おすすめの回線wifi

【2022年最新情報】光回線でWi-Fiを使うおすすめ回線Top10

自宅を工事することで、快適なインターネット回線が手に入れられる光回線。

そんな光回線では、ケーブルを利用した有線のほかに、無線であるWi-Fiが使えます。Wi-Fiでインターネットにつなげばケーブルでごちゃごちゃすることもなく、すっきり利用できて便利です。

そこで今回は、光回線でWi-Fiを使いたい場合のおすすめ回線Top10をご紹介します。また、光回線でWi-Fiを使うメリットやデメリット、注意点まで詳しく解説していきましょう。光回線の契約に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

【この記事でわかること】
  • 光回線のおすすめTop10
  • 光回線でWi-Fiを使うメリット・デメリット
  • 光回線でWi-Fiを使う際の注意点
  • 光回線でWi-Fiを使うことに関するよくある質問と回答
 
 
  1. 光回線でWi-Fiを使うならここ|おすすめ光回線Top10
  2. 光回線でWi-Fiを使うにはどうすればいい?
    1. 必要な機材をそろえる
    2. 無線ルーターと接続機器の設定をする
  3. 光回線でwifiを利用するメリットにはどのようなものがある?
    1. 回線速度が向上する
    2. 安定した通信が可能になる
    3. 便利なサービスが使えるようになる
  4. 光回線でwifiを利用するデメリットにはどのようなものがある?
    1. ADSLやCATVに比べてコストが高め
    2. 開通には工事が必要になる
  5. 光回線でwifiを使う前に気を付けたい5つの注意点
    1. 実質月額料金は安くなっているか
    2. スマホキャリアとのセット割引は可能か
    3. 実測平均値で速度はしっかりと出ているか
    4. 提供エリア内に住んでいるか
    5. 開通工事はそもそも可能なのか
  6. 光回線でWi-Fiを使うのはどこがおすすめ?|ケース別おすすめ光回線
    1. docomoユーザーならdocomo光
    2. Softbankユーザーならソフトバンク光
    3. auユーザーならauひかり
    4. 格安スマホユーザーならNURO光
    5. とにかく料金を安くしたいならFon光
    6. 速度が速い光回線を使いたいならNURO光
  7. 光回線でWi-Fiを使うことに関するよくある質問は?
    1. フレッツ光のWi-Fiが突然繋がらなくなったんだけどなんで?
    2. フレッツ光みたいにwifiルーターをレンタルしてくれる回線はある?
    3. 戸建てとマンション別で光回線が安いところはどこ?
    4. 光回線で使うおすすめのWi-Fiルーターはなに?
  8. 光回線ならWi-Fiを快適に利用可能|用途に合わせて最適な物を選ぼう

光回線でWi-Fiを使うならここ|おすすめ光回線Top10

まずは、Wi-Fiを使いたい方におすすめの光回線Top10をご紹介します。わかりやすく比較表にしたので、自分の用途に合った光回線を選びましょう。

 月額料金実質速度契約期間工事費解約金キャンペーン
1位:fon光
4,378円779.46Mbps2年間   ※初年度は3年間44,000円21,780円・Amazonギフト券最大20,000円分プレゼント
・Charge Spot最大78%OFF
・基本工事費実質0円
2位:NURO光

5,200円505.36Mbps3年間44,000円10,450円1年間980円キャンペーン
3位:コミュファ光

4,310円544.16Mbps2年間27,500円11,000円乗り換えサポートキャンペーン
4位:eo光

5,448円481.05Mbps最低1年間29,700円13,200円1年間月額料金割引キャンペーン
5位:au光

6,160円~421.74Mbps3年間41,250円16,500円キャッシュバックキャンペーン
6位:Softbank光

5,720円313.89Mbps2年間26,400円10,450円他社違約金負担キャンペーン
7位:ドコモ光

5,720円270.63Mbps2年間19,800円14,300円工事費完全無料キャンペーン
8位:So-net光プラス

6,138円308.28Mbps3年間26,400円20,000円キャッシュバックキャンペーン
9位:スターキャット光

5,500円388.41Mbps2年間22,000円3,300円   ※契約プランによって異なるキャッシュバックキャンペーン
10位:楽天ひかり
5,280円216.04Mbps2年間/3年間19,800円   ※建物によって異なる10,450円楽天スマホとセットで契約すると1年間月額料金無料
※価格は税込・戸建ての場合

やはり、インターネット回線で重要視したいのは通信速度ではないでしょうか。上記ランキングでは、より高速な通信ができる光回線を厳選して選びました。

ただし、光回線には提供エリアがあります。上位にランクインしたコミュファ光・eo光は、それぞれ東海地方と関西地方が提供エリアです。通信速度が速くても、契約自体ができない懸念点があることに注意しましょう。

 
 
 

 

光回線でWi-Fiを使うにはどうすればいい?

光回線でWi-Fiを使いたい場合は、モデムやONUに加えて、Wi-Fiルーターを用意しましょう。Wi-Fiルーターは、無線LANルーターとも呼ばれます。 3,000円~6,000円ほどで購入できますが、契約する光回線によっては無料でレンタルすることが可能です。

以降では、光回線でWi-Fiを使うために必要な機材や、設定方法などを解説していきましょう。

必要な機材をそろえる

先述したとおり、光回線でWi-Fiを使うにはWi-Fiルーターが必要です。

Wi-Fiルーターは、部屋の間取りによっておすすめが変わります。部屋数の多いマンションや2階建て以上の戸建てに住んでいる方は、外部アンテナを搭載したモデルにしましょう。

外部アンテナを搭載したモデルであれば、電波を遠くまで飛ばせます。とはいえ、ワンルームであればさほど気にしなくてもいいかもしれません。

また、『メッシュWi-Fi』の利用もおすすめです。メッシュWi-Fiとは、その名のとおり網目のようにネットワーク機器同士がつながり合う、通信形態のことです。4階建てのような広い間取りであっても、広範囲にカバーができます。

無線ルーターと接続機器の設定をする

Wi-Fiルーターと接続機器の設定は意外に簡単です。

まず、モデムとWi-Fiルーターが接続されているか確かめましょう。接続されていたら、次に接続機器との設定を行います。現在はほぼ自動接続ができるようになっており、ボタンひとつで接続が可能です。

手動で設定する場合は、Wi-Fiルーターの裏に記載されている『SSID』と『暗号化キー』を確認します。

そして、接続したい機器のネットワークから、Wi-FiルーターのSSIDを探しましょう。接続ボタンを押し、暗号化キーを入力すると接続は完了です。

 
 

光回線でwifiを利用するメリットにはどのようなものがある?

光回線でWi-Fiを利用すると、さまざまなメリットが得られます。なかでも回線速度が上がったり、安定した通信ができたりする点は大きなポイントでしょう。

次では、光回線で得られる以下3点のメリットについて、詳しく解説していきます。

回線速度が向上する

もっとも嬉しいポイントは、回線速度が向上する点です。「ずっとモバイルWi-Fiやホームルーターを使っていた」という人であれば、より快適さを感じるでしょう。

実際に、光回線とモバイルWi-Fi、ホームルーターの実測値を比べてみました。

 光回線モバイルWi-Fiホームルーター
ダウンロード速度314.08Mbps36.07Mbps81.54Mbps
アップロード速度232.1Mbps10.1Mbps11.07Mbps
Ping値21.23ms50.89ms65.13ms
※1月現在、みんなのネット速度から引用

Ping値とは、回線の応答速度のことです。値が小さければ小さいほど、ラグが少ないことを表しています。

上記表を見ても、すべての項目において光回線が圧倒的に優位です。モバイルWi-Fiやホームルーターを利用中の方は、速度の向上が期待できるでしょう。

安定した通信が可能になる

光回線は、安定した通信ができます。その理由は、電気的な影響を受けにくいためです。

また、光回線には”月100GB”などの通信制限がありません。大容量のデータファイルの送受信であっても、快適に行えます。

なお、Wi-Fiでも安定した通信は可能ですが、より通信品質を向上させたい場合は、有線LANを併用しましょう。

便利なサービスが使えるようになる

光回線を契約すると、便利なサービスが使えるようになります。

代表的なサービスとしては、光電話(ひかり電話)が有名ではないでしょうか。光電話とは、光ファイバーを使用している電話サービスのことです。

固定電話を契約するのではなく、光回線のオプションとして電話サービスが使えるので、月額料金が約500円と安く済みます。名称は光回線によって『光電話』や『ひかり電話』などさまざまですが、サービス内容・料金にさほど違いはありません。

 
 
 

光回線でwifiを利用するデメリットにはどのようなものがある?

続いて、光回線でWi-Fiを利用するデメリットを把握しておきましょう。快適なインターネット環境を整えられる光回線ですが、コストが高い・工事が必要などデメリットもあります。

デメリットを確認したうえで契約すれば、後悔することも少なくて済むはずです。

ADSLやCATVに比べてコストが高め

光回線は、ADSLやCATVと比べてコストがかかります。ADSLとCATVについて簡単に解説すると、以下のとおりです。

【ADSL】 アナログの電話固定回線で通信するもの 【CATV】 ケーブルテレビの回線で通信するもの

ただし、ADSLやCATVはコストが安く済む代わりに、通信品質は光回線よりも劣ります。ADSLの場合はNTTへの加入が必須など条件もあるので、注意しましょう。

開通には工事が必要になる

光回線を利用する際は、必ず開通工事をしなければなりません。マンションで光回線の工事ができない、電柱までの距離が遠くて光回線が引けないなど工事が不可能な場合は、契約自体を見送る必要があります。

マンションなどの集合住宅の場合は、入居前に光回線の工事が可能なのか確認しましょう。なお、すでに光回線が導入されている住宅であれば、工事なしで光回線の利用が可能です。

 
 

光回線でwifiを使う前に気を付けたい5つの注意点

光回線を契約する前に、気を付けたい注意点があります。光回線の契約を前向きに考えている方は、必ず確認しておきましょう。

とくに工事に関しては、契約そのものができない可能性も考えられます。大切な注意点は以下の5つです。

実質月額料金は安くなっているか

光回線を契約する前に、まず実質月額料金に注目しましょう。

実質月額料金とは、ホームページ等に記載されている、額面上の金額ではありません。工事費や手数料、キャンペーンなどを加味した金額のことです。

高額キャッシュバックを実施している光回線を選べば、月額料金が高くても実質料金が安くなります。契約したい光回線のホームページをよく確認してみましょう。

スマホキャリアとのセット割引は可能か

光回線では、スマホキャリアとのお得なセット割を提供しています。なかでも高額なセット割を実施しているのは、ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアです。

格安スマホであるワイモバイルでもソフトバンク光とのセット割が適用できるので、ぜひ利用してみましょう。

セット割の金額はどのキャリアもほとんど変わらず、1人あたり1,100円。契約している携帯プランにもよりますが、家族でセット割が適用されると大変お得です。

ただし、近年リリースされた以下のような大手キャリアの格安プランでは、セット割が適用できません。適用条件はしっかり確認しておきましょう。

【大手キャリア格安プラン例】
  • ahamo 
  • povo
  • LIMEMO

実測平均値で速度はしっかりと出ているか

実測平均値での速度も重要です。

ホームページなどに記載されている最大速度は、実際の速度ではありません。最適な環境で測定した最大値です。実際使用する際に最大速度は出ないものと考えましょう。

実測平均値は、『みんなのネット速度』や、Twitterでの口コミから調べられます。

なお、もっとも速度が必要とされるオンラインゲームでは、ダウンロード速度が100Mbpsあれば快適にプレイできます。100Mbpsをひとつの目安として、調べてみてくださいね。

提供エリア内に住んでいるか

光回線は提供エリアが限られている場合があります。コミュファ光のような東海地方限定の光回線もあるので、注意しましょう。

NTT東日本・西日本のフレッツ光であれば、全国に対応しています。フレッツ光の回線を借りて運営している、光コラボ回線も同様です。

ただし、一部地域では契約できない場合もあります。ホームページにあるエリア確認を必ずしておきましょう。

開通工事はそもそも可能なのか

住んでいる住宅で、開通工事ができるかどうかも確認必須事項です。開通には工事が必要になるでも解説したとおり、光回線は開通工事をしなければなりません。

マンションにお住まいの方は、まず管理会社や、大家さんに工事の許可を取りましょう。また戸建ての場合でも、状況によっては工事ができません。

工事が可能なケース、工事が不可能なケースについて、それぞれ例を挙げます。

工事が可能なケース

戸建てにお住まいの方は、ほとんどのケースで工事ができます。マンションにお住まいの場合は、管理会社や大家さんから工事の許可が降りれば問題ありません。

なお、すでにマンションで光回線が導入されていることがあります。その場合は工事なしで光回線の契約が可能です。

工事が不可能なケース

工事が不可能なのは、マンションで管理会社や大家さんに工事を断られたケースです。また、戸建てでも電柱の位置によっては光ケーブルが引けず、工事ができません。

工事ができない状況でもインターネット環境を整えたい場合は、モバイルWi-FiやホームルーターなどのモバイルWi-Fiを使用しましょう。モバイルWi-Fiであれば、工事は必要ありません。

 
 

光回線でWi-Fiを使うのはどこがおすすめ?|ケース別おすすめ光回線

光回線おすすめTop10については、冒頭でご説明したとおりです。基本的に通信速度が速く、キャンペーンが充実している光回線をおすすめしてきました。 ここでは、ケース別にみたおすすめ光回線について解説していきましょう。

docomoユーザーならdocomo光

ドコモユーザーは『ドコモ光』一択です。ドコモのスマホとセットでドコモ光を契約すると、最大1,100円の割引が適用されます。家族4人で利用した場合、月々4,400円も安くなります。

また、ドコモ光はフレッツ光の回線の卸提供を受けた光コラボ回線です。全国に対応しており、提供エリア外だから契約できないということもありません。

通信速度は他の光回線と比べると劣るかもしれませんが、十分快適なインターネット環境を整えられます。  

Softbankユーザーならソフトバンク光

ソフトバンクユーザーにおすすめなのは、『ソフトバンク光』です。ソフトバンク光では、ソフトバンクスマホとの『おうち割 光セット』が適用されます。

スマホ料金が月々最大1,100円安くなるので、対応プランを契約している方はぜひ申し込みましょう。なお、ワイモバイルユーザーでもおうち割 光セットは適用されます。

また、ソフトバンク光はドコモ光と同様、光コラボ回線です。契約したい光回線が提供エリア外だった方にもおすすめできます。  

auユーザーならauひかり

auユーザーは『auひかり』を契約しましょう。auひかりとauのスマホをセットで契約すると、1人あたり最大1,100円の割引が受けられます。

また、auひかりは独自回線で、光コラボ回線よりも速度が速いことが特徴です。ただし、対応していないエリアがある点には注意しなければなりません。

auひかりの提供エリア外は以下のとおりです。

【auひかりの提供エリア外】 中部:静岡、愛知、岐阜、三重 関西:大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀 沖縄

提供エリア外にお住まいの方は、全国で契約できてauスマホとの割引が可能な、『So-net光プラス』を検討しましょう。  

格安スマホユーザーならNURO光

格安スマホユーザーには『NURO光』がおすすめです。

格安スマホの場合、ドコモ光やソフトバンク光などのセット割がありません。セット割があったとしても、月々220円割引など恩恵が少なくなります。

そのため、格安スマホユーザーは純粋に速度の速さで光回線を選ぶことをおすすめします。

NURO光がエリア外の場合はauひかりを検討するなど、速度の速さ・サポートの高さを踏まえて決めてみましょう。

なお、楽天ユーザーの方は『楽天ひかり』がおすすめです。楽天スマホとセットで楽天ひかりを契約すると、月額料金が1年間無料になります。そのほか、楽天市場でポイントアップなど、お得な特典が豊富です。  

とにかく料金を安くしたいならFon光

とにかく料金を安くしたい方におすすめなのは、『Fon光』です。Fon光はNURO光の回線を利用して提供している、高速な光回線です。

月額料金は4,378円と安く、幅広い年代におすすめできます。工事費は実質無料で、ソフトバンクスマホとのセット割も適用できます。

さらに今なら工事費実質無料で、更にAmazonギフト券最大20,000円分がキャッシュバックされるので、Amazonユーザーであればかなりお得にスタートできます。

高速で安価な光回線を検討している方は、Fon光を検討してみてはいかがでしょうか。

 
 

速度が速い光回線を使いたいならNURO光

通信速度の速さを重視して選びたいなら、『NURO光』を選びましょう。格安スマホユーザーならNURO光でも解説したとおり、NURO光は通信速度が速い光回線です。

また、NURO光は『NURO光forマンション』といったマンション用のプランがあります。マンション内で導入が必要など条件はありますが、月額料金2,090円〜と格安です。

NURO光forマンションが導入されている場合は、ぜひ契約してみましょう。  

光回線でWi-Fiを使うことに関するよくある質問は?

最後に、光回線でWi-Fiを使う際によく質問される内容について回答していきます。

フレッツ光のWi-Fiが突然繋がらなくなったんだけどなんで?

フレッツ光のWi-Fiが突然繋がらなくなった場合の原因は様々です。ひとつに絞ることはできないため、考えられる原因と対処法を解説します。

  • 通信機器の不具合

まずは通信機器の不具合が考えられます。モデムやWi-Fiルーターの電源を一度切り、再起動をしましょう。通信端末であるパソコンやスマホも同様に再起動してみると、改善する可能性があります。

  • 通信障害

フレッツ光回線で通信障害が起きているかもしれません。この場合すぐにインターネットに繋げる方法はないので、復旧するまで待ちましょう。

通信障害については、フレッツ光のホームページから確認できます。

  • Wi-Fiルーターの置き場所

Wi-Fiルーターの電波は、コンクリートや断熱材などの遮蔽物によって弱くなります。そのため、部屋の中央で、できる限り床よりも高い場所に設置しましょう。

Wi-Fiルーターの設置場所を変えるだけでも、電波が良くなるかもしれません。

フレッツ光みたいにwifiルーターをレンタルしてくれる回線はある?

Wi-Fiルーターを無料レンタルしてくれる光回線は多くあります。代表的な光回線の例を出すと、ドコモ光・ソフトバンク光・NURO光・auひかりなどです。

ほかにも無料レンタル可能な光回線はあるので、ホームページから確認してみましょう。

戸建てとマンション別で光回線が安いところはどこ?

戸建てて料金の安い光回線は、Fon光です。月額ずっと4,378円と定額なため、安心して利用できるでしょう。

マンションでお得に契約できるのは、NURO光forマンションです。マンション内で契約している人数によりますが、月額2,090円〜利用できます。速度も申し分なく、快適な光回線です。

光回線で使うおすすめのWi-Fiルーターはなに?

Wi-Fiルーターには様々な機能があります。なかでも、『IPv6』に対応しているものはマストで選びましょう。そのほか、外付けアンテナ搭載モデルやメッシュWi-Fiなど、自分の用途に合った機能があるものをおすすめします。

『NEC』『BUFFALO』『ELECOM』など、大手のメーカーを選ぶと安心です。

 
 

光回線ならWi-Fiを快適に利用可能|用途に合わせて最適な物を選ぼう

今回は光回線のおすすめTop10から、光回線でWi-Fiを使う際のよくある質問まで解説しました。

光回線はWi-Fiであっても快適に利用できます。Wi-Fiだけでなく、有線LANケーブルも併用して使えば、より高速なインターネット回線を楽しめるでしょう。

また、光回線はそれぞれ特色があります。今回ご紹介した光回線を参考にして、自分の用途に合ったものを契約してみてくださいね。