光回線

Fon光とNURO光の違いを解説|どちらを契約するのがおすすめ?

光回線の契約を検討している人で「Fon光」と「NURO光」のどちらを契約するか悩んでいる人も少なくないでしょう。

どちらもユーザーの評価も高い光回線なので、どちらを契約すればいいのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。結論、Fon光がおすすめです。理由は、月額料金が4,378円と他社と比べて安く、NURO光よりも通信速度も速いからです。

本記事では、「Fon光とNURO光の違い」や「Fon光とNURO光の共通点」を徹底的に紹介しています。

本記事を読むことで、Fon光とNURO光の違いと共通点を理解できて、自分が契約するならどちらがいいのかを判断できるようになります。

「Fon光」と「NURO光」のどちらを契約するか迷っている方は、本記事を参考にしてみてください。

この記事でわかること
・Fon光とNURO光の違い
・Fon光とNURO光の共通点
・Fon光を使うメリット/デメリット
・Fon光の注意点
・Fon光とNURO光の申し込みから利用開始までの流れ
↓当サイトおすすめの光回線↓
NURO光
NURO光
コミュファ光
Fon光
Fon光
月額料金戸建て:5,200円
マンション:2,090円~2,750円
※建物によって変動
戸建て:5,170円
マンション:4,070円
※スタート割適用
戸建て:4,378円
マンション:4,378円
通信速度(実測値)下り速度:513.65Mbps
上り速度:469.48Mbps
下り速度:583.35Mbps
上り速度:509.55Mbps
下り速度:671.13Mbps
上り速度:680.53Mbps
詳細NURO光を見るコミュファ光を見るFon光を見る

上記の表を見ても分かる通り、Fon光は他社と比べても月額料金が安いとわかります。ただ、マンションに住んでいる人はNURO光の方が安くなります。

毎月の料金を少しでも抑えるためにも、お早めに下記のボタンから詳細をご覧ください。

Fon光とNURO光の違い

Ping値 5

Fon光とNURO光はどのような点に違いがあるのでしょうか。

ここでは、わかりやすいように表でまとめてみました。提供エリアから月額料金など細かくまとめているので、ぜひご覧ください。

提供エリア月額料金(戸建て・マンション)初期費用工事費最大通信速度平均通信速度契約期間キャッシュバック解約金
Fon光
fonロゴ
北海道・関東・東海・関西・九州・中国4,378円事務手数料:3,300円44,000円※分割払いと同額の割引が入るので実質無料最大下り速度:2Gbps
最大上り速度:1Gbps
平均下り速度: 498.26Mbps
平均上り速度: 381.69Mbps
2年なし21,780円
NURO光
nuro光ロゴ
北海道・関東・東海・関西・九州・中国5,200円
※人気の申し込み特典で月額料金980円
契約事務手数料:3,300円44,000円※申し込み特典で実質無料最大下り速度:2Gbps
最大上り速度:1Gbps
平均下り速度: 491.01Mbps
平均上り速度: 447.86Mbps
2年プラン
3年プラン
ホームページから申し込みで45,000円キャッシュバック10,450円

項目別にFon光とNURO光を比較

ucom光は他社と何に差がある?|評判の高い主要回線との比較

Fon光とNURO光を選ぶ際に、どのような点を比較して選べばいいのか気になりますよね。

「月額料金が安い光回線を選びたい」「キャッシュバックがある光回線を選びたい」など、光回線を選ぶ基準は人それぞれです。
人それぞれのニーズに合った光回線の選び方の参考になるように、ここでは項目別にFon光とNURO光を比較します。

月額料金はFon光の方がお得

月額料金で選ぶ場合、Fon光の方がお得です。

他社の光回線の月額料金は、5,000円以上に設定されていることが多いのですがFon光は4,378円と約700円安く設定されています。

NURO光の月額料金が5,200円なので約800円安いです。Wi-Fiはインターネットが根付いた現代で、生活に欠かせないものなので少しでも安く利用できるのはユーザーにとっては嬉しいですよね。

ただしNURO光は、ホームページからの申し込みで月額料金が1年間980円になるキャンペーンを行っています。

基本的な月額料金はFon光の方が安いですが、短期的にみた場合キャンペーンを考慮するとNURO光の方が月額料金は安いです。

長期的に利用する人はFon光、短期的に利用する人はNURO光と考えて良いでしょう。

通信速度プランはFon光の方が豊富

通信速度プランはFon光の方が豊富です。

前提として、Fon光とNURO光はどちらも光回線の中でもトップクラスの通信速度を誇っています。

Fon光の最大下り速度は2Gbps、最大上り速度:1Gbps。NURO光の最大下り速度は2Gbps、最大上り速度は1Gbpsと、最大速度を比較するとどちらも同じ数値なので差はありません。

しかし、Wi-Fiを選ぶ際に重要なのが平均通信速度、実測値と言われる数値です。

Fon光の平均通信速度は平均下り速度:は498.26Mbps、平均上り速度:は381.69Mbps。NURO光は平均下り速度:は491.01Mbps、平均上り速度:は447.86Mbpsとなっています。

どちらの光回線も平均通信速度が速く、大きな差はありませんがFon光の方が少し数値的に速い計算になるでしょう。

最大通信速度がいくら速くても、その速度が常に出せるわけではありません。光回線をはじめとするWi-Fi機器を契約する際は、平均通信速度を比較しましょう。

違約金はNURO光の方が安い

違約金はNURO光の方が安いです。

光回線を契約する際、違約金のことを計算しておく必要があります。Wi-Fi機器は次々と新しいサービスが出てくるので、契約中に新しい光回線に乗り換えたくなる可能性もありますよね。

Fon光の違約金は21,780円、NURO光の違約金は10,450円です。

2つの違約金を比較するとNURO光の方が、10,000円程安い計算になります。Fon光は2年の自動更新なので、更新月以外に解約してしまうと21,780円かかるのがデメリットです。

NURO光も自動更新なので、更新月以外に解約すると10,450円かかります。

違約金自体はNURO光の方が安いですが、どちらも更新月以外は違約金がかかるので注意しましょう。

キャッシュバックキャンペーンはNURO光の方がお得

キャッシュバックを考えるなら、NURO光を選びましょう。

NURO光はホームページからの申し込みで、45,000円がキャッシュバックされます。

Fon光はキャッシュバックがないので「初期費用でかかった金額をまかないたい」「少しでもお得に光回線を利用したい」という人は、NURO光がおすすめです。

 

光回線は、工事費用などを含めた初期費用が高額になってしまうため、なかなか導入に至れない人も少なくありません。高速回線を必要としていない限り、工事が必要ないホームルーターで満足できる人も多いですよね。

光回線によっては、初期費用にかかった金額を全額キャッシュバックするキャンペーンを行っている場合もあります。

工事費用など、初期費用が高額になる光回線。キャッシュバックが利用でき、少しでも得をしたい人はNURO光の契約がおすすめです。

Fon光にはマンションプランがない

マンションで光回線を利用したい人は、NURO光がおすすめです。

Fon光にマンションプランがなく、戸建てプランに限られます。その点NURO光はマンションプランと戸建てプランの2種類あるので、どちらのニーズにも対応できるのがメリットです。

光回線は、マンションプランと戸建てプランに分けられている場合が多く、料金や平均通信速度も異なります。戸建て居住者以外に、マンションでも光回線を使いたいニーズは少なくないのです。

Fon光を契約したくてもマンションに住んでいる人は、諦めなくてはいけないでしょう。

マンションで光回線を利用したい人は、NURO光を選んでくださいね。

 

Fon光とNURO光の共通点

ucom光の評判に関するよくある質問は?

Fon光とNURO光を比較したことで、両方のサービスの特徴が見えてきたのではないでしょうか。

同じ光回線でも料金やキャッシュバックなど、重きを置いている点が違うので何を重要視するかで契約する光回線が変わってきます。

続いてここでは、Fon光とNURO光の共通点を紹介します。

提供エリア

Fon光とNURO光の共通点は、回線の提供エリアにもあります。

両光回線の提供エリアは下記の通りです。

北海道
関東(東京・神奈川・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県)
東海(愛知県・静岡県・岐阜県・三重県)
関西(大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県)
中国(広島県・岡山県)
九州エリア(福岡県・佐賀県)

どちらも全国の主要都市では利用できますが、提供できていない県も存在します。

提供エリアは少しずつ広がっているため、上記に記載がない場所でも今後提供がスタートする可能性も大いにありえるでしょう。

現在Fon光とNURO光の提供がない場所に住んでいる人も、今後期待しておいて損はないです。

通信速度

Fon光とNURO光の通信速度はどちらも同等程度です。

Fon光とNURO光の通信速度をまとめてみました。

最大通信速度
Fon光下り速度:2Gbps
上り速度:1Gbps
NURO光下り速度:2Gbps
上り速度:1Gbps

最大通信速度はどちらも同じ数値なので、差はありません。プロバイダが最高のパフォーマンスを発揮できる状況下では、どちらも同じ速度が出ることになります。

続いて、平均通信速度はどうなのでしょうか。

平均通信速度
Fon光
下り速度: 498.26Mbps
上り速度: 381.69Mbps
NURO光
下り速度: 491.01Mbps
上り速度: 447.86Mbps

平均下り速度はFon光の方が速いですが、上り速度だとNURO光の方が速いというデータが出ています。

動画視聴やオンラインゲームをする場合はFon光、動画のアップロードなどをする場合はNURO光の方が快適に利用できるでしょう。

しかし、環境によって平均通信速度に差は出るので、自分が住んでいる場所ではどれくらいの速度が出るのか調べた上でFon光とNURO光を選ぶことをおすすめします。

開通までにかかる期間

Fon光とNURO光の回線開通までにかかる期間は1〜3ヵ月です。

光回線を利用するには、ホームルーターやポケット型Wi-Fiとは違い、回線開通の工事が必要になります。Wi-Fiを使うには時間がかかる分、高速回線を利用できるのが光回線の魅力です。

 

Fon光は戸建てタイプの1〜2ヵ月マンションタイプで1〜3ヵ月程の期間を要します。NURO光は戸建てタイプ、マンションタイプのどちらも1〜3ヵ月かかります。

NURO光のマンションタイプでは、居住地や時期によって回線開通までに4ヵ月かかる場合もあるので、契約する際にどれくらいの期間がかかるのか確認した方が良いでしょう。

どちらも回線開通までの期間は変わらないので、1〜3ヵ月利用できるまで待ちましょう。

無線LANルーターは無料でレンタルできる

無線LANルーターを無料でレンタルできる点は大きな魅力です。

光回線が開通した後、パソコンやスマホでWi-Fiを利用するためには無線LANルーターが必要になります。他社の光回線によっては無線LANのレンタルに料金がかかったり、自分で無線LANルーターを探したりすることも。

光回線の月額料金も支払うのに、無線LANルーターのレンタル料も支払うのは可能であれば避けたい選択肢ですよね。

Fon光とNURO光はどちらも、無線LANルーターを無料でレンタルできるのでコストをあげずにWi-Fiを利用できます。

無線LANルーターは同時接続端末も多いので、複数端末をWi-Fiに接続したい人も快適に利用できるでしょう。

ソフトバンクスマホとのセット割が使える

どちらも光回線もソフトバンクスマホとのセット割が使えます。

Fon光とソフトバンクスマホを両方使っている場合、おうち割を利用できるのでスマホをお得な金額で利用できるようになります。光回線だけではなく、スマホのコストも下げられたら理想ですよね。

Fon光のセット割ではスマホ料金が一台につき毎月550円〜1,100円、NURO光のセット割でも一台につき最大1,100円割引されます。

UQモバイルや格安SIMが普及してきていますが、大手三大キャリアであるソフトバンクのスマホを契約している人はまだまだ多いです。

ソフトバンクスマホユーザーで、光回線の導入を検討している人はFon光とNURO光がおすすめです。

 

Fon光を使うメリット3つ

ucom光の評判と合わせてチェック|サービスの概要と基礎情報

通信速度や提供エリアなど、Fon光とNURO光は似ている点がたくさんあります。

似ている点が多いと「どっちを契約しても対して変わらないんじゃないの?」と思う人も出てくるでしょう。光回線やWi-Fiに特別詳しくないと、細かい違いはわからないですよね。

ここでは、Fon光を使うメリットを3つ紹介します。

NURO光回線なので通信速度が速い

Fon光は、NURO光回線という高速回線を利用できるので、他の光回線と比べてダントツに速いのが特徴です。

NURO光回線は、NURO光でも使用されている回線です。同じ回線を使っているため、最大通信速度が同じという類似点がありました。

NURO光回線の通信速度の速さは「G-PON」という通信規格が関係しています。

「G-PON」はヨーロッパなどでは主流の通信企画ですが、コスト上の問題などが関係し日本ではあまり主流にはなっていません。高速通信できる「G-PON」を搭載しているので、他の光回線では体験できないほどの通信速度を利用できます。

「Fon光のサービス内容でNURO光回線の速度でインターネットを使いたい」場合は、Fon光がおすすめです。

月額料金が安い

月額料金の安さがFon光の大きな魅力です。

光回線の契約を検討していると、Fon光やNURO光以外にもさまざまな光回線のサービスを目にするでしょう。光回線の月額料金のアベレージは5,000円以上です。

毎月の生活費に加えて5,000円の出費は痛手ですよね。

しかし、Fon光の月額料金は4,378円なので、光回線の月額料金のアベレージよりも約700円も安い料金です。高速回線を安い料金で利用できるのはかなり魅力的ではないでしょうか。

「光回線を契約したいけど、コストはできるだけ抑えたい」「安くて速い光回線を利用したい」という人にとって、Fon光は強くおすすめできる光回線です。

ソフトバンクユーザーはスマホのセット割が適用される

Fon光にはソフトバンクスマホとのセット割が適用されるので、ソフトバンクユーザーはお得に利用できます。

大手三大キャリアのソフトバンクでスマホを契約している人は多いでしょう。ソフトバンクユーザーで光回線を契約しようと考えている人は、SoftBank光をまず検討してしまうのではないでしょうか。

SoftBank光もお得なサービスなので、つい第一候補にしてしまいますよね。

しかし、安い月額料金で業界トップクラスの高速回線を利用でき、ソフトバンクスマホとセット割が適用されるFon光もかなり魅力的ではないでしょうか。

セット割が適用されるとスマホ料金が毎月550円〜1,100円割引されます。

スマホと光回線どちらもお得な料金で利用したい人は、Fon光の契約を検討してみてはいかがでしょうか。

Fon光を使うデメリット3つ

Fon光は通信速度が速く、月額料金も安いなど多くのメリットがある光回線です。

Fon光にはもちろんデメリットも存在します。契約に踏み切る前にデメリットを理解しておくと、利用後の困惑も少なくなるでしょう

ここでは、Fon光を使うデメリットを3つ紹介します。

マンションタイプがないので集合住宅は割高になる

Fon光には、マンションタイプがないので集合住宅は割高になります。

NURO光をはじめとする他社の光回線では、戸建てタイプとマンションタイプの2種類があることが多いです。しかし、Fon光は戸建てタイプのみでマンションタイプが存在しません。

マンションタイプがなくても、Fon光を利用できますがその場合でも料金げ一律の4,378円です。

光回線のマンションタイプは、2,000円台で利用できるものあるので比較すると割高になってしまいます。

月額料金が安いFon光は、戸建てで使用するとお得ですが集合住宅で利用する場合は、割高になることは覚えておきましょう。

初回契約期間の縛りが長い

初回契約期間の縛りが長い点もFon光の大きなデメリットです。

光回線を契約する際に注意したいのが初回契約期間です。「回線速度が速いからすぐに契約したい」「他の光回線との違いがわからないからどれでもいい」などと、契約内容をしっかり確認しないで契約すると後で後悔します。

Fon光の初回契約期間は2年です。

初回契約期間満了前に、解約すると21,780円の解約金が請求されます。さらに、Fon光は長期的な利用でお得に感じる光回線なので、2年間だけの利用だとNURO光よりは、トータルの利用料で損をする計算になります。

Fon光は初回契約期間の縛りの長さに加えて、短期的な利用だとあまりお得に感じない光回線なのです。

魅力的なキャンペーンがない

Fon光は魅力的なキャンペーンがありません。

光回線を契約する際「〇万円キャッシュバック」「工事費無料」など、さまざまなキャンペーンを目にします。これらのキャンペーンがあると、つい目を惹かれてしまいますよね。

Fon光にも「回線開通工事費相当の値引き」「指定オプション加入により3,000円分のアマゾンギフト券プレゼント」などの特典やキャンペーンを実施しています。

しかし、他社のキャッシュバックなどのキャンペーンと比べるとあまり魅力的に感じられません。

光回線の契約で、キャッシュバックをもらいたい人やキャンペーン内容を重視する人には、Fon光はおすすめできません。

Fon光の注意点3つ

ここまでFon光の解説をしてきて、Fon光の契約を前向きに検討している人もいるのではないでしょうか。

Fon光の契約を検討している人の参考になるように、Fon光の注意点を一緒にみていきましょう。

開通工事が2回必要

Fon光の回線開通工事は、2回必要なので他の光回線よりも開通に時間がかかることがあります。

他の光回線は、回線開通工事が1回で終了するのですがFon光は2回行います。2回行う理由は「屋外」「宅内」の工事を2回に分けるからです。

2回に分けることで、回線開通までに約3ヵ月かかった人も少なくありません。

また、1回目の工事が終わった後はなかなか2回目の工事が始まらずに回線開通までにかなりの時間を要した人もいるようです。回線開通工事をスムーズに終わらせるには、契約時点でスケジュールを開けておき日程を組んでしまいましょう。

居住地や時期によっても、工事にかかる期間は変わります。回線が開通するまでは、契約期間に縛りがないポケット型Wi-Fiなどの利用がおすすめです。

解約金が高い

Fon光は解約金が高いので注意しましょう。

2年間の初期契約期間以内に、解約してしまった場合21,780円の解約金がかかってしまいます。NURO光の解約金が10,450円なので約2倍の金額を支払わないといけません。

また、Fon光は自動更新なので、更新月を逃して解約すると2年間使った後でも解約金を請求されます。

Fon光を解約する場合は、更新月で解約できるように、いつが更新月なのかを事前に確認しておきましょう。

キャッシュバックキャンペーンはない

Fon光にはキャッシュバックキャンペーンがありません。

光回線は初期費用や工事費が高額なので、なかなか契約に踏み切れない人も少なくありません。そこで「工事費全額」「最大〇万円キャッシュバック」など、キャッシュバックキャンペーンを行いユーザーの目を惹いている光回線も多いです。

Fon光の月額料金は安いです。しかし、キャッシュバックキャンペーンはありません。

Fon光の契約後にキャッシュバックをもらえると思っている人は注意しましょう。

Fon光とNURO光はどちらがおすすめ?

Fon光とNURO光を比較した結果、Fon光がおすすめです。

Fon光は安い月額料金で高速回線を利用でき、実質工事費が無料。キャッシュバックはないものの、基本料金が安いので初めて光回線を使う人にもおすすめです。

ただし、解約金は高額で長期的に使わないと損するというデメリットも存在します。

短期的ではなく、5年間など長期的な利用を検討している人はFon光を契約しましょう。

 

Fon光とNURO光の申し込みから利用開始までの流れ

ここでは、Fon光とNURO光の申し込みから利用開始までの流れを紹介します。

契約から利用までイメージできない人は、参考にしてみてくださいね。

公式のWebサイトから申し込みをする

最初に公式のWebサイトから申し込みましょう。

公式のWebサイトを開くと画面左側に「Webでお申し込み」というボタンがあるので、クリックしてください。

申し込みページを開くと氏名やメールアドレス、Fon光設置先住所やオプションなどを入力しましょう。

自分にあったオプションを選ぶことで、利用がより快適になること間違いありません。

開通工事の日程を調整する

続いて開通工事の日程を調整しましょう。

お申し込みページの一番下に「希望工事日」という項目があります。いつでも工事可能の選択肢もありますが、具体的な日にちを入れたほうが、スケジュールを立てやすく工事の先延ばしを未然に防げるでしょう。

申し込みの段階で、具体的なスケジュールを決めておくのがおすすめです。

屋外と宅内の工事を待つ

申し込みが完了したら屋外と宅内の工事を待ちましょう。

屋外の工事では電柱から光ケーブルの引き込みや光キャビネットの接続、宅内工事では外壁に光キャビネットの取り付けや宅内への光ケーブルの引き込みなどを行います。

申し込みの段階で希望した日程で工事は行われますが、工事不可能な日程だと連絡がくるので日程を再度決めましょう。

工事完了後に初期設定をして利用開始

2回目の工事まで完了した後は、初期設定をしてついに利用開始できます。

無線LANの初期設定は、工事の担当者がやってくれるので安心して大丈夫です。

初期設定が完了したら、高速通信の光回線をご利用ください。

 

Fon光とNURO光に関するよくある質問

ここからはFon光とNURO光に関するよくある質問に答えます。

疑問や不安はここで解消しておきましょう。

Fon光とNURO光の問い合わせ先は?

Fon光はメール、NURO光はチャットでお問い合わせできます。

Fon光は公式ホームページを開くと画面右に「メールでお問い合わせ」ボタンがあるので、クリックするとそこからメールで問い合わせ可能です。

NURO光は公式ホームページの右下に「ご質問・ご相談」ボタンがあるので、そこからチャットで問い合わせてくださいね。

Fon光とNURO光はオプションも同じ?

Fon光のオプションサービスは5つ、NURO光が2つあります。

オプションを利用すると、サービスをより快適に利用できるようになるでしょう。

Fon光のオプションはこちらから、NURO光のオプションはこちらからご確認ください

実質料金はどちらの方がお得?

実質料金は、長期間で利用するとFon光、短期間だとNURO光がお得です。

Fon光は月額料金が一律4,378円、NURO光は最初の1年間は月額980円で利用できます。光回線を2年や3年だけの利用で契約する場合は、トータルの金額はNURO光が安いです。

5年以上など、長期的な利用を考えている場合はFon光の方がトータル金額はお得になります。

どれくらいの期間利用するかを明確にしてから、契約するのがおすすめです。

Fon光とNURO光の解約方法は?

Fon光とNURO光の解約方法は、カスタマセンターに電話すると解約できます。

Fon光の解約金は21,780円、NURO光の解約金は10,450円です。更新月以外に解約すると、解約金がかかってしまうので注意しましょう。

 

まとめ:Fon光とNURO光ならFon光

ここまで、Fon光とNURO光の違いや共通点、Fon光を使うメリットやデメリットなどを紹介しました。

Fon光とNURO光を様々な面で比較した結果、Fon光がおすすめです。

Fon光は、月額料金が安くNURO光回線を使えるので、NURO光と同じ高速回線を利用できます。工事の回数が2回でキャッシュバックキャンペーンがないなど、デメリットも存在します。

しかし、光回線はポケット型Wi-Fiなどとは違い、長期的に使う人が多いWi-Fi機器です。

Fon光は5年以上使うことで、NURO光よりお得になります。

長期的に光回線を使いたい人は、NURO光よりもFon光の契約を検討してみてくださいね。