おすすめの回線光回線

光回線の種類は4つだけ|光回線種類別のメリットとデメリットは?

「光回線選びで悩んでいる」「光回線の種類がどのくらいあるのか分からない」など光回線に関するお悩みはありませんか?

光回線のメリットやデメリットについて気になる方や光回線の選び方を知りたい方は本記事を参考にしてみると、自分に合う光回線が見つかるかもしれません。

そこで本記事は、光回線の種類やおすすめの光回線について紹介していきます。

[この記事を読んで分かること]
・光回線の種類
・各光回線のメリット、デメリット
・自分に合う光回線の選び方
・おすすめの光回線
  1. 光回線の種類はこれだけ|大枠に分けた4種類
    1. フレッツ光系の光回線(光コラボ含む)
    2. 独自回線系の光回線
    3. 電力会社系の光回線
    4. ケーブルテレビ系の光回線
  2. 光回線の種類ごとの特徴|メリットにはどのようなものがある?
    1. フレッツ系光回線:全国どこでも使用可能
    2. 独自回線系光回線:回線内で混雑しない
    3. 電力会社系光回線:通信速度が速い
    4. ケーブルテレビ系光回線:有線接続で接続が安定
  3. 光回線の種類ごとの注意点|デメリットにはどのようなものがある?
    1. フレッツ系光回線:料金がやや高め
    2. 独自回線系光回線:サービスによって場所に制限がある
    3. 電力会社系光回線:エリアカバーが狭い
    4. ケーブルテレビ系光回線:サービスが限定されがち
  4. 光回線の種類はどれを選べばいい?|重視したいポイント別で解説
    1. 安さを求めるなら「光コラボ」がおすすめ
    2. 速度を重視したいなら「独自回線系」がおすすめ
    3. 光熱費などの出費を抑えたいなら「電力会社系」がおすすめ
  5. 光回線の種類が多すぎて選べない|結局どこがおすすめなの?
    1. 速さと安さを求めるなら「Fon光」がおすすめ
    2. スマホとのセット割引が欲しいなら「ドコモ光」がおすすめ
    3. キャンペーンでお得に利用したいなら「auひかり」がおすすめ
  6. 光回線の種類に関するよくある質問は?
    1. ntt系列の光回線のおすすめはなにがある?
    2. nttの光回線は障害が多いって聞いたけど本当?
    3. nttの光回線の工事はどのようなことを行うの?
  7. まとめ:光回線は種類によって利点が異なる|用途に合わせて最適な回線を選ぼう

光回線の種類はこれだけ|大枠に分けた4種類

光回線は大きく分けて4種類に分類することができます。

 

1つ目はフレッツ光系の光回線(光コラボ含む)、2つ目は独自回線系の光回線、3つ目は電力会社系の光回線、4つ目はケーブルテレビ系の光回線になります。

これら4種類が光回線を大枠に分けた種類となっていますので、各光回線の特徴を見ていきましょう。

フレッツ光系の光回線(光コラボ含む)

 

フレッツ光クロス

ソフトバンク光

ドコモ光

実質速度10Gbps1Gbps1Gbps
月額料金6,930円集合住宅=4,180円
戸建て=5,720円
集合住宅にお住まいの方=4,400円
戸建て住宅にお住まいの方=5,720円
キャンペーン最大79,000円キャッシュバック
Webお申込みキャンペーン
他社からの乗り換え限定
最大24,000円キャッシュバック
Webサイトから新規申し込みで
dポイント20,000ポイント

独自回線系の光回線

 

auひかり

コミュファ光

ピカラ光

実質速度下り10Gbps
上り10Gbps
10Gbps1Gbps
月額料金1,408円4,980円集合住宅=4,400円
戸建て=5,750円
キャンペーンWebサイトから新規申し込み
最大141,250円キャッシュバック
対象メニュー申し込みで最大
25,000円キャッシュバック
公式サイトから契約すると
20,000円分のギフト券プレゼント

電力会社系の光回線

 

eo光

EGG

BBIQ

実質速度10Gbps1Gbps1Gbps
月額料金10,144円4,620円集合住宅=3,300円
戸建て=4,070円
キャンペーン新規申し込みで1年目の月額料金
4,094円まで割引
新規申し込みで
最大38,500円割引
新規申し込みで
最大3ヶ月分の月額料金無料

ケーブルテレビ系の光回線

 

J:COM

star cat

イッツコム

実質速度1Gbps10Gbps1Gbps
月額料金5,412円8,250円6,270円
キャンペーン新規サービス加入で
最大144,760円分割引
新規申し込みで最大
138,000円キャッシュバック
新規申し込みで最大
49,940円分割引
 
 

光回線の種類ごとの特徴|メリットにはどのようなものがある?

各光回線の特徴・メリットはどのようなものがあるのでしょうか?

 

光回線選びにおいて重要な要素となるので、各光回線の特徴とメリットを確認していきましょう。

フレッツ系光回線:全国どこでも使用可能

フレッツ系光回線のメリットは全国どこでも使用可能というメリットになります。

フレッツ系光回線は全国約95%で使用可能なので、場所に限定されず、多くの方に利用できる光回線となっています。

フレッツ光回線はntt東日本・西日本で運営されている国内最大級の光回線となっており、他社の光回線に提供などをしている(光コラボ)ため、信頼が厚く、安心して利用できます。

また、プロバイダを自由に選択することができるので、一般家庭だけでなく、法人の方にも利用しやすい特徴があります。

独自回線系光回線:回線内で混雑しない

独自回線系光回線は回線内で混雑しないメリットがあります。

独自回線系光回線は上記の表に記載したように、auひかりのような独自で回線を使用している光回線はフレッツ光系回線とは違い、混雑しない回線を使用できるため、通信速度が速いです。

独自回線系光回線は1人暮らしや家族向けの回線となっており、法人にはあまりおすすめできません。

また、独自回線系光回線は料金内にプロバイダ料金もセットで含まれているため、プロバイダにこだわりなどがなければ、お得に契約することが可能です。

電力会社系光回線:通信速度が速い

電力会社系光回線は他の光回線よりも通信速度が速いというメリットがあります。

電力会社系光回線はフレッツ光回線やコラボ回線のような回線内が混雑していないため、他の光回線よりも通信速度が速いです。

また、電力系光回線は他の回線とは違い、独立した回線網を提供しているため、通信環境が安定しやすい傾向にあります。

他にも、電力会社系光回線は光回線以外にも電気やガスなどの提供も行っているため、まとめて契約したい方におすすめです。

ケーブルテレビ系光回線:有線接続で接続が安定

ケーブルテレビ系光回線は、有線接続で接続が安定しやすいメリットがあります。

ケーブルテレビ系光回線は他の光回線のように無線接続ではないため、接続状況が圧倒的に安定しやすい傾向があります。

ケーブルテレビ系光回線という名称から、テレビをよく見る方・テレビが好きな方はケーブルテレビ系光回線がおすすめです。

また、電力会社系光回線と同じようにガスや電気・固定電話など幅広いサービス展開しているため、光熱費などをまとめたい方にもおすすめできます。

光回線の種類ごとの注意点|デメリットにはどのようなものがある?

次に各光回線の注意点やデメリットについてですが、この要素も光回線選びには欠かせない要素となっています。

 

光回線の種類ごとに注意点・デメリットが変わってくるため、各光回線を比較しながら確認していきましょう。

フレッツ系光回線:料金がやや高め

フレッツ系光回線は幅広い方に使用できるメリットがある反面、契約する際の料金が高めというデメリットがあります。

契約時に月額料金や初期費用の他に、工事費やプロバイダを別で契約しないといけないため、契約時にかかる料金が他の回線と比べ、比較的高い傾向にあります。

フレッツ系光回線はプロバイダを自由に選べるメリットがあると上記で記載しましたが、それはプロバイダを別で契約しないといけないことを表します。

独自回線系光回線などは月額料金にプロバイダ契約費用も含まれているため、安く済ませたいという方にはフレッツ系光回線をおすすめできません。

独自回線系光回線:サービスによって場所に制限がある

独自回線系光回線はサービスによって場所に制限がかかるデメリットがあります。

これは独自回線系光回線だけでなく、電力会社系光回線にも共通しているのですが、フレッツ光系光回線とは違い、独自回線系光回線は独自の光回線網を使用しています。

そのため、auひかりのような大手キャリア回線以外の光回線サービスは場所に制限がかかってしまい、使用したい光回線が使えない可能性があります。

auひかり以外の独自回線系光回線を使用する際は、現在地がサービス適用内かを確認する必要があります。

電力会社系光回線:エリアカバーが狭い

電力会社系光回線はエリアカバー(接続可能な範囲)が狭いデメリットがあります。

電力会社系光回線は、独自の回線網を使用しているため、フレッツ系光回線に比べエリアカバーが狭くなってしまいます。

つまり、気になる電力会社系光回線が見つかったとしても、その回線は関西専用や九州専用の回線で現在地からでは使用できない回線のケースがあります。

そのため、電力会社系光回線を探す際は、料金やプランよりも先に、エリアカバーを確認しましょう。

ケーブルテレビ系光回線:サービスが限定されがち

ケーブルテレビ系光回線は、契約できるサービスが限定されがちというデメリットがあります。

そもそもケーブルテレビ系光回線は、他の光回線のような回線網でエリアカバーを決めているわけではなく、放送局でエリアカバーを決めているため、契約できるサービスが限定されてしまいます。

例えば、気になるケーブルテレビ系光回線があったとします。

しかし、現在地が気になるケーブル系光回線を契約できない場合は、他の放送局から提供されている別のサービスにしか契約することができません。

そのため、ケーブルテレビ系光回線は現在地によってサービスが限定されてしまいます。

光回線の種類はどれを選べばいい?|重視したいポイント別で解説

光回線の種類はどのように選べばいいのでしょうか?重視するポイントを安さ・速度・出費などにすることで光回線の種類選びが円滑になります。

この3つのポイントを参考に光回線の種類を選びましょう。

 

安さを求めるなら「光コラボ」がおすすめ

安さを求めるなら光コラボがおすすめです。

理由として、光コラボは他の光回線よりもキャンペーンや割引が多く、通常で契約するよりも圧倒的に安く契約することができるからです。

上記の表にも記載しましたが、それぞれのキャンペーンで何万円あるいは何十万円というキャッシュバックや割引が適用されるため、安く済ませたい方は光コラボをおすすめします。

また、従来のようにプロバイダと光回線業者から別々に請求されるのではなく、双方の請求がまとまっているため、通常よりも安く契約することができます。

速度を重視したいなら「独自回線系」がおすすめ

速度を重視したい方は独自回線系の光回線がおすすめです。

独自回線系光回線は、独自の回線網を使用しているため、フレッツ光系回線よりも回線内が混雑せず、速い速度でWiFiを使用することができます。

上記の実質速度でも記載しましたが、フレッツ光系光回線と独自回線系光回線の速度を比較してみると、どちらも大差がない速度となっています。

つまり、同じような速度で混雑しているかしていないかで考えると、同じ速度でも混雑しない方が通信速度は速いことが分かります。

光熱費などの出費を抑えたいなら「電力会社系」がおすすめ

光熱費などの出費を抑えたい方は電力会社系がおすすめです。

電力会社系光回線は光回線の提供だけでなく、電気やガスその他日常生活で必要不可欠のサービスもまとめて提供しています。

そして、それらをまとめて契約することで特典が付いてくるため、光回線の費用をさらに安くすることができ、光熱費などの出費をまとめることができます。

従来のように光回線は○○、ガスは○○などのように分けてしまうと、請求が別々になり、支払いが大変になってしまいます。

しかし、電力会社系光回線はそれらをまとめられる上、特典ももらえるため、圧倒的にお得で便利なサービスになっています。

光回線の種類が多すぎて選べない|結局どこがおすすめなの?

光回線について分かったけど、各回線内で種類が多くて選べないという方、結局どこがおすすめなのか分からないという方は下記の光回線をおすすめします。

速さを求めるなら○○、ではなく、速さと安さを求めるならFon光のように条件を増やして各光回線を紹介します。

 

速さと安さを求めるなら「Fon光」がおすすめ

速さだけでなく、安さも求める方はFon光がおすすめです。

Fon光とは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供している2Gの回線を利用した高速の光ファイバーサービスのことです。

使用回線が2Gbpsなのでフレッツ光系光回線の2倍の速さで通信することができます。

また、Fon光は速さだけでなく、安さにも定評があり、工事費は無料で光回線を設定してくれます。

さらに今なら工事費実質無料で、更にAmazonギフト券最大20,000円分がキャッシュバックされるので、Amazonユーザーであればかなりお得にスタートできます。

以上の理由から速さと安さを求めるならFon光がおすすめです。

スマホとのセット割引が欲しいなら「ドコモ光」がおすすめ

スマホとのセット割引が欲しい方は大手キャリア回線のドコモ光がおすすめです。

ドコモは三大大手キャリア回線に含まれる回線で、スマホとのセット割引が充実しています。

ドコモ光回線とドコモギガプランを組み合わせると、マホ料金が永年1,100円/月も安くなるスマホセット割引があります。

従来の1年分や2年分とは違い、永年月額料金が1,100円も安くなるため、光回線とスマホプランをセットにすることで、使用すれば使用するほど安くなります。

 

キャンペーンでお得に利用したいなら「auひかり」がおすすめ

キャンペーンで光回線をお得に利用したいならauひかりがおすすめです。

数多くある光回線の中でauひかりはキャンペーンが群を抜いて充実しています。

新規申し込みで最大10万円を超えるキャッシュバックや割引があるため、他の光回線の特典と比較しても相当な割引が期待できます。

さらに、他社からの乗り換えでauひかりに申し込むと、最大17万円近くのキャッシュバックや割引を受けることができます。

新規申し込みだけでなく、他社からの乗り換えでもお得にWiFiを利用できます。  

光回線の種類に関するよくある質問は?

光回線に関するよくある質問にntt系列の光回線は何がおすすめなのか?障害が多いの?など様々な質問があります。

そこで本記事では下記にあるntt系列のよくある質問に回答していきます。

ntt系列の光回線のおすすめはなにがある?

最初に、ntt系列には大きく分けて2種類の光回線があります。

1つ目はフレッツ光、2つ目はコラボ光です。

これらの光回線はnttが提供する光回線を使用しているため、どちらの光回線を使用しても速度にあまり差はありません。

これらを踏まえた上、ntt系列でおすすめできる光回線は、OCN光です。

OCN光は上記で言う光コラボに分類される光回線となっているため、接続や速度には信頼があり、同じ光回線を使用しているため、工事費がかからない特徴があります。

nttの光回線は障害が多いって聞いたけど本当?

ntt光回線は通信障害が多いって聞いたけど本当なの?という方は少なくないと思います。

実際にntt光回線は過去に大規模な通信障害を起こしてしまっています。

その通信障害はntt西日本で起きた通信障害なのですが、2018年にntt西日本全域でインターネットが使えなくなる大規模通信障害が発生しました。

原因としては前日に大雨が降ってしまい、回線にトラブルが発生したためです。

しかし、その通信障害以降、大規模通信障害が起こってはいないため、回線等のセキュリティは万全になったと言えます。

nttの光回線の工事はどのようなことを行うの?

nttの光回線工事は戸建ての場合と集合住宅の場合で内容が変わってきます。

戸建ての場合は、家と電柱の回線を繋げる工事集合住宅の場合はLANケーブルの設置になります。

戸建ての場合は家と電柱の回線を繋げるため、家にある穴(エアコン・電話線)から回線を通して電柱にある回線に繋げます。

もしも、家にある穴から接続することが厳しい場合は、新しい穴を空けなければいけない可能性があります。

集合住宅の場合、基本的にマンションなどはあらかじめ回線を敷いていることが多いので、その回線とLANケーブルを繋げるだけで工事は完了します。

まとめ:光回線は種類によって利点が異なる|用途に合わせて最適な回線を選ぼう

ここまで光回線の種類や特徴について紹介しましたが、光回線を選ぶ際のポイントをもう一度おさらいしておきましょう。

 

速さをもとめるなら独自回線系光回線・電力会社系光回線。

安さを求めるなら光コラボ系光回線。

エリアカバー(接続範囲)を求めるならフレッツ光系光回線。

以上のポイントをしっかりと抑え、納得のいく光回線選びをしましょう。