光回線

enひかりの最悪な評判|公式が言わない3つのデメリット

enひかりという光回線をご存じでしょうか。enひかりとは、「光コラボ」で提供している光回線の1つです。月額料金や契約形態などがわかりやすくシンプルという特徴があります。

しかし、enひかり自体の知名度が、他の光回線と比べると若干低く、そのせいでenひかりの評判が悪いという噂があります。そのため、本記事では、enひかりを調査しました。enひかりの真実を紹介します。

本記事では、以下のポイントが学べます
・enひかりの基本情報について
・enひかりのメリット・デメリットについて
・enひかりに関する注意点

 

  1. enひかりの評判前に知っておきたい|enひかりの特徴は?
    1. 解約による違約金負担が無い
    2. 料金は業界の中でも最安級
  2. enひかりは他社と何が違う?|主要回線との比較一覧
  3. enひかりの評判は良い口コミが多い?|実際のユーザーの良い口コミ一覧
    1. enひかりは月額料金が安くてシンプル
    2. enひかりには契約期間がないから安心して利用できる
    3. enひかりの光回線は快適に利用できる
  4. enひかりの評判は最悪?|実際のユーザーの悪い口コミ一覧
    1. enひかりには割引キャンペーンがほとんどない
    2. Wi-Fiルーターのレンタルなどを行っていない
    3. トラブルが多い
  5. enひかりの評判から分析|利用することのメリットはなに?
    1. 月額料金はとにかく安い
    2. 契約期間がないからいつでも解約可能
    3. サポートの対応が丁寧で評価が高い
  6. enひかりの評判から考察|利用する上でのデメリットは?
    1. 状況によっては速度が遅く繋がらないことがある
    2. キャッシュバックや割引は期待できない
    3. Wi-Fiルーターは無料でもらえない
  7. enひかりの評判からわかった|利用する前の注意点
    1. キャッシュバック目当てなら他を検討する方が良い
    2. 工事費は一括で払う必要がある
    3. ルーターは有料レンタルのみ
  8. enひかりの評判に関するよくある質問は?
    1. enひかりのv6プラスが繋がらないときはどうすればいい?
    2. enひかりの開通までの流れは?
    3. enひかりで使うルーターのおすすめは?
  9. enひかりの評判は良い物が多い|比較して最適な回線を選ぼう

enひかりの評判前に知っておきたい|enひかりの特徴は?

まずは、enひかりの基本情報を紹介します。

・月額料金戸建ての場合:4,620円、マンションタイプ:3,520円
・初期費用新規の場合:契約事務手数料3,300円 工事費用16,500円
転用または事業者変更の場合:転用事務手数料2,200円
・回線速度最大1Gbps
・契約期間契約期間なし

enひかりは、光コラボで提供している光回線です。光コラボとは、光回線を提供する事業者が、NTTの光回線を借り受けし、事業者独自のサービスと合わせて展開しているサービスです。回線としてはNTTの光回線を利用しているので、品質などに問題はありません

また、enひかりは、以下の特徴があります。

解約による違約金負担が無い

ほとんどの光回線では、契約期間が設けられており、契約期間があるかわりに料金を安くすることと、契約期間中に利用している光回線を解約した場合は、解約違約金が発生します。

その点enひかりの場合は、契約期間がないので、いつ解約しても解約手数料が発生しません。契約期間がないことについては、携帯電話などでは一般的になってきたものの、光回線では当たり前ではありません。

契約期間がない光回線を選ぶのであれば、enひかりがおすすめです。

料金は業界の中でも最安級

月額料金についても、業界の中でもほぼ最安と言っても過言ではありません。光回線の場合、先程紹介した通り契約期間が設けられており、他会社の方が見た目上の価格が安く見える場合もあります。

しかし、解約手数料などを考慮した場合、enひかりの月額料金は、光回線業界の中でも非常に安い料金です。

 

enひかりは他社と何が違う?|主要回線との比較一覧

enひかりの特徴を紹介した後は、他の光回線との比較を行います。今回比較した回線は、NURO光とdocomo光です。

 

会社名月額料金通信速度(実測値)提供エリア契約期間解約金
enひかり

4,620円※マンションタイプ362.95Mbp日本全国エリア※フレッツ光と同等なしなし
NURO光

5,200円※NURO 光 G2T プラン505.18Mbps北海道・関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県)
・東海(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県)
・関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県)
・中国(広島県、岡山県)・九州(福岡県、佐賀県)
3年間10,450円
ドコモ光

5,720円※1ギガ タイプA270.0Mbps日本全国エリア※フレッツ光と同等2年間14,300円

NURO光は独自回線を利用しているため、通信速度は他の2つと比べて速いのがメリットです。一方で、提供エリアは他の2つに比べると狭いという特徴があります。

docomo光は、en光と同じ「光コラボ」で提供している光回線です。通信速度はenひかりよりも遅いものの、実際に利用する分には問題ありません。提供エリアはenひかりと同等のエリアです。

enひかり以外の2つの光回線には、契約期間と解約金が設定されています。契約期間はNURO光が3年、docomo光が2年のため、NURO光の方が契約の条件が厳しいと言えます。

 

enひかりの評判は良い口コミが多い?|実際のユーザーの良い口コミ一覧

enひかりの基本情報や比較を紹介した後は、enひかりの評判を紹介します。enひかりの良い口コミは、主に料金面と回線の品質に関する内容が目立ちました。まずはenひかりの「良い」評判を3点紹介します。

 

enひかりは月額料金が安くてシンプル

enひかりの料金面に関する口コミでは、料金面に関する良い評判が目立ちました。基本情報でも紹介しましたが、enひかりの月額料金は光回線の中でも業界最安級のため、口コミでも好意的な内容が目立ちました。

料金面がシンプルという点も好意的に捉えられています。他の光回線やインターネット回線では、キャンペーンなどの関係から、1年目が安く見えるものの、継続して利用する場合は高くなってしまうというケースがあります。

光回線は、継続して利用することが多く、1年~2年、長ければ5年から10年以上利用するケースも珍しくありません。長く利用する場合は、短期間での料金ではなく、ランニングコストの方が重要です。

利用している年月で料金が変わる回線の場合は実際にかかる料金が分かりづらいため、シンプルな料金体系のenひかりは分かりやすくて良い、という口コミが確認できました。

enひかりには契約期間がないから安心して利用できる

enひかりは契約期間がないので、いつ契約してもいつ解約しても問題ありません。契約期間がない点も、好意的に受け取られています。

一般的には、他会社の光回線で契約した場合、契約満了後はほとんどのケースで自動更新されます。契約満了したタイミングで「契約更新月」というものが設定され、契約更新月以外で契約を解除した場合は、「解約手数料」という費用が発生します。

契約更新月は会社によって異なりますが、契約更新月は契約満了後1~2ヶ月です。光回線は長期で契約するケースが多いものの、急な引っ越しなどでどうしても解約しなければならない状況が発生する可能性は当然あります。

そのため、違約金が不要なenひかりであれば、余計なことを考える必要がありません。料金面でも紹介しましたが、契約期間に関してもシンプルで分かりやすいという点が好意的に受け止められています。

enひかりの光回線は快適に利用できる

光回線の速度が速いという点も、enひかりの中でも良い口コミが確認できました。

https://twitter.com/DrMaitake/status/1236670871151902722

enひかりを知らないユーザーからすれば、月額料金が安いから、もしかしたら通信回線の品質が悪いと考える、いわゆる「安かろう悪かろう」と思ってしまいがちです。しかし、enひかりの通信回線は「光コラボ」の光回線を利用しているので、品質には問題ありません。

そのため、enひかりは「料金が安くても光回線の品質が良い」という評判や口コミが多いと考えられます。

全体として、enひかりの特徴は、料金が安い、解約手数料がかからないなど、主に料金面で良い口コミが目立ちました。

 

enひかりの評判は最悪?|実際のユーザーの悪い口コミ一覧

enひかりの評判には、残念ながら悪い口コミもあります。enひかりの悪い口コミを紹介します。

 

enひかりには割引キャンペーンがほとんどない

enひかりは、他の光回線事業者で行われているような、月額料金が安くなるようなキャンペーンが残念ながらありません。

例えば、先程紹介した光会社の中では、NURO光は1年間の基本料金が980円になるというキャンペーンが行われています。

また、docomo光の場合は、Docomoユーザーが契約した場合、docomoのスマートフォンもしくは携帯電話の基本料金が、毎月1台あたり最大で1,100円割引になる「ドコモ光セット割」というキャンペーンを実施しています。

https://twitter.com/hikarik_navi/status/1478478411450494977

実は、enひかりにも「勝手に割り」というキャンペーンがあります。UQ mobileもしくはahamoでスマートフォンや携帯電話を利用している場合、月額料金から「110円」割引という内容です。

ドコモ光セット割と比べると割引料金が安く、かつUQ mobileもしくはahamoを何台契約していたとしても、割引料金は変わらないので、割引キャンペーンに関しては悪い評判が目立ちます。

また、光回線利用時の工事費に関しても、他の光回線業者の場合は分割で支払いが可能で、工事費無料キャンペーンなどを活用することで実質無料になることも珍しくありません。

しかし、enひかりの場合は工事費に関するキャンペーンがないため、実費で支払う必要があります。また、enひかりの初期費用は、必ず一括で支払う必要があるのも良い印象が持たれづらいのかもしれません。

Wi-Fiルーターのレンタルなどを行っていない

光回線で利用する端末が、有線接続可能な端末1台で利用する場合はWi-Fiルーター(無線LANルーター)は不要です、

しかし、スマートフォンの爆発的な普及はもちろん、パソコンの接続についても、ノートパソコンの普及により、Wi-Fiルーターを使ってインターネットに接続するのが当たり前といっても過言ではありません。

他の光回線業者の中には、Wi-Fiルーターを無償もしくは格安でレンタルするサービスを行っている会社もあります。しかし、enひかりでは、光回線を利用するためのWi-Fiルーターのレンタルなどはありません

Wi-Fiルーターの料金は、5,000円~数万円と様々ですが、光回線の初期費用以外にも出費が必要という点が悪い口コミにつながっています。

ただし、2022年1月現在、enひかりでは、Wi-Fiルーターを大特価で購入可能なキャンペーンを行っています。そのため、Wi-Fiルーターを安く購入したい場合は、キャンペーンを活用するのも一つの方法です。

トラブルが多い

enひかりには、開通に関するサポートや開通後の利用方法に関する部分でトラブルになっている口コミが確認できました。どんなサービスでも、サービスの使い始めでトラブルが発生してしまうと、サービスや会社に対する印象が悪くなりがちです。

enひかりは2017年からはじまったサービスで、光回線サービスの中でも新しい会社です。そのため、他の会社に比べると、サービスに関するノウハウが少ない可能性があります。

とはいえ、ユーザーがお金をはらってサービスを受けるものなので、トラブルなく利用したいという声が上がるのは仕方ありません。enひかりには、ぜひ改善してもらいたい部分です。

 

enひかりの評判から分析|利用することのメリットはなに?

良い口コミや悪い口コミから、enひかりを利用するメリットを紹介します。

 

月額料金はとにかく安い

enひかりの一番のメリットは、月額料金が安い点です。日本で提供している光会社の中でも最安級の料金で利用できる点は、enひかりの中でもいちばん大きなメリットです。enひかりはNTTの回線を利用しているので、光回線の品質に関しても問題ありません

実際の例で料金の比較をしてみます。例えば、キャンペーンなどを加味しないでNURO光と比べた場合、毎月の料金では580円の差があります。1年では6,960円、10年利用した場合は約70,000円の差になります。

enひかりを利用するだけで、NURO光と比べると10年で70,000円お得というのは、なかなか大きな額になるのではないでしょうか。

契約期間がないからいつでも解約可能

enひかりのもう1つの大きなメリットは、契約期間がないことです。

光回線は、長期で契約してもらうケースが多いことから、ほとんどの会社で契約期間を設けています。

しかし、例えば学生であれば、1年目と2年目でキャンパスが変わるから引っ越しが発生する、社会人の場合は急な転勤などで引っ越しをするなど、光回線を短期間で利用するケースももちろんあります

光回線の契約期間は、2年もしくは3年というケースが多いため、引っ越しのタイミングと契約期間が合わず、本来は払いたくない解約手数料が発生するケースも当然あります。

enひかりの場合はそんな心配はありません。いつでも契約でき、いつでも解約可能なので、特に短期間だけ光回線を利用したいというシチュエーションでも安心して利用できます。

サポートの対応が丁寧で評価が高い

enひかりについて、トラブルに関しては悪い評判や口コミがありましたが、サポートについては良い評判が確認できました。

enひかりのサポート対応の特徴は、一般的なコールセンターで行われるマニュアル対応ではなく、ユーザーに寄り添った柔軟なサポートが受けられるという点です。

他の光回線でユーザーサポートに不満を感じている方にとっては、検討してみても良いかもしれません。

 

enひかりの評判から考察|利用する上でのデメリットは?

残念ながら、評判や口コミから分かった、enひかりのデメリットもあります。enひかりのデメリットを3点紹介します。

 

状況によっては速度が遅く繋がらないことがある

enひかりの通信速度は、概ね問題ない通信速度です。しかし、状況によっては通信速度が遅くなる場合があります。とくにenひかりをマンションタイプで利用している時に遅くなる可能性があります。

enひかりに限らずですが、マンションタイプの光回線は、光回線を1家に1回線ひいている戸建てとは異なり、マンションに対して光回線をひいています。そのため、マンションタイプの光回線は、マンションの住民が共同で利用しています。

光回線は、利用しているユーザーや通信量が増加してしまうと、通信速度が遅くなります。例えば、光回線のことを車の渋滞でイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

交通量が少ない時間では、車のスピードは速く、スイスイ進むことができます。しかし、交通量が多い時間帯では、車の速度が遅くなり、スイスイ進むことができません。

光回線も同じように、利用しているユーザーが遅ければ問題なく利用できるものの、たくさんのユーザーが一斉に利用した場合は回線が混雑し、通信速度が遅く、最悪の場合は回線につながらなくなる可能性があります。

enひかりはNTTのフレッツ光を利用しているため、品質に問題はありません。しかし、フレッツ光を利用しているユーザーは日本の中でも一番多いので、状況によっては通信速度が遅くなる可能性があります。

キャッシュバックや割引は期待できない

enひかりには、2022年1月現在、キャッシュバックや月額料金の割引キャンペーンがありません

念のため、過去から調査したものの、キャッシュバックや割引キャンペーンを行った情報が確認できなかったので、今後もキャッシュバックや割引には期待できないかもしれません。

大多数の光回線では、キャッシュバックや割引キャンペーンを積極的に行っているので、キャッシュバックを期待したい場合は別の光回線を選択した方が良いかもしれません。

Wi-Fiルーターは無料でもらえない

他の光回線の中には、ルーターを無料で提供している会社が数多くあります。しかし、enひかりではWi-Fiルーター(無線LANルーター)が無料でもらえません

ただし、2022年1月現在、enひかりでは無線LANルーター大特価キャンペーンを展開しているので、キャンペーンを利用してWi-Fiルーターを格安で手に入れましょう。

 

enひかりの評判からわかった|利用する前の注意点

enひかりの良い口コミや悪い口コミ、メリット・デメリットからわかった、利用する前の注意点を紹介します。今回紹介するポイントは3点です。

 

キャッシュバック目当てなら他を検討する方が良い

enひかりには、キャッシュバックや月額料金の割引キャンペーンが存在しません。他の光回線であれば様々なキャンペーンやキャッシュバックを展開しているので、キャッシュバックも狙いたいのであれば他の光回線を選択した方がよいかもしれません。

ただし、光回線を長く利用する、とくに5年以上利用するのであれば、キャッシュバックよりも月額料金の安い方が最終的にはお得に利用できるので、長い目で見て、あなたにとってキャッシュバックが良いのか月額料金が安い方が良いかは検討しましょう。

工事費は一括で払う必要がある

enひかりの契約で注意すべき点として、光回線の開通工事費があります。他の会社でも、光回線の開通工事は必要で、費用がかかります。しかし、他の会社の場合は、キャンペーンなどで光回線の開通工事費が無料というところが多いです。

しかし、enひかりの場合は、工事費のキャンペーンはなく、支払いが一括となるので、光回線の初期費用が他の光回線よりも高くなる可能性があります。そのため、enひかりを契約するのであれば、工事費がどのくらいになるかを確認した上で、契約しましょう。

ルーターは有料レンタルのみ

enひかりでは、Wi-Fiルーターの無償レンタルがありません。しかし、他の光回線では、Wi-Fiルーターを無料でレンタルするという会社もあります。

enひかりでWi-Fiルーターを利用したい場合は、enひかりが行っている「無線LANルーター大特価キャンペーン」で購入することをおすすめします。

ただし、住んでいる家の広さによっては、キャンペーンで提供しているWi-Fiルーターではスペック不足になる場合があるので、部屋数や階数などを考慮し、適切なWi-Fiルーターを家電量販店などで購入しましょう。

 

enひかりの評判に関するよくある質問は?

enひかりに関するよくある質問をまとめました。

 

enひかりのv6プラスが繋がらないときはどうすればいい?

enひかりのv6プラスとは、光回線をより速い速度で利用するためのオプション契約です。特に夜間など回線が混み合う時間帯でも繋がりやすいという特徴があります。

確認するポイントは、IPv6に対応したWi-Fiルーターを利用しているかどうかです。enひかりが行っている「無線LANルーター大特価キャンペーン」で購入可能なWi-Fiルーターは、IPv6対応です。

最近発売されたWi-Fiルーターは、ほとんどの製品がIPv6に対応しています。しかしながら、昔のWi-Fiルーターを利用している場合、IPv6に対応していない場合もあります。

IPv6に対応しているかどうかは、Wi-Fiルーターに「IPv6対応」などと記載されているかどうかで確認できます。そのため、IPv6に対応していないWi-Fiルーターを利用している場合は、Wi-Fiルーターを新しくすることも検討しましょう。

IPv6対応のWi-Fiルーターを利用していてもv6プラスの通信速度が遅い、もしくはつながらない場合は、「enでんきカスタマーセンター」に相談しましょう。

enひかりカスタマーセンターの営業時間や連絡先は以下の通りです。
■enひかりカスタマーセンター
03-5534-9997
10:00~19:00※ 最終受付18:30迄

enひかりの開通までの流れは?

enひかりの開通までの流れは、他の光回線と同じような流れで利用できます。以下の流れを参考にしてください。

■ 新規で利用する場合
・enひかりの契約を行う
・光回線の工事日の設定を行う
・光回線の回線開通工事を行う
■ フレッツ光または他社光コラボからの事業者変更の場合
・「転用承諾番号」(フレッツ光の場合)もしくは「事業者変更承諾番号」(光コラボの場合)を入手する
・enひかりの契約を行う
・転用日もしくは事業者変更日を確定する

enひかりで使うルーターのおすすめは?

enひかりで使うおすすめのルーターは、無線LANルーター大特価キャンペーンで購入可能な「Aterm WG1200HP4」という機種です。メーカーは日本メーカーのNECで、IPv6に対応しているルーターの中でも標準的なルーターです。

通信速度については、無線LANで最大867Mbpsと問題ない速度で利用できます。また、電波の方向性も全方位に飛ばすことが可能なため、バランスの良い製品です。

 

enひかりの評判は良い物が多い|比較して最適な回線を選ぼう

enひかりに関する評判、使い勝手などをまとめました。enひかりに関しては、悪い評判よりも良い評判もよく、光回線の中でも料金面や性能としてもバランスが良い光回線です。

 

ただ、enひかりでは満足できないということであれば、「fon光」という光回線をおすすめします。fon光は、契約期間こそ2年間(初年度は3年)ではあるものの、工事費は無料で、月額料金は4,373円と、enひかりよりも安い料金で利用できます。

また、評判が良い高速光回線を使い方は、当サイトおすすめの「fon光」がおすすめです。

fon光は、国内最速のNURO光の回線を使用した光回線で、下り最速2Gbpsの高速通信を実現。

さらに今なら工事費実質無料で、更にAmazonギフト券最大20,000円分がキャッシュバックされるので、Amazonユーザーであればかなりお得にスタートできます。

オンラインゲームからテレワークまで、fon光なら快適に作業が可能です。回線速度にお困りの方は、ぜひfon光をご検討ください。