おすすめの回線

一人暮らしのWi-Fiは皆どうしてるの?-引っ越し時に役立つ回線情報-

一人暮らしだと他の人がwi-fiをどうしているのか気になりますよね。

結論、どれくらいスマホやパソコンを使うかによって変わってきます。

毎月、wi-fiに接続しない状態で10GBも利用しないのであれば、wi-fiは不要でしょう。

少しでも通信制限やデータ容量が気になる方はwi-fiの導入を検討した方が良いです。

スマホのギガ数を減らしてwi-fiを契約すると、かえって安くなる場合があります。

ただ一人暮らしで契約できるwi-fiにも種類があるので、この記事で解説していきます。

この記事でわかること
・一人暮らしに使えるWi-Fiはこの5つ!
・一人暮らしに利用可能なWi-Fiの料金相場

・一人暮らしユーザーのリアルな意見
・一人暮らしで光回線を契約するメリット
・一人暮らしで光回線を契約するデメリット
・一人暮らしにおすすめの光回線5選

↓当サイトおすすめの光回線3選↓

ソフトバンク光
ソフトバンク光 ロゴ
Fon光
ドコモ光
ドコモ光ロゴ
運営会社ソフトバンクフォン・ジャパン株式会社ドコモ
月額料金
(マンション)
4,180円
(税込)
なし4,400円
(税込)
月額料金
(戸建て)
5,720円
(税込)
4,378円
(税込)
※戸建てプランのみ
5,720円
(税込)
工事費工事費無料工事費無料工事費無料
キャッシュバックなどのキャンペーン・乗り換え時の他社への違約金・撤去工事費を全額キャッシュバック
・24,000円キャッシュバック
・集合住宅の場合は1,000円×最大24ヶ月割引
Amazonギフト券
最大20,000円分を還元
ドコモ光1ギガ
お申し込みで
dポイントプレゼント

当サイトおすすめの光回線を見る

  1. 一人暮らし使えるWi-Fi環境はこの5つ:皆Wi-Fiはどうしてる?
    1. 光回線
    2. ポケット型Wi-Fi
    3. ホームルーター
    4. スマホのテザリング
    5. フリーWi-Fi
  2. 一人暮らしでWi-Fiはどうしてる?利用可能なWi-Fiの料金相場
    1. 光回線:4000円~6000円
    2. モバイル型Wi-Fi(WiMAX):3000円〜5000円
    3. ホームルーター:4000円~5000円
    4. スマホのテザリング:1000円~8000円
    5. フリーWi-Fi:0円
  3. 一人暮らしの人はWi-Fiはどうしてる?-一人暮らしユーザーのリアルな意見-
    1. ポケットWi-Fiの速度制限が気になり光回線へ変更
    2. WiMAX契約したけど速度も十分で快適!
    3. ホームルーターは在宅勤務でも十分の速度!
    4. 光回線はスマホとセット割ができるから案外高くない!
  4. 一人暮らしでもWi-Fiは光回線がおすすめできる-光回線を選ぶメリットは?-
    1. 無制限でデータ通信可能
    2. 速度の速い光回線はWi-Fiも速い
    3. 月額料金がポケット型Wi-Fiとほぼ同額or安い
    4. スマホとのセット割でさらにお得に
  5. 一人暮らしで光回線WiFiを使うデメリット‐この部分はイマイチ‐
    1. 回線工事に費用がかかる
    2. 引越す場合には引っ越し先で再度工事が必要
    3. 外での利用がメインなら意味が無い
  6. 一人暮らしでWi-Fiを利用するのにおすすめの光回線5選‐料金から速度まで比較-
    1. ソフトバンク光:ソフトバンク・ワイモバイルユーザーはここ!
    2. Fon光:下り速度2Gbpsの高速インターネット
    3. ドコモ光:ドコモユーザーはここ!
    4. auひかり:au・UQモバイルユーザーはここ!
    5. eo光:特典が豊富!
  7. 一人暮らしのWi-Fiに関するよくある質問は?
    1. 一人暮らしでWi-Fiは本当に必要?
    2. 工事不要のWi-Fiで一人暮らしにおすすめなものはある?
    3. アパートの一人暮らしだけどおすすめのWi-Fiはある?
  8. まとめ:1人暮らしのWi-Fiは工事が出来るなら光回線が一番おすすめできる

一人暮らし使えるWi-Fi環境はこの5つ:皆Wi-Fiはどうしてる?

一人暮らしに使えるwi-fiにはおもに5種類あります。

生活していく上で大変重要な役割になってきているwi-fi。
一人暮らしだと、家での時間が多くYouTubeやゲームなど、気づいた時にはスマホを触っていることも多いでしょう。

wi-fiがないとスマホの契約プラン次第では、すぐ通信制限にかかってしまいます。

ご利用環境に応じて、wi-fiの導入を検討してみましょう。

光回線

まず1番安定感のある光回線です。

光回線とは、光ファイバーを使って通信を送受信する回線のことを指します。

電磁波の影響を受けにくく、在宅ワークされている方や、大容量のオンラインゲームをされている方は光回線一択です。
インターネットを高速かつ、安定して利用したい方にもおすすめです。

デメリットとしては、工事方法が大掛かりなことです。

家まで直接線を引く必要があるので、工事は2時間から3時間ほどかかるケースがほとんどです。家の外も中も工事しなくてはなりません。

また工事費用や月額料金が高い場合があります。

できるだけ、工事費用が無料になる回線を選びましょう。

ポケット型Wi-Fi

ポケットwi-fiとは、ポケットサイズで持ち運びができる、wi-fiルーターになります。

近年使い勝手が良いことから、人気が出てきています。

ポケットwi-fiがおすすめな方は、至急wi-fiが欲しい(引越ししたばかりの方や出張の方)、持ち運んでwi-fiを利用したい方です。

メリットは月額料金もそこまで高いわけではなく、工事が不要なことです。工事がないので工事費用もかかりません。

急ぎでwi-fiが欲しい方は、時間帯や会社によっては当日配送されます。

デメリットは、速度やつながりやすさが光回線と比べると劣ってしまいます。

光回線は、直接有線を家に引き込むので安定した通信が可能です。

一方ポケットwi-fiは外の電波を拾って通信をおこなうので、場所によって速度やつながりやすさが変わってきます。

いずれにしても、速度やつながりを抜きにすると、どこでも使えるポケットwi-fiの便利さが合う方は多いでしょう。

ホームルーター

ホームルーターは工事不要で手軽に利用できるのがおすすめの置き型wi-fiです。

モバイルルーターと同じで、データSIMで通信をおこなっています。そのため、ルーターが届いたらコンセントに挿すだけで外の電波を拾ってインターネットが利用できるようになります。

モバイルルーターと違うのは、気軽に外へ持ち運びができない点です。

ただコンセントさえあれば持ち運べるので、例えば長期滞在する予定の宿泊施設のwi-fiが弱い場合は、ホームルーターを利用すると快適に利用できるようになるのでおすすめです。

工事が要らないですし、設定も非常に簡単なので一人暮らしの方はぜひ検討してみてください。

スマホのテザリング

スマホのテザリングはモバイル通信で利用します。

おすすめな方はスマホのデータ容量を無制限にされている方や、大容量のデータを契約している方です。

理由としては、スマホのテザリングもデータ容量を使います。

例えば、wi-fiが接続できないような場所でパソコンやタブレットを利用したい場合、スマホのテザリングを使えばどこでも簡単にインターネットが利用できます。

ただ、利用すればするほどデータ容量は減っていくので大容量のデータを契約していないとすぐに通信制限がかかってしまいます。

そのため、スマホのテザリングで通信をおこないたい方は、データ容量をしっかり確保しましょう。

そうすることで、wi-fiの契約は必要なくなります。

フリーWi-Fi

フリーwi-fiは誰でも無料で使えるwi-fiのことです。マクドナルドやスターバックス、コンビニなどで利用できます。

メリットは完全に無料なので節約につながりますし、いつでも利用ができるという点です。

デメリットはフリーwi-fiが利用できる場所に行かないと、利用ができないということです。

また速度やつながりが不安定な時もよくありますし、盗聴や覗き見をされる危険性もあります。

危険も考慮しながら利用しなくてはなりません。

大事な資料やデータが入っている端末などで接続することはあまりおすすめできません。

当サイトおすすめの光回線を見る

一人暮らしでWi-Fiはどうしてる?利用可能なWi-Fiの料金相場

一人暮らしのwi-fiって料金相場は大体どれくらいなのかな?

このような疑問を持たれている方も多いです。

相場観というのは節約する上で大切になってきます。

無駄な固定費は払いたくないですよね?

下記の相場をぜひ参考にしてください。

光回線:4000円~6000円

光回線の金額は、マンションと戸建てで変わってきます。

マンションはおよそ4000円台ほどで利用ができます。

戸建てはおよそ5000円台です。

マンションの場合、光回線がマンション自体に引き込まれていれば利用ができます。

工事が必ず必要になるので、契約する前に必ずマンションに確認を取るようにしましょう。

モバイル型Wi-Fi(WiMAX):3000円〜5000円

モバイルwi-fiの相場は、月額でおよそ3000円から5000円です。

3000円台であれば格安なモバイルwi-fiといえます。

モバイルwi-fiにはータ制限がついているプランも存在します。

もちろん無制限のプランもあるので、契約する前に自身がどれくらい利用するのか考えてから契約するようにしましょう。

ホームルーター:4000円~5000円

ホームルーターの料金相場は4000円から5000円となっています。

月額の料金は、さほど光回線やモバイルルーターと変わりませんが、工事が不要なので工事費用がかかりません。

光回線の工事費用の相場が20,000円から40,000円ほどとなっています。

無駄な出費を避けたい方にはおすすめです。

ただ、ルーター代がかかってしまう場合、月額料金にプラスで支払わなければなりません。

契約する前に、ルーター代はどうなるのか確認しておきましょう。

スマホのテザリング:1000円~8000円

この料金は現在のスマホの料金次第で変わってきます。

テザリングする際に別途かかる費用はほとんどありません。

先ほどお伝えしたとおり、大容量データで契約していると安心してテザリングが利用可能です。

毎月どれくらいのデータを使うのか調べて、大容量のデータでスマホを契約する場合と、いつものプラン+光回線やモバイルルーター料金で比較してみると選びやすいです。

例)①ahamo100GB 4,950円=4,950円
②ahamo 20GB 2,970円+ドコモ光(マンション)4400円=7,370円

①と②のように比較してみましょう。

自身のご利用環境に合ったものを選ぶと良いです。

※スマホのテザリングは、契約している携帯会社で利用できるかできないか変わってきます。事前に確認しておきましょう。

フリーWi-Fi:0円

フリーwi-fiは無料で利用可能です。

ただ、先ほどお伝えしたとおり、さまざまな危険が伴うことは覚えておきましょう。

当サイトおすすめの光回線を見る

一人暮らしの人はWi-Fiはどうしてる?-一人暮らしユーザーのリアルな意見-

実際に一人暮らししている人はwi-fiをどのようにしているか気になる…

このような悩みを持たれている方は必見です。

今回、SNSなどに挙がっていた声を実際に紹介していきます。

今後の検討材料として必ず役に立ちますので、最後までご覧ください。

ポケットWi-Fiの速度制限が気になり光回線へ変更

WiMAX契約したけど速度も十分で快適!

ホームルーターは在宅勤務でも十分の速度!

光回線はスマホとセット割ができるから案外高くない!

当サイトおすすめの光回線を見る

一人暮らしでもWi-Fiは光回線がおすすめできる-光回線を選ぶメリットは?-

一人暮らしでwi-fiを使いたいけど、光回線のメリットがわからない…

そんな方のために、光回線のメリットを解説していきます。

メリットを知っているだけで、今後の検討材料になりますので最後までご覧ください。

無制限でデータ通信可能

光回線は、データに制限がないので通信制限の心配や、使いすぎてしまう心配をしなくて良いのが特徴です。

節約思考が高い方は、スマホの容量は少なめにして外での利用はできる限り控えめにしています。

自宅(wi-fi環境下)で動画の視聴やダウンロードなどをすることでwi-fiにかかる費用は変わりませんが、スマホのデータ容量にかかる費用は安くなるので非常におすすめです。

速度の速い光回線はWi-Fiも速い

光回線はwi-fiの速度とつながりが安定しています。

wi-fiを契約しているのに、つながらないのは死活問題ですよね。

近年、光回線の速度は速くなっており、1Gのプランが一般的になってきました。

それ以上の速度を求める方は、5G、10Gと契約ができる会社も出てきています。

大容量のデータを送受信する方や、オンラインゲームを頻繁にする方は光回線を強くおすすめします。

月額料金がポケット型Wi-Fiとほぼ同額or安い

光回線の月額料金とポケットwi-fiや、ホームルーターの料金を比較した時にそこまで変わらない、または光回線の方が安い場合があります。

これは意外に思った方も多いはずです。

ポケットwi-fiは、小さくて便利が良いので勝手に安いものだと勘違いしている方が多いのです。

ですので、一人暮らしの方で光回線を引けるのに、ポケットwi-fiを契約している方は光回線の導入も検討してください。(特に現状のネット環境に不満を持たれている方)

スマホとのセット割でさらにお得に

スマホと光回線の支払い先をまとめることで、セット割が適用され月々の支払いがお得になります。

特に大手キャリアは特典として割引が適用できます。

大手キャリア以外の方は、現在の契約しているスマホ会社にセット割がないか確認してみることをおすすめします。

会社によって変わってきますが、スマホ1台あたり500円から1000円近く割引してくれます。

当サイトおすすめの光回線を見る

一人暮らしで光回線WiFiを使うデメリット‐この部分はイマイチ‐

一人暮らしでwi-fiを使いたいけど、光回線のデメリットを知りたい…

光回線を検討しているのであれば、デメリットは必ず目に通しておきましょう。

デメリットを知らずに契約してしまうと、損をしてしまう可能性が高いです。

下記でデメリットについて解説していきます。

回線工事に費用がかかる

光回線は工事が必ず必要です。

戸建ての方は外の幹線から、家の中まで引き込む必要があります。

マンションの場合は、光の線が導入済であれば問題ないのですが、まだ引き込まれていない場合は外の工事も中の工事も必要です。

いずれにしても、中の作業は必須なので覚えておきましょう。

回線の工事費用の目安は20,000円〜40,000円ほどとなっています。

ただ会社によってはキャンペーンなどで無料にしてくれることも多いです。

光回線で気になる会社があれば、キャンペーンなどはないか確認してみましょう。

こちらの記事では後ほど光回線のおすすめを紹介しますが、そちらの会社であれば工事費用は実質無料です。

ぜひ参考にしてくださいね。

引越す場合には引っ越し先で再度工事が必要

引越し先でも引き続き光回線を利用することもあるはずです。

その際は、再度工事が必要です。

工事費用などは、免除してくれる会社が多いのですが念の為確認しておきましょう。

注意点としては、エリアによって光回線が契約できない場所もあるので、事前に確認することをおすすめします。

外での利用がメインなら意味が無い

外で利用することが多いのであれば、光回線は意味がありません。

光回線を引き込んで、ルーターが届く範囲しか利用ができないからです。

外での利用がメインならポケットwi-fiがおすすめです。

当サイトおすすめの光回線を見る

一人暮らしでWi-Fiを利用するのにおすすめの光回線5選‐料金から速度まで比較-

 

メリットやデメリットについて理解できたが、おすすめの会社を教えて欲しい。

一人暮らしだとwi-fiをどこの会社で利用するか悩みどころです。

下記の会社であれば、安定した通信が可能なのでおすすめです。

ソフトバンク光
ソフトバンク光 ロゴ
Fon光
ドコモ光
ドコモ光ロゴ
auひかり
auひかり
eo光
eo光
運営会社ソフトバンクフォン・ジャパン株式会社ドコモau株式会社オプテージ
月額料金
(マンション)
4,180円
(税込)
なし4,400円
(税込)
4,180円
(税込)
3,436円
(税込)
月額料金
(戸建て)
5,720円
(税込)
4,378円
(税込)
※戸建てプランのみ
5,720円
(税込)
5,720円
(税込)
5,448円
※1年目は
3,280円
工事費工事費無料工事費無料工事費無料工事費無料工事費無料
キャッシュバックなどのキャンペーン・乗り換え時の他社への違約金・撤去工事費を全額キャッシュバック
・24,000円キャッシュバック
・集合住宅の場合は1,000円×最大24ヶ月割引
Amazonギフト券
最大20,000円分を還元
ドコモ光1ギガ
お申し込みで
dポイントプレゼント
他社からの
違約金還元
・月額料金割引
・商品券プレゼント
・Wi-Fi中継機の月額料金最大2年間割引
・違約金還元
・無線LANルーターを1年間割引

ソフトバンク光:ソフトバンク・ワイモバイルユーザーはここ!

ソフトバンク光はスマホがソフトバンクとワイモバイルのユーザーにおすすめです。

理由としては、スマホとのセット割があからです。

毎月1台あたり最大1,100円のスマホ代が割引されます。

最大10回線まで登録可能なので、中にはスマホとのセット割でwi-fi料金を実質無料で利用できている方も多くいます。

またソフトバンク光に契約すると、外でもwi-fiにつなげる「BBモバイルポイント」のIDが1つ無料でついてきます。

このおかげで外でのwi-fiも利用できるので、通信制限に悩む心配がなくなります。

Fon光:下り速度2Gbpsの高速インターネット

Fon光は速度に定評のあるNURO光と同じ通信回線を使用しているので、高速通信を叶えたい方におすすめです。

また、2Gbpsで月額4,378円(税込)と高コスパなのも魅力の一つです。

工事費用も実質無料ですし、今ならキャンペーンでAmazonギフト券が最大20,000円分もらえます。

唯一のデメリットは、マンションプランが存在しないので戸建ての方限定になります。

ドコモ光:ドコモユーザーはここ!

ドコモ光はスマホがドコモの方にオススメです。

ドコモ光とドコモのスマホをセットにすることで、1台あたり最大1,100円の割引が永年適用されます。

また離れて暮らしている方も対象になるので、全て紐づけるとかなり節約につながります。
主回線から3等身までの家族なら、誰でも20回線まで登録できます。

テザリングももちろんできますし、ドコモの幅広いエリアでの通信も魅力です。

auひかり:au・UQモバイルユーザーはここ!

au光はauとUQモバイルにてセット割引が適用されます。(最大10回線まで)

スマホがauかUQモバイルの方は、au光が1番おすすめです。

速度も安定してIPv6にも対応しているため、快適にインターネットを利用できます

新規工事費用は無料になっていますし、特典で他社からの違約金の補填などもついてくるので乗り換えがしやすい会社の1つです。

eo光:特典が豊富!

eo光は関西の大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山と福井県(一部地域のみ)に提供している光回線会社です。

関西にお住まいの方は大変おすすめです。

おすすめな点は特典の豊富さです。

他社からの違約金を6万円まで負担してくれたり、工事費用も無料になったりと乗り換えがしやすい特典があります。

また光テレビも一緒に申し込めるので、専門チャンネルを一緒に申し込みたい方や、現在他社で専門チャンネルを利用している方は、まとめることで節約につながる可能性があります。

速度も最高10Gbpsまで対応しているので、オンラインゲームを頻繁にする方にもおすすめです。

工事までの期間は戸建ての方で1ヶ月ほどとなっており、マンションの方は2〜3週間ほどとなっています。

引越しが多い時期はかなり混み合うので、申し込む際は早めに行動しましょう。

一人暮らしのWi-Fiに関するよくある質問は?

一人暮らしのwi-fiに関するよくある質問をまとめました。

今後の検討材料にしてくださいね。

一人暮らしでWi-Fiは本当に必要?

一人暮らしであれば、wi-fiは必要ないのでは?と思う方も多いです。

結論、どれくらいスマホやパソコンを使うかによって変わってきます。

毎月、wi-fiに接続しない状態で10GBも利用しないのであれば、wi-fiは不要でしょう。

もし10GB以上利用していて、通信制限などに悩んでいる方はwi-fiの導入を検討した方が良いです。

スマホのギガ数を減らしてwi-fiを契約すると、かえって安くなる場合があります。

まずは、今の状況とwi-fiを導入した場合を比べてみることをおすすめします。

工事不要のWi-Fiで一人暮らしにおすすめなものはある?

マンションに住んでいて光回線の工事ができなかったんだけど、工事不要のwi-fiとかあるのかしら?

光回線の工事ができないマンションにお住みの方は、他の方がwi-fi環境をどうしているのか気になりますよね。

モバイルwi-fiとホームルーターは工事不要でwi-fiを利用できます。

価格は会社によって異なりますが、相場はおよそ3000円から5000円ほどです。

工事ができない場合や、家に人を入れたくない方、工事が面倒な方は
モバイルwi-fiかホームルーターを検討してみましょう。

アパートの一人暮らしだけどおすすめのWi-Fiはある?

一人暮らしをしていて、スマホだけしか持っていないからwi-fiを検討したい。おすすめはある?

1番のおすすめは光回線です。

スマホとのセット割をしている会社も増えてきて、中には実質無料で利用できる方もいるほどです。

光回線以外だと、外にも持ち運びができるモバイルwi-fiやホームルーターは工事が不要なので手軽に利用できるのでおすすめです。

当サイトおすすめの光回線を見る

まとめ:1人暮らしのWi-Fiは工事が出来るなら光回線が一番おすすめできる

一人暮らしのwi-fiで1番のおすすめは光回線で利用することです。

値段もモバイルwi-fiやホームルーターと変わらないですし、1番の魅力は速度とつながりやすさです。

ただ光回線を導入する場合、工事が伴うので覚えておきましょう。

当サイトおすすめの光回線を見る