おすすめの回線

マンションにおすすめの光回線10選|契約前に確認すべきことも解説

この記事ではマンションタイプの光回線について解説しています。

・光回線のマンションタイプと戸建てタイプのちがいってなに?
・賃貸ならマンションタイプを契約しないといけないの?

・マンションタイプの契約でなにか注意点ってある?

この記事ではこのような悩みを解決できます。 実は賃貸に住んでいても、マンションタイプが契約できないケースもあるんです。 また事前に確認せずに契約してしまうと、その光回線が使えなかったり、建物のオーナーから許可がもらえなかったりします。

このようなトラブルを防ぐために、この記事ではマンションタイプを契約する際の注意点や、おすすめの光回線を解説します。

↓当サイトおすすめ光回線3選比較表↓

 

NURO光

nuro光ロゴ

auひかり

ドコモ光

ドコモ光ロゴ

月額料金(戸建て)5,200円〜5,390円〜5,390円〜
通信速度(実測値)上り速度:470.49Mbps 下り速度:541.69Mbps上り速度:386.81Mbps 下り速度:463.49Mbps上り速度:220.42Mbps 下り速度:283.44Mbps
詳細NURO光を見るauひかりを見るドコモ光を見る
重村
重村
この記事を読めばマンションタイプの注意点がわかるので、トラブルを防いだり契約をスムーズにできるようになりますよ。
【この記事でわかること】
・マンションタイプの契約前に確認すべきこと

・おすすめの光回線10選

・マンションタイプの注意点

・設備が導入されていないときの対処法

・マンションタイプに関するよくある質問
  1. マンションで光回線を使いたい人が確認すべきこと3つ
    1. マンションタイプの光回線の設備が導入済みか
    2. どこの会社の光回線が導入されているか
    3. マンション内の配線方式は何か
  2. マンションにおすすめの光回線10選
  3. マンションにおすすめの光回線10選の特徴を解説
    1. Fon光:通信が速く料金が安い
    2. NURO光:速度が速くてキャッシュバックが高額
    3. auひかり:実績があり速度も速い
    4. eo光:キャンペーンが豊富
    5. コミュファ光:初期費用が0円
    6. ソフトバンク光:実績がありキャンペーンもお得
    7. OCN光:マンションタイプが安い
    8. BIGLOBE光:1年目が2,750円とお得
    9. ドコモ光:実績があり初期費用が安い
    10. So-net光プラス:キャッシュバックが最大60,000円
  4. マンションに光回線の設備が導入されていない場合はどうすればいい?
    1. 管理会社かオーナーに、戸建てタイプの光回線の引き込み許可をもらう
    2. 提供エリアの光回線を探す
    3. 戸建てタイプの光回線を契約し、開通工事を行う
  5. マンションで光回線を使いたい人が知っておくべき注意点3つ
    1. マンションタイプが導入済みでも使えない場合がある
    2. 許可なく戸建てタイプを勝手に契約するのはNG
    3. 戸建てタイプを引き込む場合、穴開けやビス留めが必要になる場合がある
  6. 光回線マンションに関するよくある質問
    1. マンションに光回線が導入済みかどうかは、どうやったら確認できる?
    2. マンションに光回線が導入済みの場合、それを契約しなければダメ?
    3. マンションタイプは戸建てタイプに比べて速度が遅い?
    4. 光回線の工事ってどんなことをするの?
    5. 光回線が使えないマンションの場合はどうしたらいい?
  7. まとめ:マンションにおすすめの光回線はFon光

マンションで光回線を使いたい人が確認すべきこと3つ

・マンションタイプってすぐに契約できるの?
・事前に確認しておくことってある?

このようにマンションで光回線を使いたい人へ向けて、確認すべきことを3つ解説します。

重村
重村
なにも確認せずに契約してしまうと「ここでは使えないと言われた」「速度が遅くて使えない」こんな状態になってしまうので、参考にしてくださいね。

マンションタイプの光回線の設備が導入済みか

マンションで光回線を使いたいときは、光回線の設備が導入済みか確認しましょう。 建物自体に光回線の設備が導入されていないと、個人で光回線を契約しても使えないからです。

マンションに光回線の設備が導入されていないのに契約すると、無駄に初期費用などが発生してしまいます。 またインターネット設備が導入されていても、光回線には対応していないケースもあるんです。

なので光回線を使いたいときは、オーナーや管理会社に光回線の設備が導入済みか確認しましょう。

どこの会社の光回線が導入されているか

マンションで光回線を使いたいときは、どこの会社の光回線が導入されているか確認しましょう。 たとえマンションに光回線の設備が導入されていたとしても、使いたい光回線じゃないと利用できないからです。

例えば引っ越し先のマンションにソフトバンク光が導入されていたとします。 このときauひかりを使いたくても使えないんです。

なのでまずはマンションでどこの会社の光回線が導入されているかを確認して、使える光回線の中から選ぶのがいいでしょう。

マンション内の配線方式は何か

マンションで光回線を使いたいときは、配線方式は何か確認しましょう。 配線方式とは、光回線を電柱から各部屋まで回線を引く方法のことです。

配線方式には以下の3種類があります。

【3つの配線方式】
・光配線方式
・LAN配線方式
・VDSL配線方式

配線方式によって通信速度が大きく変わります。 速度が1番速く安定性があるのは光配線方式です。 光回線を使うなら光配線方式がいいので、マンション内の配線方式を確認しておきましょう。

【光配線方式】 光配線方式は光ファイバーケーブルで各部屋に1本ずつ繋ぎます。 そのため「同時に多くの人が利用すると速度が低下する」ということはありません。
常に安定した速度でインターネットを利用できます。

【LAN配線方式】
LAN配線方式は、建物まで光ファイバーケーブルで繋げて、建物から各部屋まではLANケーブルで繋がります。 1つの光回線を建物内で共有しているため、光配線方式ほどの速度は出ません。
また「同時に多くの人が利用すると速度が低下する」ことが起こります。 回線は安定していますが、やや遅いと感じてしまうかもしれません。

【VDSL方式】
VDSL方式ではLAN配線方式と同様に、建物までは光ファイバーケーブルで繋がりますが、建物から各部屋までは電話回線と同じケーブルで繋がります。
そのため、LAN配線方式よりも速度低下が起こりやすくなるんです。 遅いときだと30Mbpsを下回ることもあります。 安定せず、速度も遅いためストレスを感じることもあるでしょう。

マンションにおすすめの光回線10選

・どの光回線を選んだらいいかわからない
・おすすめの光回線が知りたい

このように考えている人へ向けて、マンションにおすすめの光回線10選を紹介します。

重村
重村
10社紹介しているので、自分に合った光回線を見つけてくださいね。
 
 Fon光NURO光auひかりeo光コミュファ光ソフトバンク光OCN光BIGLOBE光ドコモ光So-net光プラス
月額料金4,378円〜4,278円〜4,180円〜3,826円〜4,815円〜4,180円〜3,960円〜4,378円〜4,620円〜4,928円〜
通信速度下り:2Gbps上り:1Gbps下り:2Gbps上り:1Gbps下り:1Gbps上り:1Gbps下り:1Gbps上り:1Gbps下り:1Gbps上り:1Gbps下り:1Gbps上り:1Gbps下り:1Gbps上り:1Gbps下り:1Gbps上り:1Gbps下り:1Gbps上り:1Gbps下り:1Gbps上り:1Gbps
提供エリア19都道府県22都道府県日本全国大阪・兵庫・京都・奈良
滋賀・和歌山・福井
愛知・岐阜・三重
静岡・長野
日本全国日本全国日本全国日本全国日本全国

マンションにおすすめの光回線10選の特徴を解説

・安くて速い光回線が知りたい
・光回線って事業者によってなにがちがうの?

このように光回線について知りたい人へ向けて、おすすめの光回線10選を解説します。

重村
重村
それぞれの事業者の特徴を解説しているので、光回線を検討している人は参考にしてみてくださいね。

Fon光:通信が速く料金が安い

Fon光は光回線の中でも、通信の速さと料金の安さがトップクラスです。 最大通信速度が1Gbpsが多い中、FON光では2Gbpsもあります。 オンラインゲームをしたり、動画をよく見たりする人にとっては通信速度が速いのは嬉しいですよね。

また料金も4,378円と、他の事業者と比べると1,000円ほど安くなっています。 通信速度が速く、料金も安いのでおすすめの光回線です。

更に今なら工事費実質無料で、更にAmazonギフト券最大20,000円分がキャッシュバックされるので、Amazonユーザーであればかなりお得にスタートできます。

お得に始めたい方は、ぜひこのキャンペーンを活用してください。

NURO光:速度が速くてキャッシュバックが高額

NURO光は通信速度がトップクラス、そして高額なキャッシュバックがあります。 最大通信速度がFon光と並んで2Gbpsあり、これはFon光とNURO光の2つしかありません。 また最大45,000円のキャッシュバックを貰えるのが魅力です。

「貰える条件が厳しそう」と考える人もいらっしゃるかもしれませんが、有料オプションへの加入などは一切ありません。 キャッシュバックは自由に使えますし、料金の支払いに当てればもっとお得に利用できますね。

NURO光は速度が速く、高額なキャッシュバックがあるのでおすすめです。

auひかり:実績があり速度も速い

auひかりは実績があり速度も速いのが特徴です。 auは国内大手の通信キャリアでドコモやソフトバンクと合わせて、3大キャリアとも呼ばれています。

大手なので通信品質やサポート対応が安心ですよね。 またその中でもauひかりは通信速度が速いんです。 ソフトバンク光が242Mbpsなのに対して、auひかりは369Mbpsと100Mbps以上の差があります。

通信環境によって多少の誤差はあるものの、速度が速いのは魅力ですね。 APEXもより快適にプレイができます。 大手で速度が速い回線を使いたい人におすすめです。

eo光:キャンペーンが豊富

eo光はキャンペーンが豊富な光回線です。

【eo光のキャンペーン】
・商品券10,000円分プレゼント

・工事費用無料

・乗り換え時の他社違約を金最大50,000円まで負担

・1年間月額料金2,200円割引

商品券プレゼントや工事費用無料、月額料金の割引など、キャンペーンが豊富なので、かなりお得に光回線が使えます。 ただし提供エリアが少ないので、住んでいる地域がエリア内なのか確認しておきましょう。

コミュファ光:初期費用が0円

コミュファ光は契約時に初期費用がかかりません。 一般的に光回線では初期事務手数料で3,000円ほどかかります。 また契約している光回線を解約するときに、違約金が発生するケースもあるんです。 なので乗り換えるとなると、初期費用や違約金がかかります。

しかしコミュファ光では「初期費用0円」と「他社から乗り換え時の違約金全額負担」があります。 なので乗り換え時にお金がかからないんです。 お金をかけずに乗り換えられるのは、魅力的ですよね。 ただし提供エリアが少ないので、住んでいる地域がエリア内なのか確認しておきましょう

ソフトバンク光:実績がありキャンペーンもお得

ソフトバンク光は実績がありキャンペーンがお得なのが特徴です。 ソフトバンクは言わずと知れた、大手の通信会社です。 実績があるので、通信品質やサポート対応など安心できるのは魅力ですよね。 またソフトバンク光ではキャンペーンが充実しています。

【ソフトバンク光のキャンペーン】
・乗り換え時の費用を負担

・新規乗り換え割引

・スマホとのセット割

・スマホの解約金負担

・開通前にポケット型WiFi無料レンタル
・工事費用無料

このようにキャンペーンが豊富なので、お得に契約ができます。 大手の安心感、よりお得さを求めている人におすすめです。

OCN光:マンションタイプが安い

OCN光はマンションタイプの月額料金が安い光回線です。 料金が3,960円と他の事業者と比較すると1,000円ほど安いです。

さらに料金の割引キャンペーンもあるので、2年間だと65,000円で利用できます。 お得に利用できるのは嬉しいですよね。 料金が安いので通信品質が心配されがちですが、NTTグループなので速度や安定性に問題ありません。

マンションタイプが契約できる人は、OCN光だと安く光回線を使えますよ。

BIGLOBE光:1年目が2,750円とお得

BIGLOBE光は1年目だけにはなりますが、月額2750円で利用できます。 「1年目1,500円割引キャンペーン」があるからです。

1年目だけではありますが、2,750円で利用できるのはかなりお得といえます。 2年目からは通常の料金に戻るので注意しましょう。 またauスマホとのセット割もあるので、適用するともっとお得に利用できますよ。 できるだけ安く光回線を使いたい人におすすめです。

ドコモ光:実績があり初期費用が安い

ドコモは誰もが知っている通信キャリアで、国内ではauやソフトバンクと合わせて、3大キャリアとも呼ばれています。 提供エリアは全国で通信は安定していますし、店舗も全国展開されているのでサポート対応も安心です。

また3大キャリアの中でも、初期費用が安いのが特徴です。 工事費用無料やWiFiルーターの無料レンタルがあるので、初期費用を安く抑えることができます。 通信の安定性やサポート対応に問題はなく、初期費用が安いのでおすすめです。

So-net光プラス:キャッシュバックが最大60,000円

So-net光プラスは最大60,000円という、業界トップクラスのキャッシュバックがあります。 60,000円貰える条件として、有料オプションへの加入などがあるので注意しましょう。

しかし60,000円貰えるのは、かなり魅力的ですよね。 また他にも工事費用無料やWiFiルーターのレンタルなど、お得になるキャンペーンもあります。 高額なキャッシュバックが欲しいという人におすすめです。

マンションに光回線の設備が導入されていない場合はどうすればいい?

・設備が導入されていないと光回線は使えないの?・マンションでも戸建てタイプは契約できるの?

このように光回線の設備が導入されていなくて、悩んでいる人へ向けて対処法を解説します。

重村
重村
自分が住んでいるマンションに、光回線の設備が導入されていないよ、という人は参考にしてください。

管理会社かオーナーに、戸建てタイプの光回線の引き込み許可をもらう

光回線の設備が導入されていないときは、管理会社かオーナーに、戸建てタイプの光回線の引き込み許可をもらいましょう。 なぜならマンションタイプが契約できなくても、戸建てタイプで契約できる可能性があるからです。

建物自体に光回線の設備が導入されていなくても、戸建てタイプなら契約できるケースもあります。 その際は工事が必要になり、壁に穴を開けたりビス留めすることもあるので、必ず管理会社かオーナーに確認しましょう。

提供エリアの光回線を探す

光回線の設備が導入されていないときは、提供エリアの光回線を探しましょう。 住んでいるマンションのエリアで、提供されている光回線があれば契約できる可能性があるからです。

マンションに光回線の設備が導入されていなくても、戸建てタイプなら契約できるケースもあります。 住んでいるマンションが、提供エリア内の光回線を探して戸建てタイプを検討しましょう。 このとき管理会社やオーナーに、戸建てタイプの導入ができるかの確認が必要です。

戸建てタイプの光回線を契約し、開通工事を行う

光回線の設備が導入されていないときは、戸建てタイプの光回線を契約して、開通工事を行いましょう。 設備が導入されておらず、マンションタイプが契約できなくても、戸建てタイプなら契約できるケースがあるからです。

まずは住んでいるマンションのエリアで、提供されている光回線を契約します。 そこで戸建てタイプの契約をし、開通工事の日程を決めましょう。

工事業者によっては1ヶ月〜2ヶ月待ちになるケースもあるので、早めに契約するのがおすすめです。 また戸建てタイプを契約する際は、導入できるか事前に管理会社やオーナーに確認しましょう。

マンションで光回線を使いたい人が知っておくべき注意点3つ

・勝手に戸建てタイプの工事をしたらどうなるの?・光回線を契約する前に知っておくべきことってある?

このようなマンションで光回線を使いたい人へ向けて、知っておくべき注意点を3つ解説します。

重村
重村
「確認しておけばよかった」「先に知りたかった」という内容なので、チェックしてくださいね。

マンションタイプが導入済みでも使えない場合がある

マンションタイプが導入住済みでも、使えない場合があるので注意が必要です。 マンションタイプとはいっても、事業者が多数あり配線方式もちがうので、使いたい光回線が使えないこともあります。

例えばマンションに導入されているのがLAN配線方式だと、光回線は使えないんです。 このようにマンションタイプが導入済みとはいっても、使いたい光回線が使えないケースもあるので注意しましょう。

許可なく戸建てタイプを勝手に契約するのはNG

許可なく戸建てタイプを、勝手に契約するのはNGなので注意しましょう。 戸建てタイプを利用するなら工事が必要だからです。 戸建てタイプの工事は、電柱からケーブルを取って部屋に繋いだりと大がかりになります。

なので必ず管理会社やオーナーの許可が必要になるんです。 勝手に契約すると解約させられることもあるので、許可なく勝手に契約しないようにしましょう。

戸建てタイプを引き込む場合、穴開けやビス留めが必要になる場合がある

戸建てタイプは、穴開けやビス留めが必要になる場合があるので注意しましょう。 戸建てタイプを引き込む場合、電柱から部屋までケーブルを繋ぎます。

このとき建物に穴開けやビス留めが、必要なケースもあるんです。 そうなると建物自体に傷をつけてしまうので、必ず管理会社やオーナーから許可を得ましょう。 許可なく戸建てタイプの工事をしてしまうと、建物の修復を命じられるケースもあります。

光回線マンションに関するよくある質問

・マンションタイプタイプと戸建てタイプは速度ちがうの?
・光回線の工事ってなにするの?

このような疑問を解決できます。

重村
重村
光回線マンションに関するよくある質問について回答しているので、参考にしてくださいね。

マンションに光回線が導入済みかどうかは、どうやったら確認できる?

マンションに光回線が導入されているかは、建物のオーナーか管理会社に聞いて確認できます。 サイトに掲載されていることもありますが、電話で直接確認するほうが早くて確実です。

マンションに光回線が導入済みの場合、それを契約しなければダメ?

マンションに光回線が導入されていても、絶対にそれを契約しないといけないということはありません。 しかし別の設備を導入するとなると工事が必要になるので、オーナーか管理会社に工事の許可が必ず必要です。

マンションタイプは戸建てタイプに比べて速度が遅い?

マンションタイプの方が速度が遅いということはありません。 ただしマンションタイプは建物内で回線を共有しているので、同時に大勢の人が接続すると混雑して一時的に遅くなることはあります。 平日の21時以降など混雑しやすい時間帯は、速度が遅くなることもあるようです。

光回線の工事ってどんなことをするの?

光回線の工事は、光回線を電柱から各部屋までケーブルを使って繋ぎます。 外からケーブルを取り込むため、穴開けやビス留めが必要になるケースもあります。 マンションタイプだと、電柱から建物の共有スペースに繋ぎ、そこから各部屋へ繋ぎます。 戸建てタイプだと、電柱から直接各部屋へ繋ぎます。

光回線が使えないマンションの場合はどうしたらいい?

光回線が使えないマンションの場合は、ポケット型WiFiかホームルーターを使うのがおすすめです。 ポケット型WiFiはスマホほどの大きさの端末で、持ち運びができるWi-Fi端末です。 契約してから端末とSIMカードが届くので、カードを挿入すればすぐに使えます。

ホームルーターはWiFiルーターほどの大きさで、端末が届いたらコンセントに電源を入れればすぐに使えます。 工事は不要なので、管理会社やオーナーに許可を取る必要もありません。 ただしポケット型WiFiもホームルーターも、通信速度は光回線に劣ります。

まとめ:マンションにおすすめの光回線はFon光

この記事では以下を解説しました。

・マンションタイプの契約前に確認すべきこと
・おすすめの光回線10選

・マンションタイプの注意点

・設備が導入されていないときの対処法

・マンションタイプに関するよくある質問

マンションで光回線を使いたいときは、事前に「設備が導入されているか」「光回線の工事は可能か」これらを建物の管理会社やオーナーに確認しましょう。

使いたい光回線があっても設備が導入されていないと使えないので、いきなり光回線を契約するのはNGです。 またマンションにおすすめの光回線はFon光です。 Fon光は最大通信速度が2Gbpsと速く、月額料金も4,378円と安くなっています。 速度も安さも業界トップクラスのFon光を検討してみてはいかがでしょうか。