークを構築
  • 社外から社内ファイルサーバーにアクセス
  • 社外からパソコンをリモート操作する
  • セキュリティの強化
  • Webカメラが利用できる

IPアドレスは、インターネット上の住所のようなものです。住所を固定すると、様々な利点があります。一方で、設定に専門知識が必要だったり、IPアドレス流入によるサイバー攻撃のリスクなど、デメリットもあります。IPアドレスを固定化する場合は、有料のオプション料金が発生します。IPアドレスを固定する場合は、専門家の見解を参考にすると良いでしょう。

セキュリティサービス

光回線を法人契約する場合、個人契約とはセキュリティサービスが異なります。個人契約ではあまり気にしないセキュリティサービスですが、法人契約の場合は重要なオプションです。

企業の情報は、インターネットに接続している限りは常にハッカーからの攻撃リスクに晒されています。顧客情報や機密情報が流出すれば、事業の存続に影響を与えかねません。法人契約では、サイバー攻撃のリスクを検知してブロックするようなセキュリティサービスの利用がおすすめです。申し込みを検討しているプロバイダに、セキュリティサービスが存在するかチェックしてみましょう。

サポート体制

個人契約と法人契約では、サポート体制の重要性が異なります。緊急時やトラブル発生時にすぐに対応してくれるプロバイダを選ぶのがポイントです。実は、法人向け契約では、緊急時のサポート体制が充実しています。インターネットに接続できなくなったり、技術的なトラブルが発生したりしたときに、いつでも対応してくれる回線を選びましょう。

法人向け回線の中には、24時間いつでサポートができる体制になっているプロバイダが多いです。インターネットのトラブルは、業務時間内に起こるとは限りません。そのため、夜間や休日にもサポートしてくれるようなプロバイダを選ぶことをおすすめします。

通信速度の安定感

法人契約できる光回線では、通信速度が安定する必要があります。不安定な通信回線では、業務効率の悪化に繋がりかねません。そのため、ビジネスの場では、業務に支障が出ない通信速度が求められます。法人向けの光回線の中には、下り最大1Gbpsや2Gbpsを公称しているものが多いです。

ビジネスの場では、テレビ通話や大容量データ通信にも耐えられるような通信速度が求められます。安定通信ができる光回線を選択できるよう、回線について事前に評判を調べておくのがおすすめです。

領収書発行の有無

法人契約で光回線を契約する場合は、領収書を発行できる場合があります。領収書は、経費計算の際に必要です。法人向けの光回線では、このようなニーズに応えるべく、法人名義での領収書発行に対応しています。

領収書の発行方法や発行形式は、プロバイダによってさまざまです。中には、領収書を発行できないプロバイダも存在します。その場合は、請求書での代用を検討してみましょう。検討中の回線が対応している発行方法を調べて、経理担当者に問題の有無を確認しておくと安心です。

法人向けの光回線の選び方-事前に知っておきたい比較ポイント-

法人向けの光回線を選ぶときに注目するポイントをピックアップしました。初心者でも失敗しないよう、どんなポイントを見て選ぶべきか解説します。契約後に困らないように、事前に光回線選びのポイントについて理解しておきましょう。知っておきたい比較ポイントは以下の5つです。

5つそれぞれの詳細について、解説します。

月額料金の安さ

法人向けの光回線を選ぶときに、注目する点は月額料金の安さです。月額料金は、原則として毎月発生します。会計項目上はコストになりますので、利益に影響するでしょう。安い月額料金の光回線を契約できれば、毎月の固定費削減につながります。そのため、月額料金には注目するようにしてください。

光回線の中には、大型キャッシュバックキャンペーンを実施していたり、最初の数ヶ月間の費用が割引されるなど、キャンペーンを展開中です。同じ光回線を利用するのであれば、少しでも費用を抑えたいのではないでしょうか。プロバイダごとに割引キャンペーンやキャッシュバックを用意していますので、どのプロバイダが安いのか比較してから申し込みしてください。

工事費用

工事費用とは、光回線をオフィスや社屋に引き込んで、社内で利用できるようにするための工事です。「開通工事」や「光回線工事」などと呼ばれています。今まで光回線を使っていない場合は、新規で工事が必要です。工事費は、プロバイダによって異なります。また、工事の内容によって工事費が大きく違うことも。プロバイダの中には、工事費を無料にするキャンペーンを展開している会社もありますので、活用するのがおすすめです。

一方で、既に光回線を利用している場合は、工事が不要になるケースがあります。例えば、光コラボから別の光コラボに乗り換える場合は、工事は不要になる可能性が高いです。今の回線と乗り換え先の回線を把握して、自分の場合は工事が必要なのか確認するようにしてください。

提供エリアの広さ

光回線は、提供エリアが限定される回線が存在します。そのため、検討中の回線が、会社の所在地で利用できるか調査が必要です。例えばBBIQ光は九州地区でのみサービスを展開しています。サービス提供エリア外の人は、申し込みができません。同様に、メガエッグは、中国地方限定の光回線です。こちらも、関東や関西などで利用したい場合は、申し込みができません。

サービス提供エリアは、公式WEBサイト上に記載があります。申し込む前に、検討中の光回線がどの都道府県でサービスを提供しているか調べておきましょう。また、サービス提供エリア内であっても、一部の山間部や特定のエリアでは利用できないケースがありますので、注意が必要です。

スマホとのセット割

光回線の中には、光回線と指定のスマートフォンまたはケータイを契約していると、ケータイ料金が割引されるサービスがあります。例えば、ドコモ光とドコモのスマホを所有していると、両方契約している期間はずっと毎月1,100円(税込)がスマホ料金から割引されます。このサービスが、「セット割」です。実際のサービス名は、キャリアやサービス提供会社によって異なります。

セット割は、個人契約はもちろん、法人契約でも適用可能です。条件を満たしているだけで、毎月一定額が割引されます。特に回線にこだわりが無ければ、スマホとセットで利用できる回線を選択するのがおすすめです。適用条件や割引金額は、キャリアによって異なります。詳しくは、WEBサイトのキャンペーン情報を参照してみてください。

最大同時接続台数

最大同時接続台数とは、1度に接続できる通信デバイスの数の上限です。この数字が多いほど、一度に多くの利用者がインターネットにアクセスできます。光回線では、基本的に接続台数の制限は設けていません。一方で、無線LANルーターには制限がある場合が多いです。

無線LANの環境を構築して、社内でインターネットを楽しみたい人も多いでしょう。無線LANを利用するためには、ルーターの設定が必要です。ルーターは、機種によって接続できる端末台数が異なります。一般的には、社内に複数のルーターを設置して、最大接続台数を増やす方法が主流です。社内全体での接続台数を考える際には、来客用に余裕を持った上限数の設定がおすすめです。

合計の最大同時接続台数は、少人数の会社であれば、従業員数の2倍ほどまで接続できれば十分でしょう。

【厳選】法人向けの光回線5選-月額料金や同時接続台数などを徹底比較-

OCN光

ocn 表用

ドコモ光

BIGLOBE光

ビッグローブ ロゴ

NURO Biz

@nifty光

月額料金(戸建て・マンション)戸建て:5,610円~
集合住宅:3,960円~
戸建て:5,720円~
集合住宅:4,400円~
戸建て:5,698円~
集合住宅:4,080円~
5,200円~戸建て:5,720円~

集合住宅:4,378円~

固定IP利用可能利用可能利用可能利用可能利用可能
法人向けの請求書可能可能なし可能可能
IPv6対応の有無対応対応対応対応対応
提供エリア全国全国全国北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、広島、岡山、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、滋賀、兵庫、奈良、京都、福岡、佐賀全国
セット割ありありありありあり
同時接続台数ルーターの仕様に依存ルーターの仕様に依存ルーターの仕様に依存ルーターの仕様に依存ルーターの仕様に依存
支払い方法クレジットカード、口座振替、請求書払いクレジットカード、代金引換払い、割賦販売契約約款に基づく割賦販売、電話料金合算払いクレジットカード、トカード、口座振替クレジットカード、口座振替、請求書払い口座振替、請求書払い

OCN光:集合住宅用の契約ならお得!

ocn 見出し

OCN光は、OCNと光回線が一体化した高速通信対応の光コラボレーション回線です。OCNは、NTTドコモの子会社が運営しているサービスです。そのため、安定したサービス提供が期待できます。

OCN光の料金は、戸建てタイプとマンションタイプで異なります。戸建てタイプは、月額料金が、5,610円です。一方で、マンションタイプであれば、月額料金は3,960円で利用できます。

OCN光は、NTT東・西日本のフレッツ光を利用していれば、工事費不要で乗り換えできます。乗り換えはWEBと電話だけで完結する簡単仕様です。マンションタイプを検討している人におすすめします。

法人向けOCN光の特徴:固定IPアドレスが最大16個まで取得可能!

OCN光は、OCNと光回線が一体化した高速通信対応の光コラボレーション回線です。法人契約の場合は、最大で16個の固定IPアドレスを取得できます。OCN光は、IPv6通信に対応しています。

OCN光は、戸建てタイプで契約する場合は、安くはありません。一方で、マンションタイプで契約する場合は、競合よりも安い価格を掲げています。マンションタイプであれば、月額料金が3,960円です。もし、光コラボやフレッツ光を利用していてOCN光に乗り換える場合は、お得に乗り替えできます。

OCN光の法人契約では、以下の3つのセキュリティオプションが用意されています。

  • ウイルスバスタービジネスセキュリティ(月額版)
  • OCN TMWSaaSタイプ
  • OCNセキュリティゲートウェイ

社内のセキュリティ強化のために、導入を検討してみましょう。

ドコモ光:ドコモスマホとセットでお得!

ドコモ光は、光コラボの回線です。フレッツ光と同じ通信回線を利用します。フレッツ光を利用している人は、お得にドコモ光へと乗り換えが可能です。ドコモ光には、ドコモスマホとセットで契約すると適用される「ドコモ光セット割」が存在します。ドコモ光セット割を活用すれば、スマホ回線1つごとに最大1,100円がスマホ代から割引されます。

セット割は、ドコモ光とドコモスマホを両方契約している限り継続されるサービスです。1年間で考えても13,200円がお得になります。ドコモのスマホを持っている人は、ドコモ光の申し込みを検討してみましょう。

法人向けドコモ光の特徴:通信速度に定評がある光回線!

ドコモ光の法人向けプランは、個人向けプランと同じ月額料金で利用可能です。法人名義で契約することで、光回線の利用料金を経費で落とせます。

ドコモ光の法人契約では、専門の担当者が付きます。回線に関するトラブルや相談があれば、個別に担当者が対応してくれます。加えて、ドコモ光は、法人専用のコールセンターが利用可能です。個人契約に比べて、より充実したサポート体制があります。ドコモ光の通信速度は評判がよく、安定した通信速度を求める人におすすめです。

BIGLOBE光:auスマホとのセット割がお得!

ビッグローブ光は、大手インターネットプロバイダのBIGLOBEが提供する光回線です。BIGLOBEはKDDIの関連会社になったため、auのスマートフォンとのセット割引が利用できます。BIGLOBE光は、全国で利用可能です。セット割が利用できる人におすすめです。

BIGLOBE光は、初心者にわかりやすいWEBサイトが特徴です。サイトだけでなく、スマホアプリも展開しています。お得なキャンペーンが用意されていますので、適用できるものが無いかチェックしてみましょう。

法人向けBIGLOBE光の特徴:IPv6対応無線ルータがもらえる!

法人向けBIGLOBE光は、会社・店舗のインターネットとしておすすめの光回線です。ファミリータイプは3,580円、マンションタイプは2,480円で利用できます。BIGLOBE光は、シンプルな料金形態です。ンライン上で見積書を発行できるため、社内稟議に活用できます。

複数の拠点に導入したい場合は、導入までのサポートが付きます。複数回線が必要な企業には、BIGLOBE光の専任の担当者がアサインされるようです。公式サイトによると、ビジネスを支えるインターネットとして多くの企業や自治体から選ばれてるとのこと。

NURO Biz:インターネット以外にもサービスを受けられる!

NURO光

NURO Bizは、法人専用のICTサービスの総です。NURO Bizが提供するインターネット接続サービスとして「NUROアクセス」が存在します。

NUROアクセスでは、固定IPが1つ発行されます。有料オプションで最大30個まで追加可能です。

また、インターネット以外にも、以下のようなサービスが受けられます。

  • NUROセキュリティ
  • NUROクラウド
  • NUROリンク 閉域網
  • NUROモバイル

特に、NUROセキュリティは、ウイルス対策、不正アクセス対策、サーバ攻撃対策、スパイウェア対策、迷惑メール対策などからコンピュータを守ってくれます。ソニーの高い技術力によって、安心のインターネットが期待できます。

@nifty光:公式特典で初期工事費が実質無料!

@nifty光は、niftyが提供する光コラボの光回線です。フレッツ光や光コラボからのお乗り換えでお得になります。@niftyの月額料金は、マンションタイプで4,378 円です。@nifty光は3年間契約なので、長期利用をする予定の人におすすめします。

@nifty光は、3年プランに新規で申し込むと、総額で最大23,760円が割引されます。回線工事費以上の割引額です。回線工事費が実質無料になると考えると、お得に契約できます。加えて、@niftyでは現在キャッシュバックキャンペーンを展開しています。条件を満たしたお客様に対して、最短2ヶ月でキャッシュバックを実施しています。

法人向け@nifty光の特徴:サポート充実で安心!

@niftyの法人向け光回線は、NTFTY BIZと呼ばれています。NIFTY BIZは、法人向けのサービスです。他の回線同様に、IPv6通信に対応しています。また、固定IPの取得も可能です。

NIFTY BIZでは、以下の2つのセキュリティオプションが用意されています。

  • 常時安全セキュリティ24
  • @niftyセキュアプライバシー

どちらも初月無料で利用できます。セキュリティに不安がある人は、@niftyのNIFTY BIZを検討してみましょう。

法人向けの光回線を契約する際の注意点

法人向けの光回線を契約する際の注意点

法人向けの光回線を契約する際には、いくつか注意点があります。申し込み後に焦らないよう、事前にチェックしておくのがおすすめです。プロバイダの中には法人契約に対応していなかったり、登記簿謄本の提出が必要なところがあります。

それぞれ、順番に説明します。

法人契約できないプロバイダがある

残念ながら、プロバイダによっては法人契約を受け付けていないことがあります。個人契約のみ受け付けているプロバイダでは、法人契約は基本的に受け付けてもらえません。法人契約を受け付けている場合は、WEBサイト上に法人に関する記載や案内が設けられています。

法人契約に関する記載がないプロバイダの場合は、電話やチャットで問合せが可能です。プロバイダによっては、法人契約希望だと分かると、適切な窓口を案内してくれます。ただし、自分が契約したい回線以外を案内される可能性が高いです。

気になる光回線・プロバイダがあれば、法人契約に対応しているか調べてから申し込みましょう。

登記簿謄本が必要な場合がある

光回線を法人契約するには、登記簿謄本が必要な場合があります。法人契約は、個人契約と比べて、提出書類が多いです。会社名義で申し込む場合、法人であることを証明する書類が必要になるかもしれません。

契約するプロバイダや回線によって、必要な書類は異なります。書類によっては、自治体に取り寄せをするケースもあります。取り寄せに時間が掛かる書類は、申し込みまでに準備しておけるとスムーズです。Webサイト上に、必要な書類の記載があります。早めに確認をして、必要書類を把握しておきましょう。

月額料金が高額になりやすい

法人の光回線は、利用料金が高額になりやすいです。ビジネス用のオプションサービスや管理費が発生するためです。例えば固定IPアドレスは、企業のセキュリティを高めるうえで有効かもしれませんが、毎月費用が発生します。他にも、サポートオプションや請求書発行手数料など、月々の費用に上乗せされるかもしれません。

何かあったときにビジネスを止めないためにも、法人向けオプションは重要です。ただし、プロバイダが提案してくる全てのオプションが必要なわけではありません。自社に必要なオプションとそうでないオプションを見分ける必要があります。

以上のような理由から、個人の契約よりも高額な料金が発生するケースがあります。申し込みの際は、個人契約より高額な費用が発生する点を覚えておきましょう。

法人向けの光回線に関するよくある質問は?

法人向けの光回線に関するよくある質問は?

法人向けの光回線に関して、よくある質問を紹介します。特によく見かける以下の3つの質問をピックアップしました。

それぞれの質問を回答とセットで解説します。

法人向けの光回線にキャッシュバックはある?

法人向けの光回線の中には、キャッシュバック対象の回線があります。光回線の契約特典として、業界内ではキャッシュバックが定番です。ただし、プロバイダや回線によって、条件が異なります。申し込む前に、Webサイト上で注意事項や適用条件を読んでおきましょう。

また、キャッシュバックは支払われるまでに時間がかかる場合があります。中には、契約開始後1年以上経たなければ支払われないプロバイダも。急いでいる場合は、なるべく早くキャッシュバックが受け取れるプロバイダを選ぶのがおすすめです。

フレッツ光は法人契約できる?

フレッツ光は、法人契約が可能です。会社名義または個人名義での契約ができます。フレッツ光は、法人契約すると「24時間出張修理オプション」が使える点がポイントです。早朝・夜間問わず、専門スタッフに相談できます。深夜のネット回線トラブルが起きた時、とても心強いサービスです。

https://business.ntt-east.co.jp/service/flets-hikari/enterprise.html

また、フレッツ光では、拠点間通信の管理・構築に対応しています。複数の拠点がある企業にとっては、大きなメリットではないでしょうか。

auひかりは法人契約できる?

auひかりは、法人契約が可能です。ただし、いくつか注意点があるため、紹介します。

提供しているプロバイダが限られています。au one net、ASHINET、BGLOBE、nifty、So-net、@TCOM、DTIの7社です。7社以外は、auひかりの扱いがありません。例えば光コラボやソフトバンク光と比べると、選択肢が少ない回線です。

auひかりは、フレッツ光やドコモ光と比較すると、利用可能エリアが限られます。申し込み前にエリア確認をして、地方でも問題なく通信できるか調べておくと良いでしょう。

auひかりで法人契約した場合は、電話回線が2回線までしか利用できません。小規模な飲食店や事務所であれば十分かもしれませんが、従業員が多い企業には向きません。必要な電話回線の数を予め確認しておくのがおすすめです。

まとめ:法人向け光回線の種類はさまざま-利用目的に合う事業者を選ぼう-

まとめ:法人向け光回線の種類はさまざま-利用目的に合う事業者を選ぼう-

今回は、法人向けの光回線を5つ紹介しました。法人向けの光回線は、個人向けとは異なる点が複数あります。セキュリティ面やサポート面で各社差別化を図っている印象です。

企業用インターネットには、IPv6や固定IPといったオプションが推奨されます。特に、セキュリティや社内ネットワークの構築のために、固定IPアドレスの取得は重要です。申し込む際は、固定IPアドレスについて確認した上での契約をおすすめします。

法人契約では、請求書払いを選択できるプロバイダがあります。光回線の利用料金を経費として計上できるため、活用できるのであれば請求書払いを選択するのがおすすめです。