光回線

フレッツ光のプロバイダのおすすめは?メリットとデメリットも解説

フレッツ光のプロバイダ選びが分からない

フレッツ光のプロバイダのメリット・デメリットについて知りたい

このような悩みや要望はありませんか?

本記事では、フレッツ光のプロバイダの選び方、メリット・デメリットについて詳しく解説しています。

他にも、プロバイダの比較表やよくある質問なども紹介していますので、気になる方はそちらも併せてご覧ください。

【この記事で分かること】
・フレッツ光のプロバイダのおすすめ
・フレッツ光のプロバイダを選ぶポイント
・フレッツ光のプロバイダについてよくある質問

↓当サイトおすすめ光回線3選比較表↓

 

NURO光

nuro光ロゴ

auひかり

ドコモ光

ドコモ光ロゴ

月額料金(戸建て)5,200円〜5,390円〜5,390円〜
通信速度(実測値)上り速度:470.49Mbps 下り速度:541.69Mbps上り速度:386.81Mbps 下り速度:463.49Mbps上り速度:220.42Mbps 下り速度:283.44Mbps
詳細NURO光を見るauひかりを見るドコモ光を見る
  1. そもそもフレッツ光のプロバイダとは?
  2. フレッツ光のプロバイダを選ぶポイント5つ
    1. 月額料金
    2. 通信速度
    3. IPv6(v6プラス)に対応しているか
    4. 特典やキャッシュバックがあるか
    5. Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるか
  3. フレッツ光のメリット3つ
    1. 全国どこでも利用することができる
    2. 大手の光回線という安心感がある
    3. プロバイダを乗り換えることで料金を安くしたり通信速度を速くすることができる
  4. フレッツ光のデメリット3つ
    1. プロバイダを選ぶ必要がある
    2. スマホセット割がない
    3. キャンペーンがあまり実施されていない
  5. フレッツ光におすすめのプロバイダ5社比較
  6. フレッツ光におすすめのプロバイダ5社の特徴を解説
    1. OCN:初めての方はこれを選んでおけば間違いなし!
    2. So-net光 プラス:オプションの充実度で選ぶならこれ!
    3. plala:契約期間に縛られたくないならこれ!
    4. BIGLOBE:通信速度で選ぶならこれ!
    5. @nifty:月額料金の安さで選ぶならこれ!
  7. フレッツ光で利用中のプロバイダが合わないと感じたら、乗り換え変更も検討しよう
    1. プロバイダを変更する方法
    2. プロバイダを変更するメリット
    3. プロバイダを変更するデメリット
  8. フレッツ光のプロバイダに関するよくある質問
    1. 光コラボは別途プロバイダの契約が不要?
    2. 光コラボへ変更する方法は?
    3. プロバイダの契約情報はどこで確認できるの?
    4. プロバイダが不要な場合はあるの?
  9. まとめ:フレッツ光でおすすめのプロバイダは「plala」

そもそもフレッツ光のプロバイダとは?

フレッツ光のプロバイダのおすすめやメリットなどについて紹介する前に、プロバイダとは何かを紹介します。

プロバイダとは、光回線をインターネットに繋げる業者のことで、回線の契約を申し込みする前に、プロバイダに契約する必要があります。

プロバイダに契約をしないと、インターネットが使えない状態なので、最初にプロバイダから探すようにしましょう。

まとめると、プロバイダ→光回線の順で契約手続きを進めていきます。

フレッツ光のプロバイダを選ぶポイント5つ

次にフレッツ光のプロバイダを選ぶポイントを5つ紹介します。

料金プランや通信速度はもちろん、IPv6(v6プラス)に対応しているか、特典やキャッシュバックなどのサポートは充実しているかなどのポイントを紹介します。

月額料金

フレッツ光のプロバイダを選ぶポイント1つ目は「月額料金」です。

多くの方が勘違いしがちなのですが、回線の月額料金とプロバイダの月額料金は別々です。

回線の月額料金内にプロバイダの料金は含まれていないため、プロバイダを選ぶ際はなるべく月額料金が安いプロバイダを選ぶようにしましょう。

通信速度

フレッツ光のプロバイダを選ぶポイント2つ目は「通信速度」です。

当然ですが、インターネットを利用するうえで通信速度の速いプロバイダと遅いプロバイダであれば速いプロバイダを選んだ方が良いですよね?

インターネットの通信速度が遅いと、利便性に欠けますし、使いづらいです。

通信速度は〇MbpsまたはGbpsと表記されていますが、簡単に言うと〇Gbpsの方が速いです。

通信速度で選ぶ際はGbpsの単位を選ぶようにしましょう。

IPv6(v6プラス)に対応しているか

フレッツ光のプロバイダを選ぶポイント3つ目は「IPv6(v6プラス)に対応しているか」です。

IPv6(v6プラス)とは、最新の通信接続方法で、IPv4(以前の接続方法)よりも繋がりやすい特徴があります。

スマホに置き換えてみると分かりやすいですが、iPhone10とiPhone13であれば最新のiPhone13を選びますよね?

このように、スマホに最新機種があるように、接続方法にも最新のものがあるので、IPv6に対応しているプロバイダを選ぶようにしましょう。

特典やキャッシュバックがあるか

フレッツ光のプロバイダを選ぶポイント4つ目は「特典やキャッシュバックがあるか」です。

回線に特典やキャッシュバックがあるように、プロバイダにも特典やキャッシュバックがあります。

少しでもお得にプロバイダと契約するためにも、特典やキャッシュバックが充実しているプロバイダを選ぶようにしましょう。

ちなみに、プロバイダ特典の内容は工事費の割引や初期費用の割引などがあります。

初期費用を抑えたいという方は特にこのポイントを意識するようにしましょう。

Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるか

フレッツ光のプロバイダを選ぶポイント5つ目は「Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるか」です。

プロバイダ契約の際に、WiFiルーターを無料でレンタルできる業者とそうでない業者があります。

業者の中には、WiFiルーターの購入が必要だったり、有料でレンタルする必要があります。

月額料金や初期費用でお金が掛かる中で、さらにWiFiルーターに数万円もお金を掛けたくないですよね?

そのため、WiFiルーターを無料でレンタルできるプロバイダを選ぶようにしましょう。

フレッツ光のメリット3つ

次にフレッツ光のメリットについて3つ紹介します。

フレッツ光の特徴を交えながら、フレッツ光のメリットを確認していきましょう。

全国どこでも利用することができる

フレッツ光のメリット1つ目は「全国どこでも利用することができる」です。

光回線の中には、一定のエリアでしか利用できない回線があります。

しかし、フレッツ光は全国どこのエリアにも対応しているので、どこに住んでいても利用可能です。

場所に縛られないのは、フレッツ光のメリットと言えますね。

大手の光回線という安心感がある

フレッツ光のメリット2つ目は「大手の光回線という安心感がある」です。

フレッツ光は大手光回線であるNTT光回線を利用しています。

KDDIは多くの光回線に回線を提供している会社なので、トラブルなどがあった際でも安心して対応を任せることができます。

また、多くの光回線に回線を提供していることから、実績や質の高さに安心感を感じられますね。

プロバイダを乗り換えることで料金を安くしたり通信速度を速くすることができる

フレッツ光のメリット3つ目は「プロバイダを乗り換えることで料金を安くしたり通信速度を速くすることができる」です。

以前契約していたプロバイダから新しいプロバイダに乗り換えると、月額料金が安くなったり、通信速度が以前よりも速くすることができます。

月額料金が安くなるのは、特典やキャンペーンによりますが、多くの会社では、乗り換えキャンペーンを行っています。

新規利用者だけでなく、乗り換えをされる方にもメリットがあります。

フレッツ光のデメリット3つ

次にフレッツ光のデメリットを3つ紹介します。

先ほど紹介したフレッツ光のメリットと比較しながら確認していきましょう。

プロバイダを選ぶ必要がある

フレッツ光のデメリット1つ目は「プロバイダを選ぶ必要がある」です。

プロバイダとは何か?というところで説明したように、光回線だけでなく、プロバイダ契約が必要になります。

フレッツ光を決めた際は、フレッツ光回線でインターネットに接続してくれるプロバイダを選ぶ必要があるので手間が掛かるデメリットがあります。

光回線の中には、光回線とプロバイダの契約手続きを同時で行ってくれるところもあるので、プロバイダ選びが面倒に感じる方にはデメリットに感じるかもしれません。

スマホセット割がない

フレッツ光のデメリット2つ目は「スマホセット割がない」です。

多くの光回線では、光回線とスマホの同時契約でセット割が付いてきますが、フレッツ光にはスマホセット割がありません。

光回線だけでなく、スマホの契約も一緒に済ませたいと考えている方にとっては、割引料金が適応されるスマホセット割がないのはデメリットになってしまいます。

キャンペーンがあまり実施されていない

フレッツ光のデメリット3つ目は「キャンペーンがあまり実施されていない」です。

フレッツ光は他社の光回線と比較した際に、キャンペーンや特典があまり実施されていないデメリットがあります。

キャンペーンを気にしていない方にとってはデメリットになりませんが、キャンペーンや特典で少しでも安く契約したい方にとってはかなり大きなデメリットになってしまいます。

他社の光回線では、キャンペーンだけで10万円を超えるキャッシュバックがあったりと、キャンペーン内容もかなり重要になってきます。

キャンペーン重視の方は、フレッツ光をあまりおすすめできません。

フレッツ光におすすめのプロバイダ5社比較

フレッツ光で光回線を決めている方は、プロバイダを選択する必要があります。

しかし、プロバイダの種類が多くて悩んでいる。という方に向けてここではフレッツ光におすすめのプロバイダを5社紹介します。

 OCN光So-net光 プラス
plala
BIGLOBE光@nifty
月額料金3,960円〜990円〜666円〜4,378円〜687円〜
通信速度下り:1Gbps上り:1Gbps下り:1Gbps上り:1Gbps下り:1Gbps上り:1Gbps下り:1Gbps上り:1Gbps下り:1Gbps上り:1Gbps
提供エリア日本全国日本全国日本全国日本全国日本全国

フレッツ光におすすめのプロバイダ5社の特徴を解説

上記で比較したプロバイダ会社について特徴を交えながらおすすめの理由を紹介します。

フレッツ光は決まっているけど、プロバイダがまだ決まっていないという方は特に参考にして頂ければと思います。

OCN:初めての方はこれを選んでおけば間違いなし!

フレッツ光におすすめのプロバイダ1つ目は「OCN」です。

OCNは初めてプロバイダ契約する方におすすめできるプロバイダ会社で、詳しいことが何も分からなくても問題ありません。

OCNはマニュアルやサポートが手厚く、初心者向けのプロバイダと言えます。

OCNプロバイダは通信速度の質が高く、通信環境が安定しやすい特徴があります。

プロバイダ選びで特にこだわりはなく、早く決めてしまいたいという方におすすめのプロバイダです。

So-net光 プラス:オプションの充実度で選ぶならこれ!

フレッツ光におすすめのプロバイダ2つ目は「So-net」です。

So-netは、プロバイダ会社の中でもオプションサービスの充実に特徴があります。

従来のプロバイダ会社ではオプションで別料金を請求されがちですが、So-netは無料で利用できるオプションが多いです。

また、オプションサービスだけでなく、キャンペーンや特典内容なども充実しています。

ネットの利用用途が幅広い方はSo-netをおすすめします。

plala:契約期間に縛られたくないならこれ!

フレッツ光におすすめのプロバイダ3つ目は「plala」です。

plalaは、上記の比較表の中で唯一、契約期間に縛りがないプロバイダです。

契約期間に縛りがあると、途中解約などをする際に多額の解約金が発生してしまいます。

また、契約したプロバイダや光回線が自分に合わなかった際のリスクが高いです。

しかし、plalaなら契約期間に縛りがないため、解約時のリスクを無くすことができます。

長期間の利用を考えていない方にplalaはとてもおすすめできます。

BIGLOBE:通信速度で選ぶならこれ!

フレッツ光におすすめのプロバイダ4つ目は「BIGLOBE」です。

BIGLOBEプロバイダは上記の表内で最も実測値が高い特徴があります。

実測値とは、実際にBIGLOBEプロバイダを介してネットに接続した際の速度を指します。

つまり、通信速度の最大値と実測値の差が少なければ少ないほど、そのプロバイダは通信速度が速いプロバイダだと言えます。

通信速度を最も重視している方はBIGLOBEプロバイダをおすすめします。

@nifty:月額料金の安さで選ぶならこれ!

フレッツ光におすすめのプロバイダ5つ目は「@nifty」です。

@niftyは上記の比較表の中で最も月額料金が安い特徴があります。

フレッツ光の月額料金とプロバイダの月額料金は別々なので、できるだけ安くしたいならプロバイダの月額料金が低いものを選択する必要があります。

@niftyは戸建て・マンション(集合住宅)のどちらも月額料金が1,000円以下と、リーズナブルな料金設定です。

プロバイダ選びで月額料金の安さを最も重視している方は@niftyがおすすめです。

フレッツ光で利用中のプロバイダが合わないと感じたら、乗り換え変更も検討しよう

先ほどはフレッツ光のプロバイダ選びやおすすめを紹介しましたが、もしも利用中のプロバイダが合わないと感じた際はどうすればいいのでしょうか?

このような際は、プロバイダの乗り換え手続きを検討しましょう。

ここでは、プロバイダの乗り換える方法、プロバイダを乗り換えるメリットやデメリットを分かりやすく紹介します。

プロバイダを変更する方法

初めにプロバイダを変更する方法について紹介します。

プロバイダを変更するには変更先のプロバイダと契約→現在契約しているプロバイダの解約が必要になります。

注意しなければいけないのが、現在契約しているプロバイダを解約する前に新しく乗り換えるプロバイダと契約しなければいけないことです。

最初にプロバイダを解約してしまうと、新しいプロバイダの手続きや工事が終わるまでインターネットが使えなくなってしまいます。

なので、乗り換え先のプロバイダと契約してから、現在契約しているプロバイダの解約を行いましょう。

乗り換え契約や解約については各プロバイダ公式サイトに記載されている方法に従ってください。

プロバイダを変更するメリット

次にプロバイダを変更するメリットについて紹介します。

プロバイダを変更すると、月額料金が安くなる・通信速度が速くなる・特典やキャンペーンが付いてくることがメリットになります。

これは乗り換えるプロバイダにもよりますが、プロバイダを変えれば通信速度や月額料金に何かしら変動があります。

ここで以前利用していたプロバイダよりも性能が良いプロバイダに変更したと仮定するなら、通信速度や月額料金が安くなるメリットがあります。

また、多くのプロバイダ会社では、乗り換え時の解約金や初期費用を安くしてくれる特典やキャンペーンがあります。

プロバイダを変更するデメリット

最後にプロバイダを変更するデメリットについて紹介します。

プロバイダを変更するデメリットで外せないのが、解約金の支払いです。

契約しているプロバイダが契約期間に縛りを設けていなければデメリットになりませんが、契約期間の縛りがある場合は大きなデメリットになってしまいます。

プロバイダの解約金は数万円も掛かってしまうため、新しいプロバイダとの契約に掛かる初期費用と合わせるとかなりの出費になってしまいます。

プロバイダを変更する際は、解約金を確認した上で手続きを行いましょう。

フレッツ光のプロバイダに関するよくある質問

次にフレッツ光についてよくある質問を4つ紹介します。

フレッツ光のプロバイダについて気になることが残っている方は下記の質問を参考にしてみてください。

また、下記に気になる質問が無い場合は、公式サイトのよくある質問を参照するか、直接問い合わせてみることをおすすめします。

光コラボは別途プロバイダの契約が不要?

フレッツ光のプロバイダについてよくある質問1つ目は「光コラボは別途プロバイダの契約が不要?」という質問です。

結論から言うと、別途プロバイダの契約は必要ありません。

光回線から光コラボに乗り換える際に、プロバイダを変える必要はありません。

しかし、乗り換え先によっては別途プロバイダを契約する必要があるので乗り換え先の光コラボの情報を確認しましょう。

光コラボへ変更する方法は?

フレッツ光のプロバイダについてよくある質問2つ目は「光コラボへ変更する方法は?」という質問です。

結論から言うと、光コラボへ変更する方法は転用になります。

転用とは、現在契約している光回線から転用承諾番号を受け取り、新しく変更する光コラボ事業者へ連絡することです。

光コラボへ変更する際は、転用を自分で行う必要があるので事前に確認しておきましょう。

プロバイダの契約情報はどこで確認できるの?

フレッツ光のプロバイダについてよくある質問3つ目は「プロバイダの契約情報はどこで確認できるの?」という質問です。

結論から言うと、Webサイト・書類などから確認することが可能です。

契約しているプロバイダの公式サイトから確認するか、契約時に渡された書類からプロバイダの契約情報を確認できます。

プロバイダが不要な場合はあるの?

フレッツ光のプロバイダについてよくある質問4つ目は「プロバイダが不要な場合はあるの?」という質問です。

結論から言うと、プロバイダは必ず必要です。

光回線を契約するならプロバイダとも契約しないと、インターネットが使えません。

ただし、光回線の中で同時にプロバイダ契約をしてくれる会社もあるのでプロバイダ契約が面倒だと感じる方は光回線とプロバイダ契約が同時にできる会社を選びましょう。

まとめ:フレッツ光でおすすめのプロバイダは「plala」

最後にまとめとして、フレッツ光のプロバイダでおすすめのプロバイダを紹介します。

フレッツ光におすすめのプロバイダは「plala」です。

上記の比較表でも紹介しましたが、plalaは契約期間に縛りが無いため、ノーリスクで利用できるプロバイダです。

また、当サイトおすすめの光回線「fon光」は、今なら工事費実質無料で、更にAmazonギフト券最大20,000円分がキャッシュバックされるので、Amazonユーザーであればかなりお得にスタートできます。

自分の条件や好みに合致する回線を適切に選択し、申し込みを進めてくださいね。