おすすめの回線

光回線で即日使えるところはある?開通期間やレンタルサービスを紹介

光回線は、Wi-Fiを使う上で非常に便利ですが、即日で利用できるのでしょうか。契約して即日で光回線を使えたら便利ですよね。

ですが、即日利用できる光回線はありません。ですので、この記事では、別の方法を紹介します。

    • 即日インターネットを利用の方法
    • Wi-Fiレンタルサービス6選
    • 光回線のレンタルまでの流れ

上記の内容を主に解説します。最後まで読んで、光回線を利用してみましょう。

NURO光So-net光ソフトバンク光ソフトバンク光 ロゴドコモ光ドコモ光ロゴGMOとくとくBB光
月額料金5,200円〜4,480円〜4,180円〜4,400円〜3,883円〜
開通にかかる期間1〜4ヶ月1〜2ヶ月2週間〜1ヶ月2週間程度2〜3週間
レンタル端末端末情報なし端末情報なしSoftbankAir

ポケットWi-Fi

ホームルーター

ポケットWi-Fi

ホームルーター

ポケットWi-Fi

NURO光とSo-net光は、レンタルできる端末がありません。もしも気になる場合は、申し込み時に端末をレンタルできるかを聞いてみましょう。

即日利用できる光回線ですぐにネットを始める

結論:光回線を即日利用できるところはない

結論から言えば、光回線は即日利用できません。

それは、上記の理由があるからです。

複雑な工事や工事期間があるので、1日で終わらせるのは不可能です。基本的には、回線工事とプロバイダの工事を2回することになります。

最短でも2週間前後かかるので、気をつけましょう。

これらの理由について詳しく解説していきます!

光回線の開通工事に時間がかかる

光回線の即日利用ができない1つ目の理由として、回線工事に時間がかかることが挙げられます。

光回線は、コンセントに挿したり、ただ置くだけでは利用できません。

自宅に設置するために工事をする必要があります。

ですので、契約しても、すぐに利用ができないのです。

回線工事の時間は、1日程度でかかります。

丸一日かかるので、事前に工事の日程を組む必要がありますね。

光回線は、設置のための工事が絶対にあるので、覚えておきましょう。

設置工事は、立ち会いが必須の場合が多いです。業者に工事を全て任せて自分は出かけることはできないのであからじめ予定が無い日に工事しましょう。

プロバイダの環境設備に時間がかかる

光回線の即日利用ができない2つ目の理由として、プロバイダの完了設備に時間がかかることが挙げられます。

プロバイダとは、仲介業者のような会社のことです。

光回線を提供している会社から、一度プロバイダを通じて自宅に回線が引かれるようになっています。

プロバイダがなければ、光回線を利用してインターネットに接続ができません。

そのため、光回線を利用する場合は、プロバイダとの契約が必須となります。

また、プロバイダを契約しても、すぐに回線をつなげてもらえません。

回線同様の工事が必要となります。

現在、回線工事とプロバイダ工事を同時にするプランを提供している業者もあります。(プロバイダ一体型と略されています。)

ですので、工事期間を短くしたいのであれば、プロバイダ一体型の光回線を選びましょう。

環境設備に時間がかかるので、即日利用はできないと考えましょう。

申し込みから開通にかかる期間の目安

光回線の種類によりますが、開通までの期間は異なります。

例えば、フレッツ光の場合、最短1週間程度で開通可能です。

しかしこれは、契約手続きがスムーズに進み、工事もスムーズに進んだ場合の話なので、通常はもっと時間がかかると考えておきましょう。

光回線の開通までの平均的な時間は、1ヶ月前後程度です。

回線業者によっては、2ヶ月以上かかることもよくあります。

そのため、あらかじめ自分が契約を考えている回線の工事期間を調べてみましょう。

工事期間が短い光回線は、公式HPに記載されていることがあります。

HPに記載がない場合は、お問い合わせをして確認してみましょう。

光回線を導入したい場合は、時間がかかることを忘れないようにしましょう。

即日利用できる光回線で自宅のインターネット環境を整える

光回線の代わりに即日インターネットを利用する方法

説明する人画像

光回線は即日利用できません。ですので、光回線以外にインターネットを即日で使える方法を紹介します。

自分でWi-Fiをレンタルすることも可能ですが、回線業者によっては無料のレンタルサービスをしてくれる場合もあります。

無料でレンタルできるのであれば、そのサービスを優先的に利用しましょう。

光回線のWi-Fiレンタルサービスを利用する

光回線を契約すると、ポケット型Wi-Fiやホームルーターなどを無料でレンタルしてくれるところもあります。

端末をレンタルしたい場合は、光回線と申し込み時に、レンタル端末も同時に申請します。

早ければ最短翌日から利用できるので、便利なサービスといえます。

レンタル期間は、回線業者によって違いますが、2ヶ月前後であることが多いです。

回線工事が終わるまでの、仮Wi-Fiのような役割となるので妥当な期間かもしれません。

光回線ほどではないですが、通信も安定しているため、光回線のつなぎとして利用できます。

ポケット型Wi-Fiであれば、持ち運びも可能なため、外出先や旅行先でも利用できるのが強みです。

光回線の導入を考えているのであれば、レンタルサービスがあるのかも確認しておきましょう。

レンタルショップでWi-Fiをレンタルする

ポケット型Wi-Fiは、実店舗でもレンタルが可能です。

レンタルサービスを実施している店舗に足を運んで契約を済ませれば利用できるようになります。

契約も数分で済むためすぐに利用できます。

「店舗まで行かないといけない」「本人確認が必要」などのデメリットはありますが、当日から利用できる方法なので知っておいて損はありません。

スマホのテザリングを利用する

テザリングとは、スマホを通じてパソコンにインターネットを接続する方法です。

テザリングを利用すれば、インターネットに接続できますが、あまりおすすめしません。

  • スマホの充電の減りが速い
  • 通信速度が安定しにくい
  • スマホ自体のデータ容量がかかるため、速度制限になる可能性がある
  • 全スマホがテザリングに対応しているわけではない(テザリング料金がかかることもある)

上記の理由からテザリングはおすすめしにくいです。

どこでも利用できるのは強みですが、スマホへの負担が大きく、すぐに充電がなくなってしまいます。

もし、外出先で充電が切れてしまったら、何か調べたいことが出てきたとしても使えなくなってしまいます。

また、無線通信のため、高画質の動画を観るときやスマホアプリをプレイするときに重くなりやすいです。

テザリング機能は、携帯のプランによっては別途で料金を支払う必要があります。

スマホへの負担も大きいので、あくまで緊急用の手段として使いましょう。

即日利用できる光回線で自宅のインターネット環境を整える

光回線で即日Wi-Fiレンタルサービスがある5社

Wi-Fi画像2

「光回線の契約を考えているけど、回線工事が完了するまでの間もインターネットを利用したい」と思う方もいるでしょう。

光回線が開通するまでの間、ポケット型Wi-Fiやホームルーターで代用するのも1つの手段です。

ただ光回線会社によっては、無料でWi-Fiをレンタルできるところもあります。

ここからは、回線工事が完了するまでの間、Wi-Fiをレンタルしてくれる光回線を5つ紹介します。

NURO光So-net光ソフトバンク光ソフトバンク光 ロゴドコモ光ドコモ光ロゴGMOとくとくBB光
月額料金5,200円〜4,480円〜4,180円〜4,400円〜3,883円〜
開通にかかる期間1〜4ヶ月1〜2ヶ月2週間〜1ヶ月2週間程度2〜3週間
レンタル端末端末情報なし端末情報なしSoftbankAir

ポケットWi-Fi

ポケットWi-FiポケットWi-Fi
レンタル料金2ヶ月無料1ヶ月無料工事終了まで無料3ヶ月無料無料
工事費最大44,000円最大26,400円最大26,400円最大19,800円最大26,400円
契約期間2年〜2年2年2年なし
解約違約金3,850円3,480円4,180円5,500円なし

 

光回線の契約を考えている人はぜひ参考にしてください!

NURO光:ホームルーターが最大2ヶ月の無料

NURO光

NURO光は、光回線に申し込むとWi-Fiルーターを最大2ヶ月間無料で利用できます。

回線工事が終わるまでには、時間がかかるので2ヶ月間無料で使えることは嬉しいですね。

注意点としては、初期費用(2,200円)がかかることと、3ヶ月以降は通常料金を払う必要があることです。

光回線の工事が済んだらすぐに返却しましょう。

So-net光:回線工事でキャッシュバック

So-net光も光回線に申し込むと無料でWi-Fiルーターをレンタルできます。

1ヶ月の間無料でレンタルできます。

一ヶ月以降の料金は46円(1日)です。

端末のレンタルは無料ではありませんが、レンタル料金は高くないといえます。

また、So-net光では、新規で申し込むとキャッシュバックを受けられます。2回の分割で最大50,000円分貰えます。

キャッシュバックは非常にお得なので、新規で契約する場合はSo-net光がおすすめです。

ソフトバンク光:乗換割引がお得

ソフトバンク光では、回線工事が終わるまでWi-Fiをレンタルできます。

光回線の多くは回線工事とプロバイダ工事の計2回行われることが多いです。

しかし、ソフトバンク光は工事回数は1回です。そのため、開通するまでの期間は早めといえます。

また、ソフトバンク光は、他社から乗換時の工事費用を無料にしてくれるキャンペーンを実施しています。

そのため、回線工事費用を無料で済ませることができます。

他社回線から乗り換えを検討している方に、ソフトバンク光はおすすめできます。

ドコモ光:携帯と合わせて毎月お得に

ドコモ光は、制限があり2年契約を希望しないとWi-Fiをレンタルできません。

2年契約を選んだ際は電話口で、「Wi-Fiをレンタルしたい」と伝えましょう。

ドコモ光は、ドコモユーザーにおすすめです。

ドコモ光を契約すると、スマホ代が毎月1,100円お得になります。

特典適用の対象が家族全員であることに加えて、サービスの終了期間が決まっていないため、実質永年無料で割引を適用できます。

ドコモユーザーで長期間の利用を考えているのであれば、ドコモ光をおすすめします。

GMOとくとくBB光:料金設定が良心的

GMOとくとくBB光は、料金が安いのが特徴です。

光回線料金
GMOとくとくBB光3,883円
ドコモ光4,400円
au光4,180円
ソフトバンク光4,180円

大手3社と比較しても月額料金は安めに設定されていることがわかります。

どの会社も4,000円を超えているのに対して、GMOとくとくBBは4,000円を切っています。

また、契約期間がないため、いつ解約しても違約金が発生しません。

そのため、急な引越しなどでも損をすることがないですね。

光回線の即日Wi-Fiレンタルから開通までの流れ

Wi-Fi画像4

光回線の利用までの流れは、主に上記の流れです。

ウェブサイトからWi-Fiレンタルにチェックを入れて光回線の申し込みをする

まずは、自分が希望する光回線のHPに移動して申し込みます。

申込時にWi-Fiレンタルを項目があるので、チェックを入れましょう。

項目が無い場合は、ドコモ光のように電話でお願いする場合があります。

申し込み後からでは、レンタルできないので、あらかじめレンタル方法を確認しておきましょう。

レンタル項目にチェックを入れたら、申し込みを完了して次に進みます。

開通工事の日程調整をする

申し込みが終わったら、確認の電話が掛かってくるので、そこで開通工事の日程を決めていきます。

開通工事は、基本複数回になる場合があります。

そのため、開通工事に立ち会う際は、2日以上予定を空けておきましょう。

また、回線工事が午前の予定であっても、工事の時間が伸びる可能性もあります。そのため、工事に立ち会う日は1日予定を空けておきましょう。

どうしても工事期間を短くしたい場合は、電話の際にスタッフへ相談してみましょう。

もしかしたら、回線工事とプロバイダ工事を一緒にしてくれるかもしれません。

Wi-Fi端末が届いたら初期設定をして利用開始

回線工事前にWi-Fi端末が届くので、初期設定をしましょう。

端末によって設定方法が異なります。ただし初期設定は難しくないため、説明書を読みながらであれば簡単に設定できます。

回線工事が完了するまでは、届いたWi-Fi端末を利用してインターネットを使いましょう。

回線工事の立ち会いをする

回線工事では、立ち会いが不可欠です。

ですので、回線工事の日は家にいることになります。工事に立ち会うといっても、工事自体はスタッフがすべて行います。

自分で工事するわけではないので、スタッフが来たら任せておけば問題ありません。

回線の開通工事が終わったら、光回線を利用できるようになります。

光回線の初期設定をしてWi-Fi端末を返却する

回線工事が終わったら光回線の設定をしましょう。

初期設定自体は、同封の説明書を読みながらであれば簡単に設定できます。

複雑な難しい設定をする必要はありません。

初期設定が完了したら、光回線を利用できるようになります。

レンタルしているWi-Fi端末は、期間内に返却しましょう。

返却期間は、回線業者によってことなります。

NURO光の場合は、2ヶ月間無料なので、3ヶ月目になる前に返却すれば問題ありません。

ソフトバンク光の場合は、回線工事が完了した翌月の20日までです。回線業者によって返却日数が異なるので、確認が必須ですね。

返却は、着払いの伝票がWi-Fi端末と一緒に送られてくるので、それを貼って郵送しましょう。

着払いなので、自分が料金を負担することはありません。

伝票をなくさないようにしっかり保管しておきましょう。

即日利用できる光回線で自宅のインターネット環境を整える

光回線の即日利用についてよくある質問

Q&A画像3

最後に光回線の即日利用に関する質問に回答しています

最後まで読んで、光回線を利用してみましょう。

店舗受け取りできるWi-Fiレンタルサービスはある?

Wi-Fiレンタルサービスは、店舗での受け取りが可能です。

申し込みの際に、自宅に郵送してもらうのではなく、店舗に送ってもらいましょう。

また、Wi-Fiレンタル専用のお店も経営されています。

料金が発生しますが、当日から利用可能なのが特徴です。

どうしてもすぐにWi-Fiを利用したい場合は、店舗に足を運んでみましょう。

プロバイダは即日開通できる?

プロバイダの即日開通はできません。

基本的に申し込みをしてから、返事があるまで1週間前後かかります。

そこから工事に移るので、即日開通は無理でしょう。

ある程度時間に余裕を持ってから、プロバイダに開通工事をお願いすることをおすすめします。

光回線の工事後の設定方法は?

光回線が利用できるようになったら、初期設定をしていきます。

  • ・ルーターにインターネットを接続
  • ・パソコンにインターネットを接続

接続方法は、上記の2通りです。

ルーターにインターネットを接続すると、いつでもインターネットの利用が可能です。

また、パソコンを再起動しても、自動でWi-Fiに接続してくれます。

パソコンにインターネットを接続すると、パソコンの電源を消した時点でインターネットが利用できなくなります。

パソコンを起動するたびに、Wi-Fiに接続する必要があるので、手間が増えますね。

ですので、ルーターでインターネットを接続することをおすすめします。

即日利用できる光回線で自宅のインターネット環境を整える

まとめ:光回線は即日開通できないので、Wi-Fiレンタルサービスを利用しよう

Wi-Fi画像3

光回線は、工事期間があるため即日で利用できません。

ですので、利用可能になるまでWi-Fiレンタルサービスを利用しましょう。

光回線業者によっては、無料でレンタルサービスをしてくれる場合もあります。

また、無料でレンタルできない場合でも、店舗やインターネットでの申し込みをおすすめします。

Wi-Fiをレンタルしないと、データ容量がかかったり、パソコンが使えなかったりするからです。

光回線が開通するまでの期間は1ヶ月程度かかるので、レンタル端末をうまく駆使して、光回線が開通するまでをサポートしてもらいましょう。

即日利用できる光回線で自宅のインターネット環境を整える