光回線

フレッツ光とドコモ光の違いを徹底比較-どちらを選ぶ方がお得?-

この記事ではフレッツ光とドコモ光の違いについて解説しています。

・フレッツ光とドコモ光にはどんな違いがあるの?
・自分に合っている光回線を知りたい。
・料金をおさえたいならフレッツ光とドコモ光どっちがいい?

このような悩みを解決できます。

光回線は事業者数が多く、それぞれ月額料金やキャンペーンなどの特徴が違います。

なのでそれぞれの特徴を把握して、比較するのって難しいですよね。

ですがよりお得な光回線が知りたい、という人も多いのではないでしょうか。

適当に選んで通信速度が遅かったり、月額料金が高くなったりすると嫌ですよね。

そこでこの記事では、フレッツ光とドコモ光の違いについて徹底解説します。

フレッツ光とドコモ光は月額料金やキャンペーンが違うので、おすすめできる人が変わります。

重村
重村

この記事を読めばフレッツ光とドコモ光の特徴がわかり、自分に合っているのがどちらの光回線なのかわかるようになりますよ。

【この記事でわかること】
・フレッツ光とドコモ光の違い
・フレッツ光とドコモ光の口コミ
・フレッツ光をおすすめできる人の特徴
・ドコモ光をおすすめできる人の特徴
・フレッツ光からドコモ光への乗り換え手順
・フレッツ光とドコモ光に関するよくある質問

↓当サイトおすすめの光回線3選↓

光回線ドコモ光
ドコモ光ロゴ
auひかり

Fon光
fonロゴ
提供エリアNTTフレッツ光auひかり独自回線NURO光独自回線
月額料金(戸建て+マンション)戸建て(1Gタイプ)
5,720円~
マンション(1Gタイプ)
4,400円~
戸建て:5,610円~
マンション:4,180円~
戸建て、マンション
4,378円
  1. フレッツ光とドコモ光の違いはどこ?料金や速度の違いなどを徹底比較-
    1. 提供会社の違い
    2. 料金形態の違い
    3. 通信速度(実測値)の違い
    4. 提供エリアの違い
    5. プロバイダの違い
    6. 工事費用の違い
    7. キャンペーン特典の違い
    8. セット割の違い
    9. 契約期間と解約違約金の違い
  2. フレッツ光とドコモ光は評判の高さも違う?利用ユーザーのリアルな口コミからわかる実態
    1. フレッツ光の口コミ
    2. ドコモ光の口コミ
  3. ドコモ光の利用をおすすめできる人の特徴は?フレッツ光との違いから判明した真相
    1. ドコモのスマホを持っている人
    2. 自分でプロバイダを選びたい人
    3. 工事費用を実質無料の光回線を利用したい人
  4. フレッツ光の利用をおすすめできる人の特徴は?ドコモ光との違いから判明した真相
    1. サポート環境が充実している光回線を利用したい人
    2. 自分でプロバイダを選びたい人
    3. 大手で安心感のある光回線を利用したい人
  5. フレッツ光からドコモ光に転用したい場合の流れは?具体的な方法を解説
    1. STEP①:転用承諾番号を取得する
    2. STEP②:転用の手続きをする
    3. STEP③:契約内容が記載された書類が届く
    4. STEP④:フレッツ光からドコモ光に転用する
  6. フレッツ光とドコモ光の違いに関するよくある質問は?
    1. フレッツ光からドコモ光に転用すると何が変わる?
    2. フレッツ光からドコモ光に乗り換えて電波が繋がらないことはある?
    3. フレッツ光からドコモ光に乗り換えて電波が遅くなったという事例はある?
  7. まとめ:フレッツ光とドコモ光の違いは「月額料金」

フレッツ光とドコモ光の違いはどこ?料金や速度の違いなどを徹底比較-

まずはフレッツ光とドコモ光の基本情報です!

料金や速度、キャンペーンなどを紹介しているので、比較してみてくださいね。

回線名フレッツ光フレッツ光 ロゴドコモ光ドコモ光ロゴ
月額料金(戸建て・マンション)戸建て:6,600円
マンション:5,940円
戸建て:5,940円
マンション:4,620円
最大通信速度下り:1Gbps
上り:1Gbps
下り:1Gbps
上り:1Gbps
実測値下り:281Mbps
上り:212Mbps
下り:271Mbps
上り:208Mbps
プロバイダの数10種類23種類
工事費用戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
契約事務手数料880円3,300円
キャンペーン特典・にねん割
・ADSLからフレッツ光へ移行割引
・キャッシュバック(代理店)
・dポイント20,000円キャッシュバック
・工事費用無料
セット割の有無なしドコモのスマホ料金永年最大1,100円割引
契約期間2年2年
解約違約金戸建て:10,450円
マンション:1,650円
戸建て:14,300円
マンション:8,800円

提供会社の違い

フレッツ光とドコモ光の、提供会社の違いは以下のとおり。

フレッツ光ドコモ光
提供会社NTT東日本、NTT西日本NTTドコモ

フレッツ光はNTT東日本とNTT西日本が提供している光回線です。

エリアによって東日本と西日本にわかれています。

ドコモ光はNTTドコモが提供している光回線です。

フレッツ光とドコモ光の提供会社は共に有名で、通信業界で実績もあります。

サポート対応や店舗なども申し分なく、安心して利用できますよ。

提供会社を比較すると、どちらも大手で実績もあるので安心です。

料金形態の違い

フレッツ光とドコモ光の、料金形態の違いは以下のとおり。

フレッツ光ドコモ光
戸建て6,600円5,940円
マンション5,940円4,620円

月額料金は戸建てとマンション共に、ドコモ光の方が1,300円ほど安くなっています。

月額1,300円の差は大きいと感じませんか?

年間で見ると15,000円ほどの差になります。

どうせ同じ光回線を使うなら、少しでも安い方がいいですよね。

このように月額料金を比較すると、ドコモ光の方が1,300円ほど安いという結果となりました。

通信速度(実測値)の違い

フレッツ光とドコモ光の、通信速度(実測値)の違いは以下のとおり。

フレッツ光ドコモ光
下り281Mbps271Mbps
上り212Mbps208Mbps

通信速度(実測値)は、ややフレッツ光の方が速くなっています。

ちなみに実測値とは、実際に回線を利用しているときの速度です。

理論値である最大通信速度とは異なります。

車でもカタログなどで謳っている燃費と、実際の燃費って違いますよね。

それと同じイメージです。

通信速度(実測値)はフレッツ光の方が、やや速いという結果でした。

ですがこの差は、ほぼ同じと考えていいレベルです。

実際に利用して、通信速度の差を感じることはありません。

このように数値ではフレッツ光の方がやや速いですが、ほぼ同じという結果になりました。

提供エリアの違い

フレッツ光とドコモ光の、提供エリアの違いは以下のとおり。

フレッツ光ドコモ光
提供エリア日本全国日本全国

提供エリアはフレッツ光、ドコモ光共に日本全国でした。

どちらの光回線も日本全国で対応しているので、提供エリアは気にしなくていいですね。

ただし地方の田舎の方や、山間部では光回線が利用できない場所もあります。

地方や山間部で光回線を利用したい人は、事前に利用可能か確認しておきましょう。

プロバイダの違い

フレッツ光とドコモ光の、プロバイダの違いは以下のとおり。

フレッツ光ドコモ光
プロバイダ10種類23種類

ちなみにプロバイダとはインターネットに接続するための回線のことです。

インターネットに接続するときは、以下の流れで行われます。

【インターネットに接続する流れ】
光回線→プロバイダ→インターネット

プロバイダは光回線とインターネットを繋ぐ役目になっているんです。

フレッツ光やドコモ光は光回線なので、別途プロバイダを選ばないといけません。

そして選べるプロバイダの数は、ドコモ光の方が多いです。

月額料金やキャンペーン内容がプロバイダによって違うので、選択肢が増えるのは嬉しいですよね。

このようにプロバイダを比較すると、選べる数が多いのでドコモ光が魅力的です。

ドコモ光のプロバイダのおすすめは?メリットとデメリットも解説
ドコモ光のプロバイダは20社以上あり、どれを選んだら良いのか迷ってしまう人は多くいます。そもそもプロバイダの違いで何が変わるのか?最適なプロバイダはどれなのか?ポイントを抑えておすすめのプロバイダを紹介いたします。

工事費用の違い

フレッツ光とドコモ光の工事費用の違いは以下のとおり。

フレッツ光ドコモ光
戸建て19,800円19,800円
マンション16,500円16,500円

工事費用は戸建てとマンション共に、同じ金額となっています。

工事費用だけを見ると、フレッツ光とドコモ光どちらを選んでも変わらないですね。

ただし、ドコモ光には「工事費用無料キャンペーン」があるんです。

なんと工事費用が無料になります。

工事費用だけを見ると同じ金額ですが、キャンペーンを加味するとドコモ光の方がお得です。

キャンペーン特典の違い

フレッツ光とドコモ光の、キャンペーンの違いは以下のとおり。

フレッツ光ドコモ光
キャンペーン・にねん割
・ADSLからフレッツ光へ移行割引
・キャッシュバック(代理店)
・dポイント20,000円キャッシュバック
・工事費用無料

キャンペーンに関しては、フレッツ光とドコモ光では内容が異なります。

フレッツ光の目玉は「にねん割」で、月額料金が2年間割引になるんです。

月770円の割引が2年間受けられて、トータル18,480円の割引となります。

通常の月額料金は高いですが、このキャンペーンを活用すれば安くなりますね。

また公式サイトではなく、代理店からの申し込むとキャッシュバックがもらえるので、チェックしておきましょう。

ドコモ光の目玉は「dポイント20,000円キャッシュバック」です。

契約すると20,000円分のdポイントがもらえます。

もらったdポイントは自由に使えますし、支払いに当てると月額料金が安くなりますね。

また19,800円の工事費用が割引になるのも、嬉しいキャンペーンです。

このようにフレッツ光ではトータル18,480円の割引、ドコモ光は20,000円分のdポイントと19,800円の工事費用が無料になります。

なのでキャンペーンを比較すると、ドコモ光の方がお得です。

セット割の違い

フレッツ光とドコモ光の、セット割の違いは以下のとおり。

フレッツ光ドコモ光
セット割なしドコモのスマホ料金最大1,100円割引

フレッツ光にセット割はなく、ドコモ光はスマホとのセット割がありました。

なのでドコモ光の方がお得と言えますね。

ドコモ光の契約者がドコモスマホを利用していた場合、最大1,100円が永年割引になります。

割引額は契約しているスマホのプランによって異なります。

もしドコモスマホを利用しているなら、ドコモ光を選んだ方が割引になり嬉しいですよね。

このようにセット割を比較すると、ドコモ光の方がお得です。

契約期間と解約違約金の違い

フレッツ光とドコモ光の、契約期間と解約違約金の違いは以下のとおり。

フレッツ光ドコモ光
違約金(戸建て)10,450円14,300円
違約金(マンション)1,650円8,800円

フレッツ光とドコモ光の契約期間は同じです。

ただし解約違約金は、フレッツ光の方が安いです。

戸建ては4,000円ほど、マンションは7,000円ほどの金額の差がありました。

引っ越しなどで光回線を乗り換えるとき、違約金が安いとありがたいですよね。

とくにフレッツ光のマンションタイプは、1,650円と安いです。

このように契約期間と違約金を比較すると、フレッツ光の方が安いのでお得です。

 

フレッツ光とドコモ光は評判の高さも違う?利用ユーザーのリアルな口コミからわかる実態

ここではフレッツ光とドコモ光の、リアルな口コミを紹介します。

利用しているユーザーからの口コミって気になりませんか。

Amazonで買い物するときにレビューを見ますよね。

料金プランや通信速度、サポート環境に関する口コミがありました。

フレッツ光とドコモ光では、口コミの内容が違います。

重村
重村

それぞれ紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

フレッツ光の口コミ

ここではフレッツ光の口コミを紹介します。

「料金」「通信速度」「サポート環境」の口コミなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

料金プランに関する口コミ

フレッツ光の料金プランは高いという口コミがありました。

月額料金が高いので、フレッツ光からNURO光へ乗り換えたようです。

確かにフレッツ光の月額料金は、やや高めの設定となっています。

【フレッツ光の月額料金】
戸建て:6,600円
マンション:5,940円

通信速度に関する口コミ

フレッツ光の通信速度は速いという口コミがありました。

NURO光よりも速かったようです。

サポート環境に関する口コミ

フレッツ光のサポート環境に関して、24時間対応してくれて良かったという口コミがありました。

インターネットの調子が悪くなったものの、サポートに連絡したらすぐに対応してくれて問題解決したようです。

自宅のネット環境が使えなくなると、不安になりますよね。

そんなときでもフレッツ光なら、すぐに対応してくれるので安心ですね。

総評:月額料金は高いが通信は安定している

口コミを参考にフレッツ光は、月額料金は高いが通信は安定しています。

実際に月額料金はやや高めですが、運営会社のNTTが実績もあり大手なので通信が安定しているという口コミが多かったです。

またサポート対応も良く、すぐに問題解決できたという意見もありました。

ドコモ光の口コミ

ここではドコモ光の口コミを紹介します。

「料金」「通信速度」「サポート環境」の口コミなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

料金プランに関する口コミ

ドコモ光の料金プランは、セット割があるのでお得という口コミがありました。

ドコモ光とドコモスマホを両方利用していると、スマホ料金が最大1,100円割引になるのでお得になります。

元々ドコモを利用しているならドコモ光がおすすめですし、ドコモ光をきっかけにドコモスマホを検討するのもいいですね。

通信速度に関する口コミ

ドコモ光の通信速度は、速くておすすめという口コミがありました。

ユーザーからの意見で、「速いからおすすめだよ」という意見でした。

光回線を使う上で通信速度は重要ですよね。

サポート環境に関する口コミ

ドコモ光のサポート環境は、あまり繋がらないという口コミがありました。

インターネットが繋がらず連絡しても、サポートセンターに繋がらなかったようです。

インターネットが繋がらず、サポートセンターにも繋がらないと不安になりますよね。

なにか問題が起きたときに、すぐに解決できないかもしれないので注意しましょう。

総評:料金と速度は良いがサポート環境に問題あり

口コミを参考にすると、ドコモ光は料金と速度は良いがサポート環境に問題あるようでした。

実際に月額料金はフレッツ光より1,000円ほど安く、通信速度もあまり変わりません。

9:00~20:00となっているものの、サポートへ繋がらないこともあるようです。

ドコモ光の利用をおすすめできる人の特徴は?フレッツ光との違いから判明した真相

ドコモ光が気になるけど自分に合っているのかな?

じつはドコモ光をおすすめできる人の特徴が3つあります。

重村
重村

ドコモ光にしようか悩んでいる人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ドコモのスマホを持っている人

ドコモ光がおすすめできる人の特徴1つ目は、ドコモのスマホを持っている人です。

なぜなら、ドコモ光に「ドコモスマホセット割」があるからです。

ドコモ光とドコモスマホを両方利用していると、毎月スマホ料金が割引になります。

割引額はスマホのプランによって異なり、ギガライトプランの3GBまでは550円、ギガライトプランの5GB以上とギガホプランは1,100円の割引になるんです。

さらにドコモ光とドコモスマホを利用している限り、永年無料割引となっています。

利用している間ずっと割引になるのは嬉しいですよね。

なので元々ドコモスマホを持っている人におすすめです。

また光回線と一緒にスマホの乗り換えを考えている人は、ドコモ光とドコモスマホを一緒に利用するとお得に利用できますよ。

自分でプロバイダを選びたい人

ドコモ光がおすすめな人の特徴の2つ目は、自分でプロバイダを選びたい人です。

その理由は、ドコモ光は23種類のプロバイダの中から、自分で好きなプロバイダを選べるからです。

ちなみに、フレッツ光でもプロバイダは選べますが10種類しかないので、ドコモ光の方が圧倒的に種類が多くなっています。

ドコモ光で選べるプロバイダは以下のとおり。

【ドコモ光で選べるプロバイダ一覧】
・ドコモnet
・ぷらら
・GMOとくとくBB
・nifity
・DTI
・ic-net
・Tigers-net.com
・BIGLOBE
・andline
・SYNAPSE
・exite
・エディオンネット
・SIS
・楽天ブロードバンド
・TikiTiki
・hi-ho
・ネスク
・COARA
・OCN
・TCOM
・TNG
・Asahi-net
・チャンプルネット

じつはプロバイダによって、月額料金やキャンペーンが違います。

自分でプロバイダを選びたい人は、種類が多いドコモ光がおすすめですよ。

工事費用を実質無料の光回線を利用したい人

ドコモ光がおすすめできる人の特徴3つ目は、工事費用が実質無料の光回線を利用したい人です。

なぜなら、ドコモ光には「工事費用実質無料キャンペーン」があるからです。

戸建てタイプ19,800円、マンションタイプ16,500円の工事費用が、無料になるのは嬉しいですよね。

ちなみにフレッツ光だと戸建てタイプ19,800円、マンションタイプ16,500円の工事費用がかかります。

ただドコモ光のキャンペーンは、完全に無料になるということではありません。

工事費用が2年間の分割になり、工事費用分の金額が2年間割引になるという形となっています。

2年以内に解約すると、残債分を一括で支払わないといけないので注意しましょう。

フレッツ光の利用をおすすめできる人の特徴は?ドコモ光との違いから判明した真相

フレッツ光は自分に合っているのかな?

フレッツ光をおすすめできる人の特徴が3つあります。

重村
重村

理由と共に詳しく解説しているので、チェックしてみてくださいね。

サポート環境が充実している光回線を利用したい人

フレッツ光をおすすめできる人の特徴1つ目は、サポート環境が充実している光回線を使いたい人です。

フレッツ光はNTT東日本とNTT西日本が運営しているからです。

NTTはインターネット業界でも大手で実績もあり、サポート環境が充実しています。

実際にサポートセンターは、年末年始をのぞいて土日や祝日も営業しているので、いつでもサポートが受けられます。

またサポートに関しても良いという口コミがありました。

このようにサポート環境も良く、実際に対応が良いという口コミがあったことから、サポートが充実している光回線を利用したい人におすすめです。

自分でプロバイダを選びたい人

フレッツ光をおすすめできる人の特徴2つ目は、自分でプロバイダを選びたい人です。

フレッツ光では10種類のプロバイダから、自分で選べるからです。

フレッツ光で選べるプロバイダは以下のとおり。

【フレッツ光のプロバイダ一覧】
・GMOとくとくBB
・Asahi-net
・BIGLOBE
・WAKWAK
・DTI
・ぷらら
・So-net
・OCN
・nifity
・hi-ho

プロバイダによって月額料金やキャンペーンが変わります。

欲しいキャンペーンを選べるのは嬉しいですよね。

なので自分でプロバイダを選びたい人はフレッツ光がおすすめです。

大手で安心感のある光回線を利用したい人

フレッツ光がおすすめできる人の特徴3つ目は、大手で安心感のある光回線を利用したい人です。

なぜなら、フレッツ光はNTTが運営しているからです。

NTTはインターネット業界でも最大手で、実績もあり安心して利用できます。

一方で、いくら月額料金が安くて通信速度が速くても、聞いたこともない名前の会社だと不安になりませんか。

例えば家電でも、聞いたことないメーカーより、パナソニックの方が安心して使えますよね。

このようにフレッツ光はNTTが運営していて、安心と実績があります。

なので大手で安心感のある、光回線を利用したい人におすすめです。

フレッツ光からドコモ光に転用したい場合の流れは?具体的な方法を解説

フレッツ光からドコモ光には、どうやったら乗り換えられるの?

フレッツ光からドコモ光への乗り換えは4ステップでできます。

重村
重村

4ステップを解説するので、乗り換えを検討している人は参考にしてくださいね。

STEP①:転用承諾番号を取得する

まずは契約しているフレッツ光へ「転用承諾番号取得」の連絡をします。

転用承諾番号とは、乗り換えをスムーズに行うために使う番号のことです。

元々契約している光回線から取得し、乗り換え先の光回線へ伝えます。

フレッツ光では、WEBと電話のどちらかで取得可能です。

【電話番号】
・NTT東日本
0120-140-202 (9:00~17:00) 土日祝日可

・NTT西日本
0120-553-101 (9:00~17:00) 土日祝日可

取得した転用承諾番号の有効期限は15日間なので、早めに手続きしましょう。

STEP②:転用の手続きをする

次に転用の手続きをします。

ステップ①で取得した転用承諾番号を、ドコモ光へ伝えましょう。

ドコモ光は公式サイトと代理店から申し込み可能です。

どちらから申し込んでも同じドコモ光ですが、代理店からの方がキャンペーンがお得なケースが多いです。

キャンペーンや割引が欲しい人は、代理店もチェックしましょう。

STEP③:契約内容が記載された書類が届く

次に契約内容が記載された書類が届きます。

なかでも「転用切り替え日」の確認はしておきましょう。

フレッツ光からドコモ光への切り替えは、とくに工事なども必要ありません。

Wi-Fiが使えない期間もなく、切り替えられるのは嬉しいですね。

STEP④:フレッツ光からドコモ光に転用する

最後に切り替え日になると、フレッツ光からドコモ光への転用が完了します。

フレッツ光とドコモ光の違いに関するよくある質問は?

・フレッツ光とドコモ光は何が変わる?
・フレッツ光からドコモ光へ乗り換えたら通信速度はどうなる?

このような疑問を解決できます。

重村
重村

フレッツ光とドコモ光の違いに関して、よくある質問に回答しているので参考にしてくださいね。

フレッツ光からドコモ光に転用すると何が変わる?

フレッツ光とドコモ光で大きく変わるのは月額料金です。

【月額料金】
・フレッツ光
戸建て:6,600円
マンション:5,940円

・ドコモ光
戸建て:5,940円
マンション:4,620円

実は通信速度を比べてみると大きく変わりません。

フレッツ光からドコモ光に乗り換えて電波が繋がらないことはある?

フレッツ光からドコモ光に乗り換えて、電波が繋がらなくなることはありません。

乗り換えても同じ回線を利用しているため、通信品質はほぼ同じです。

フレッツ光からドコモ光に乗り換えて電波が遅くなったという事例はある?

フレッツ光からドコモ光に乗り換えて、電波が遅くなったという事例はあります。

ただしフレッツ光とドコモ光では、通信品質に大きな差はないんです。

利用する場所や時間帯などによって遅くなるケースもありますが、極端に遅くなることはありません。

まとめ:フレッツ光とドコモ光の違いは「月額料金」

この記事では以下を解説しました。

・フレッツ光とドコモ光の違い
・フレッツ光とドコモ光の口コミ
・フレッツ光をおすすめできる人の特徴
・ドコモ光をおすすめできる人の特徴
・フレッツ光からドコモ光への乗り換え手順
・フレッツ光とドコモ光に関するよくある質問

フレッツ光とドコモ光の1番の違いは月額料金です。

【月額料金】
・フレッツ光
戸建て:6,600円
マンション:5,940円・ドコモ光
戸建て:5,940円
マンション:4,620円

戸建てマンション共にフレッツ光の方が1,000円ほど高くなっています。

ただしキャンペーン内容やサポート対応が違うので、おすすめできる人の特徴が違うんです。

フレッツ光がいいかドコモ光がいいかは人によって変わるので、キャンペーンやサポート対応、ユーザーからの口コミをチェックしてみてくださいね。

重村
重村

ちなみに月額料金を安く抑えたい人には、ドコモ光がおすすめですよ。