おすすめの回線

料金が安いインターネット回線はどれ?最安のプロバイダはココだ

jun
jun

月額料金が安い光回線はどこを選べばいいの?

2022年現在、光回線サービスは多数の企業が提供しており、それぞれ料金体系やキャンペーンなどが異なっており、どれを選べばいいのかわからないといった方が多いのではないでしょうか。

この記事ではなるべく安く、お得に光回線を利用したいといった方に向けて情報をまとめていきます。

プロバイダごとに料金や通信速度などで比較し、実際に利用する2〜3年の合計費用で割安なところを解説します。

ぜひこちらを参考に、月々の出費を抑えつつ高速通信ができる光回線を利用していきましょう。

回線名NURO光
NURO光
auひかり(GMOとくとくBB)
auひかり
ドコモ光
月額料金5,200円3,135円〜4,400円〜
月額割引キャンペーンソフトバンクスマホ、
NUROモバイル
セット割
工事費実質無料
auスマホ、
UQモバイルスマホ
セット割
工事費実質無料
ドコモスマホ
セット割
工事費無料
キャシュバック最大45,000円最大55,000円最大20,000円
【この記事でわかること】
・インターネット回線の種類
・プロバイダごとの比較
・各住居タイプ、利用年数ごとに最安なプロバイダ紹介
・光回線を比較する際のポイント、注意点

当サイトおすすめの光回線はこちら

  1. インターネット回線には3種類ある|通信環境を整えたいなら光回線がおすすめ
    1. ポケット型Wi-Fi
    2. ホームルーター
    3. 光回線
  2. インターネット回線7社を徹底比較|料金の安い光回線はどこ?
    1. 【2年間の総額】戸建てプランの最安は「NURO光」
    2. 【3年間の総額】戸建てプランの最安は「fon光、NURO光」
    3. 【2年間の総額】マンションプランの最安は「auひかり(GMOとくとくBB)」
    4. 【3年間の総額】マンションプランの最安は「auひかり(GMOとくとくBB)」
    5. 【番外編】通信速度の実測値が最速なのは「コミュファ光」
  3. インターネット回線(光回線)は料金の安さ以外も見るべき?5つの比較ポイント
    1. 通信速度の実測値
    2. 通信対応エリア
    3. 運営会社やサービスの評判
    4. オプションサービスの豊富さ
    5. キャンペーン特典の充実度
  4. 安いインターネット回線(光回線)を利用する上での注意点
    1. 契約期間内に解約すると違約金がかかる
    2. 開通までに数ヶ月の時間がかかる
    3. マンションプランを利用する場合は大家に許可をとる必要がある
  5. 安いインターネット回線(光回線)に申し込むには?開通までの流れを解説
    1. 手順①:光回線に申し込む
    2. 手順②:工事日の日程を調整する
    3. 手順③:開通工事を行う
    4. 手順④:光回線の利用開始
  6. 安いインターネットに関するよくある質問は?
    1. 光回線のキャンペーンにはどんな種類がある?
    2. 光回線のセット割は相場だといくらぐらい割引される?
    3. 楽天ひかりでは過去に通信障害が起こった事例がある?
  7. まとめ:料金が安いインターネットはNURO光、auひかり|金額以外にも焦点を向けよう

インターネット回線には3種類ある|通信環境を整えたいなら光回線がおすすめ

まずはインターネット回線の種類、それぞれの特徴などを解説していきます。

インターネット回線は大きく分けて3種類あります。

ポケット型Wi-Fi

ポケット型WiFiは、持ち運べる専用の小型端末でどこでもWiFiに接続してインターネットができる回線です。

スマホよりも小さなサイズで、軽量でありながらも5Gに対応した端末であれば、最大通信速度下り2Gbpsを超える端末も発売されています。

外出先でパソコンはタブレットを使って仕事がしたい方や、月間の通信量が多い方におすすめです。

jun
jun

外でもスマホ以外でたくさんギガを消費する方向けです!

ホームルーター

ホームルーターとは、屋内でコンセントにつないで利用する端末で『置くだけWiFi』などともいわれる回線です。

利用する回線は、ポケット型WiFiと同じモバイル向けの回線を利用しますが、ポケット型WiFiよりも電波が安定しやすく有線LAN接続にも対応しています。

こちらも5G対応端末が販売されており、ポケット型WiFi同様最大下り2Gbps以上の速度となっています。

2〜3日以内にWiFiの設備を整えたい人や、集合住宅に住んでいてネット回線の工事ができない場合などにおすすめの端末です。

jun
jun

急な場合でも対応できるのが置くだけWiFi!

光回線

光回線は、電柱に張り巡らされた光ファイバーケーブルを屋内に引き込み、インターネットに接続するサービスです。

光ファイバーケーブルを引き込む必要があるので、屋内屋外工事が必須であり2〜3ヶ月以上は開通までに時間を要します。

使用できるまでに時間はかかりますが、通信品質は上記2回線よりとても高品質で動画視聴やオンライン会議はもちろん、オンラインゲームや配信なども快適に行える通信速度です。

基本プランで下り上りともに最大1Gbpsの回線となっており、平均実測値は下り上り200〜300Mbpsのプロバイダが多いです。

jun
jun

やっぱり無難な光回線!

当サイトおすすめの光回線はこちら

インターネット回線7社を徹底比較|料金の安い光回線はどこ?

それではインターネット回線、プロバイダ7社を月額料金やキャンペーン、通信速度などで比較していきます。

通信速度は『みんなのネット回線速度』を参照して記載しています。

auひかり、コミュファ光は代理店独自キャンペーンを含めた金額を記載しています。

回線名NURO光
NURO光
auひかり
ドコモ光
OCN光
ocn光ロゴ
Fon光
コミュファ光
Softbank光
月額料金5,200円〜3,135円〜4,400円〜3,960円〜4,378円2,450円〜4,180円〜
月額割引
キャンペーン
ソフトバンクスマホ、
NUROモバイル
セット割
工事費実質無料
auスマホ、
UQモバイルスマホ
セット割
工事費実質無料
ドコモスマホ
セット割
工事費無料
OCNモバイルONE
セット割
ソフトバンクスマホ
セット割
工事費実質無料
1年間光割引
auスマホ
セット割
初期費用実質無料
ソフトバンク
Ymobileスマホ
セット割
キャシュバック45,000円最大55,000円
(他社違約金負担)
最大20,000円無しAmazonギフト券最大20,000円分プレゼント30,000円他社違約金負担
2年間合計総額
(戸建て)
136,800円108,240円137,280円134,640円105,072円97,800円137,280円
2年間の合計総額
(マンション)
136,800円75,240円105,600円95,040円105,072円78,240円100,320円
通信速度
(平均実測値)
下り:512.75Mbps
上り:469.71Mbps
下り:461.57Mbps
上り:412.49Mbps
下り:275.76Mbps
上り:220.9Mbps
下り:281.64Mbps
上り:209.59Mbps
下り:671.13Mbps
上り:680.53Mbps
(※測定件数が
少ないため参考値)
下り:583.35Mbps
上り:509.55Mbps
下り:310.98Mbps
上り:224.91Mbps

この比較表ではコミュファ光がキャッシュバックや割引を加味すると、最安価となっています。

ですが利用できるのが中部エリア限定のため、下記項目では『番外編』として紹介します。

【2年間の総額】戸建てプランの最安は「NURO光」

まずは戸建てタイプで2年間総額では『NURO光』が最安価となりました。

2年契約プランがあるプロバイダで、純粋な月額料金ではauひかりが最安価でしたが、キャッシュバックを加味するとNURO光に軍配があがります。

auひかりのキャッシュバックは違約金負担時のみ適用されますが、NURO光は専用サイトから申し込むだけで45,000円がキャッシュバックされます。

NURO光のデメリットとして、まだ全国対応しておらず利用できないエリアがまだまだ多いです。

その点ではauひかりは全国対応(一部非対応)しており、利用できる可能性が高いので場合によってはこちらを選択せざるを得ません。

NURO光を検討する際は、事前にエリアチェックをしておくことをおすすめします。

jun
jun

NURO光は通信速度も他社より速い回線です!

【3年間の総額】戸建てプランの最安は「fon光、NURO光」

3年間総額の戸建てタイプでは、『fon光』『NURO光』が最安価となりました。

fon光はNURO光の回線網を利用して光回線サービスを提供しているので、回線品質はNURO光と同等です。

月額料金のみで比較すると、fon光が安いので月々の負担をなるべく減らしたい場合はこちらがおすすめです。

更に、今なら工事費実質無料で、更にAmazonギフト券最大20,000円分がキャッシュバックされるので、Amazonユーザーであればかなりお得にスタートできます。

jun
jun

fon光の月額料金定額は嬉しいポイント!

【2年間の総額】マンションプランの最安は「auひかり(GMOとくとくBB)」

マンションタイプで2年間の総額が最も安いのは『auひかり』となりました。

この記事では、GMOとくとくBBをプロバイダとして利用する際の金額を紹介しています。

GMOとくとくBBでは独自のキャンペーンを展開しており、上記比較表の金額はひかり電話サービスの料金も込みの金額となっています。

基本工事費も含まれているので、実質的な金額でもかなり割安な価格設定です。

auひかりマンションタイプの弱点は、マンションによって配線方式が違うため、タイプごとに最大通信速度が変わってしまいます

それぞれの主なタイプ名と通信速度は下記のとおりです。

タイプ名最大通信速度
V、G(V契約)、都市機構、都市機構G(DX契約)、E、F下り:100Mbps
上り:100Mbps
G(G契約)、都市機構G(DX-G契約)下り:664Mbps
上り:166Mbps
ギガ、ミニギガ下り:1Gbps
上り:1Gbps

このようにギガ以外のタイプだと、通信速度が遅くなってしまいます。

VやGなど100Mbpsの回線は、一昔前の光回線レベルとなってしまい、数字的にはギガの最大通信速度の10分の1まで下がってしまいます

auひかりをマンションタイプで利用する際は、なるべく『ギガタイプ』が配線されている住宅を選ぶことをおすすめします。

jun
jun

マンションに何タイプが入っているかは確実に確認!

【3年間の総額】マンションプランの最安は「auひかり(GMOとくとくBB)」

マンションタイプ3年間総額に関しても、auひかりが1番安い料金だということがわかりました。

GMOとくとくBBから申し込むことで、月額料金を抑えて利用することが可能です。

上記でも解説したように、マンションによっては遅い配線方式で提供されていることがあります。

住みたいマンションにギガタイプがなかった場合は、光コラボで利用することも選択肢として持っておきましょう。

その中でもOCN光は、フレッツ光回線を利用した『光コラボレーション』のため全国の幅広い地域で利用することができる光回線です。

マンションタイプの料金はauひかりの次に安い結果となっており、十分お得に使える光回線です。

jun
jun

OCN光には目立ったキャンペーンがないのが残念です…。

【番外編】通信速度の実測値が最速なのは「コミュファ光」

実測通信速度で1番速い回線は『コミュファ光』となりました。

コミュファ光は、中部テレコミュニケーション株式会社が運営する光回線サービスで中部地方のみを提供エリアとしています。

電力会社系回線ということもあり、通信速度は他社を圧倒しており下り速度では平均で580Mbps台を叩き出しています。

コミュファ光は代理店を介して申し込むことで、キャッシュバックや月額割引など様々なキャンペーンが適用され、実質的な月額料金も最安価級となっています。

中部エリア限定のため番外編として紹介しましたが、該当エリアにお住まいの場合は優先して検討したい光回線です。

jun
jun

中部エリアに住んでいるなら絶対チェック!

インターネット回線(光回線)は料金の安さ以外も見るべき?5つの比較ポイント

ここではインターネット回線を比較するときに、注目したいポイントをそれぞれ紹介します。

比較ポイントは下記の5点です。

通信速度の実測値

実は光回線のプロバイダによって、通信速度が変わってきます。

同じ最大1Gbpsの回線を利用していても、実際の通信速度はプロバイダによって100Mbps前後の差があることがあります

適切なプロバイダを選ばないと、思っていた速度が出ずにオンラインゲームなどではラグと呼ばれる遅延症状などが発生し、快適なプレイとは程遠い状況になってしまいます。

上記比較表にも実際の通信速度を記載しているので、ぜひ参考にしてください。

jun
jun

ちなみにNURO光は下り最大2Gbpsの回線です!

通信対応エリア

プロバイダや回線ごとに開通対応エリアが違います。

主な回線と対応エリアについて下記の表にまとめていきます。

回線種別対応プロバイダ対応エリア
光コラボレーションモデル(NTTフレッツ回線)ドコモ光、Softbank光、OCN光など全国
独自回線NURO光、Fon光、(auひかり)各回線による(NURO光は全国未対応)
電力会社系回線コミュファ光、(auひかり)各電力会社の地域

このように光コラボレーションであれば、全国に対応しており利用できる場合がほとんどですが、その他回線については利用できるエリアが限られています

光コラボレーション以外の回線を検討する際は、事前のエリア確認を必ず行いましょう。

jun
jun

電力会社系回線も混雑しにくく安定しています!

運営会社やサービスの評判

フレッツ光の卸利用(光コラボ)が開始されてから、数多くの光回線サービスが展開されるようになりました。

 

運営会社によって、月額料金やキャンペーンなども内容も変わってきます

それぞれの評判や口コミなどを参考にすることも光回線を選ぶ上で重要です。

jun
jun

サポート体制にも注目したいところです。

オプションサービスの豊富さ

各光回線によってオプションサービスの種類も様々です。

プロバイダによっては、セキュリティソフトが安価で提供されていたり最新通信規格に対応したWiFiルーターのレンタルなどを実施しているところがあります。

そういったプロバイダを上手に活用することで、月額料金を抑えつつ事前の準備も楽になります。

jun
jun

WiFiルーター無料レンタルはIPv6を利用するならぜひ活用しましょう!

キャンペーン特典の充実度

プロバイダを選ぶ際に最も注目したいのがキャンペーンの充実度です。

高額キャシュバックやWiFiルーター無料などといったキャンペーンを実施しているプロバイダを選ぶことで、実質的な月額料金を安くできます。

プロバイダや代理店によっては、キャシュバックの条件として有料オプションに複数加入する必要がある場合があります。

そういったところは、結果的に実質月額料金が割高となってしまう恐れがあるので注意してください。

jun
jun

やっぱりキャッシュバックは欲しいですね!

当サイトおすすめの光回線はこちら

安いインターネット回線(光回線)を利用する上での注意点

こちらでは安価なインターネット回線を利用する際に注意したいポイントを解説します。

注意したいポイントは下記の3点です。

契約期間内に解約すると違約金がかかる

光回線は多くのプロバイダで利用期間が設定されています。この利用期間を満了する前に、解約をしてしまうと違約金が発生してしまいます

ですが2022年7月以降の契約であれば、電気通信事業法が改正され違約金が月額料金相当額まで引き下げられました。

各社の違約金が以前より半額レベルまで値下げされているので、ユーザー側は解約時の負担が減っています。

解約関係でさらに注意したい点が、違約金の他に工事費の残債額も発生することです。

新規契約で戸建て向け光回線を申し込んでいると、光ファイバーの引き込み工事をしている場合がほとんどです。

その場合、開通工事費も発生しています。現在多くのプロバイダで実質工事費無料キャンペーンをしており、

分割払いにしたときの料金相当額を値引きして、実質無料で提供しています。

契約期間途中で解約すると、この工事費割引も同時に終わってしまうため残りの額を請求されることになります。

新規契約で光回線を利用している場合は、違約金だけでなく工事費残債額にも気をつけて解約手続きをしましょう。

jun
jun

2022年7月から法改正され各社大幅に減額しています。

開通までに数ヶ月の時間がかかる

光回線は、開通工事の完了まで2〜3ヶ月以上かかる場合がほとんどです。

開通工事には立ち会いが必要なため、工事業者の日程に合わせる必要がありタイミングが合わないと、どんどん遅くなってしまいます。

そのほか引越シーズンなどとかぶってしまうと、さらに遅くなることが予想されます。

休日を指定すると、追加料金を取られる場合もあり日程も遅くなる傾向にあります。

可能であれば、平日の昼間に段取りすることで早めに開通させることができるでしょう。

jun
jun

1ヶ月以内に欲しいときは置くだけWiFiがおすすめ

マンションプランを利用する場合は大家に許可をとる必要がある

マンションで光回線を利用する場合は、大家や管理会社などに許可をとらなければならない可能性があります

それはマンションに光回線が設備として入っていない場合です。この場合は、マンションに新たに回線を引きこむので、許可が必要となってしまいます。

プロバイダによっては、こういった工事の交渉をしてくれるところもあります。

マンションなどにお住まいで、こういった工事が必要になってしまった場合はプロバイダに要相談です。

jun
jun

マンションに設備がない場合も置くだけWiFiがスムーズです!

安いインターネット回線(光回線)に申し込むには?開通までの流れを解説

ここでは光回線を実際に申し込む際の全体的な流れを解説します。

光回線を申し込む手順は下記のとおりです。

手順①:光回線に申し込む

まずは契約したいプロバイダ、代理店のサイトにアクセスして新規申し込みを進めていきましょう。

キャシュバックやWiFiルーター無料レンタルなど、キャンペーン内容を確認しておくことを忘れずに。

申し込みサイトによっては、エリアチェックが含まれていることもあります。

名前や住所など必要な情報を入力して、工事日程調整の連絡希望時間なども入力します。

jun
jun

キャンペーン適用したい場合は該当ページから確実に申し込みましょう

手順②:工事日の日程を調整する

上記の申し込みが完了したら、希望時間帯に工事調整のための連絡が入ります。

そこで具体的な工事日程を決めていきます。基本的には立ち会いが必要なので、自分の予定も前もって確認しておきましょう。

場合によっては、詳細なエリア確認、工事可能かどうかをするために再度待つ必要があることもあります。

jun
jun

新築物件などの場合は再度調査の必要な場合が多いです。

手順③:開通工事を行う

開通工事については、住居タイプや申し込み状況によって方法が変わります。

戸建てタイプで新規申し込みの場合は、外から光ファイバーを引き込み、その後宅内で機器の設置となるので数時間はかかります。

マンションタイプですでに光回線が設備として導入されている場合は、各部屋に機器を置いて接続テストをするだけで終わるので数十分で終わることが多いです。

それぞれ必要時間が違うので、事前の確認や予定を入れたりするのは避けたほうが無難です。

jun
jun

ちなみにNURO光は屋外と屋内を別日に工事する必要があります。

手順④:光回線の利用開始

開通工事が完了したら光回線の利用を開始しましょう。

多くの場合では、工事業者が行うのはモデムの設置までとなるのでルーターの設置・設定はユーザーが自分で行います

光回線がIPv6対応の場合は、WiFiルーターによってケーブルの接続だけでいいモデルもあれば、専用の設定が必要なモデルもあります。

そういった細かい設定が心配なのであれば、接続するだけで使用できるモデルを準備しておきましょう。

ルーターが設置できたら、WiFi接続のときはSSID、パスワードを確認してスマホやパソコンに設定しましょう。

有線LAN接続であれば、各端末とルーターをLANケーブルで繋げば設定は完了です。

jun
jun

WiFiルーターの対応は各回線の公式サイトで確認!

当サイトおすすめの光回線はこちら

安いインターネットに関するよくある質問は?

ここでは安いインターネット回線についてよくある質問をまとめていきます。

主な質問内容は以下のとおりです。

光回線のキャンペーンにはどんな種類がある?

光回線のキャンペーンは下記のような内容のものが実施されています。

・キャシュバックキャンペーン
・WiFiルーター無料レンタル
・他社解約金負担キャンペーン
・基本工事費実質無料
・設定サポート無料

光回線のセット割は相場だといくらぐらい割引される?

光回線のセット割は、スマホの契約プランによって割引額が変わります。

現在のプランと割引額の相場は、毎月500〜1,000円割引が多くなっています。

楽天ひかりでは過去に通信障害が起こった事例がある?

楽天ひかりでは過去に通信障害が起こったことがあります

下記のページにて過去の事例が確認可能です。

お知らせ | 楽天ひかり
楽天ひかりからのお知らせをご案内します。

光コラボ回線のため、フレッツ光に障害がでると必然的に楽天ひかりにも影響がでてしまいます。

これは他のコラボ回線も同様です。

当サイトおすすめの光回線はこちら

まとめ:料金が安いインターネットはNURO光、auひかり|金額以外にも焦点を向けよう

この記事では、月額料金が安い光回線にフォーカスして比較やポイントを解説しました、

全体を通しておさえておきたいポイントは下記のとおりです。

・通信速度が速く安定した回線がいいなら光回線がおすすめ
・戸建てはNURO光、マンションはauひかりが安く通信も速くておすすめ
・光回線を選ぶ際は、実際の通信速度や提供エリア、キャンペーン内容なども確認する
・光回線の契約期間や開通工事に要する日数も確認しておく
jun
jun

特にマンションタイプは配線方式に注意!

光回線は数多くのサービスが提供されており、ぱっと見ではどこを選ぶのがお得なのかわかりにくい状況となっています。

月額料金とキャンペーン内容を含めて考えると、実質的な料金がわかるので比較する際はそういった点に注意しましょう。

実際の通信速度や提供可能エリアも回線によって違ってきます。場合によっては、開通工事に時間がかかってしまうこともあるでしょう。

安さだけに注目するのではなく、色々な角度から比較して自分に合った光回線を見つけて快適にインターネットを利用しましょう。

当サイトおすすめの光回線はこちら